スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラパゴスの向こう側(レストランテさかい)

大泉学園の自宅でネイルサロンをやっている方を見つけ、妻が予約を入れた。
オバサンになると睫毛エクステだ、ネイルだと、色々手を加えないと見苦しくなってくるからなあ。
住所を見ると、10年以上前に一度だけ行ったことがある、「レストランテさかい」に近い。
自ら送迎を申し出て、「さかい」でランチを食べることにした。
ネイルサロンは練馬区だが、ランチ場所は隣接する新座市だ。
さかい外0002

さかい看板0005

レストランテと書いてあるが、石神井公園にあるパスタハウス「イルポンテ」と酷似したメニュー構成で、ほとんど手打ちパスタが中心になっている。
内装も店員も客層もカジュアルだ。
さかい中0004

この辺鄙な場所で20年以上は営業しているはずだから、がっちり固定客をつかんでいるらしい。
さかいテーブル0002


続きを読む

スポンサーサイト

至福の4卓(TAVOLA CALDA DA KIYO)




雨模様で寒かった前日と打って変わって、翌朝はピカピカのいい天気だ。
コーヒーをたっぷり淹れて新聞を読み、メールとブログのチェックをすると、羽村の福島屋の近くに美味しいイタリアンがあるとの情報メールが来ている。
別の方からも、「青梅に食事ができるパン屋ができた」との情報をいただいており、そろそろ行きたいなと思っていたので、妻を起こして多摩ドライブに出発した。


キヨ福島屋0001





毎月のように通っているスーパー福島屋までは、ほとんど新青梅街道を一直線だから、カーナビをセットする必要もなく到着する。
目的の店「ターボラ・カルダ・キヨ」は、目立たずひっそりと横道にあった。
一瞬定休日かと思ったほど地味な佇まいだ。


キヨ外観0004



キヨ看板0005





情報提供者によると、この店のオーナーは、最初は吉祥寺でスタートし、その後西荻窪で「トラットリア・ダ・キヨ」という店をやっていたそうだ。
私も知人から「キヨという、すごく美味しい店が西荻にある」と聞いていた。
名人だか巨匠だかでテレビにも出た店主が少々気難しいから、常連になるか二度と行かなくなるかのどちらかだとも言うので、行くのを先送りにしているうちに閉店してしまったのだ。
先日キヨの跡地を通ったら、なんと卓球酒場に替わっていたのが悲しい。

店先に出ている黒板を見ると、値段は羽村プライスだから、たとえ気難しくてもノープロブレムだ。


キヨ黒板0006





だいたい我々ぐらいの年齢になると、気が利かない店員に出会ってイライラすることはあるが、ナマイキだったり怖かったりといった接客にぶつかることは皆無だ。
普段の人間関係と同じで、こちらが礼儀とマナーをわきまえていれば、相手もそれなりに応えてくれるものだと思っている。
なんてことを書いたが、私も昔は今思い出すと赤面するような理由で、店員と揉めたこともあるけどね。

ドアを開けると、テーブルが4つだけの小さな店だった。


キヨキッチン0001



キヨディスプレイ0003



先客は誰も居ない。




続きを読む

痛恨のミス(べじたりあん)

大江戸線がまだ開通していなかった10年以上前、「小笠原伯爵邸」の近くにある企業に何回か行く用事があった。
以前は河田町にフジテレビがあったから、この周辺には結構美味い穴場店が潜んでいたので、ランチを食べるのが楽しみだったのだ。
若松河田駅近くの病院に見舞いに行くことになったので、久々にパスタが美味い別地伊太利庵(ベジタリアン)で食べることにした。
べじ外0004

いつのまにか改名して、ひらがなの「べじたりあん」になったようだが、店の佇まいは記憶のままだ。
べじ看板0001

店頭に出ているメニューも値段も、昔と変わらないような気がする。
べじメニュー0002

べじ中0003

半地下になった奥の席に案内された。
べじ奥0001


続きを読む

10年ぶり

さすがに人口が多いだけあって、中国人とインド人の店が最近やたらに増えている。
10年以上前は、タンドリーチキンとかナンを出すカレー屋は、西武線沿線にはほとんど無かったはずだ。
仕事がらみで知り合ったカレー通の女性が、東長崎に羊の脳みそカレーを出す店があると言うので、一度連れて行ってもらったことがある。
中央線の裏道にありそうな雰囲気の店は、「天竺屋」という名前だった。
店主が亡くなられたとかで閉店し、その跡地にオープンしたのが、イタリアンの「パスト」だ。
パスト外観0002

メニューを見るとわかるように、イタリアンよりスパゲッティ屋と言った方がしっくりくる店だ。
パストメニュー0001

ランチはサラダとドリンク付きで、だいたい730円と安い。
店内も洋食屋っぽい雰囲気で、オジサンでも気楽に入れるのがいい。
パスト店内0003


続きを読む

雨の日は駅前ランチ(ジラソーレ)

この日のランチは家を出る時から、練馬から桜台に移転したフレンチで食べようと思っていた。
ところが石神井公園駅に着いた途端に雨が降り出す。
目的の店は駅から少々歩くので、急きょ行き先を江古田の「ジラソーレ」に変更した。
ここなら改札から走れば10秒足らずのはずだ。
ジラメニュー0002

ここのランチはパスタが二種しか用意されていないが、たまにしか行かない私には全然問題ない。
もう一種サラダランチというのが用意されているが、これはいまだに食べたことがないのだ。
ジラ入り口0003

ロッソかビアンコかの二者択一だから、迷う時間も少なくていい。
茄子とベーコンのトマトソーススパゲティーニを選び、いつも通りに前菜とスープ付きのBセットにする。
ジラ前菜0001

ここの前菜はもう少し食べたいと思うほどどれも美味いが、特にいつも入っている人参が好みだ。
スープも美味い。
ジラスープ0001

夫婦二人だけの店なので、いつ行っても美味い料理と気の利くサービスにブレがない。
これが店が大きくなり、支店を出したりすると、味とサービスを均一化するためマニュアルを作ったりする。
こうなるとちっともおもしろくない店になってしまうのだ。

続きを読む

移転成功?(ピッターレ)

練馬駅と練馬区役所の中間辺りにあったイタリアンPittare(ピッターレ)が、すぐ近くに移転したとコメントをいただいた。
夜になると一気にネオンきらめく飲食街に変身するが、昼間はパチンコ屋以外は眠っているような通りだ。
さっそくランチを食べに行くと、以前の店舗から目と鼻の先だった。
ピッターレ外観0004

ちょうど午後一時だったので、昼のピークは過ぎたと思っていたら、店先に自転車が何台も停まっている。
店内はほぼ女性客で満席だ。
ピッターレロゴ0002

ピッターレ入り口0003

前回訪れた時に比べると、1.5倍ぐらいに広くなった感じがするが、それで満席になっているから移転は成功のようだ。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。