スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道で土産二品(餅甚&大黒屋)

まったく土地カンがない大森に所用で出かける。
大森駅0001

用事を済ませてから、この近所に名物はないかと聞くと、餅甚と大黒屋の名前が出た。
餅甚の安倍川餅は以前頂いたことがあり、素朴に美味かったような記憶がある。
両店とも旧東海道沿いにあると聞き、さっそく歩き始めた。
大正7年に第一京浜の工事が行われた時、今では美原通りと呼ばれる商店街を迂回したため、古い面影があちこちに残っている。
餅外0005

最初に訪れた餅甚は、創業享保元年(西暦1715年)という老舗だ。
餅看板0007

昔は東海道を旅する人達のための茶店だったらしい。
ここで出していた安倍川餅が評判になり、今でも看板商品として残っているのだ。
餅店内0006

あまり買い込んでも荷物になるから、安倍川餅のみ購入する。
餅包装0004

餅箱0008

黄な粉と黒蜜の組み合わせなら美味いに決まってる。
餅の柔らかさ具合もちょうどいい。
すっかり娘が半分食べてしまったのだ。
餅中身0003


続きを読む

スポンサーサイト

おっぱいちゃん














見たい?
















本当に見たい?















どーしても見たい?













続きを読む

意味ないじゃん

肉の殿堂「越後屋」のカレーショップでカツカレーを食べ、お隣の和菓子屋「木村家」でおやつを買う。
ここは練馬区にちなんだ商品「ねりコレ」をいくつか作っている和菓子屋だ。
20071127071406.jpg

20071127071346.jpg

20071127071454.jpg

普通の和菓子ももちろんあるが、せっかくだから「ねりコレ」ばかりを3種類買ってみた。
20071127071356.jpg

まずは「木村家のだいこんまんじゅう」
20071127071443.jpg

ねりコレの中には大根まんじゅうと名付けられた菓子がいくつかあるので、練馬区民の考えることは同じような所に行き着く。

続いては新製品「ふじ塚の雪」
私は知らなかったが、江古田に高さ8mの富士塚があるらしい。
20071127071505.jpg

20071127071514.jpg

チーズバター味と抹茶味の二種ある。

ねりコレ86品の中から10品だけ選ばれて、「ねりコレプレミアム」と名付けられた「木村家のだいこん」
20071127071425.jpg

大根というより蕪っぽいパッケージだが、プレミアムと付くだけあって230円と一番高い。
20071127071434.jpg

餡と皮が別包装になった最中で、パリッとした食感が楽しめそうだ。

続きを読む

ミナミの帝王

城北地区のキング・オブ豆大福が護国寺の「群林堂」だとしたら、城南地区の帝王は泉岳寺の「松島屋」だ。
どちらも並ばないと買えないし、余分な物が入っていないから賞味期限が当日中だし、手頃な値段で美味過ぎるのが共通している。
そんな貴重品を箱でいただいたので大喜びだ。
20071029071058.jpg

20071029071111.jpg

高松宮邸の近くにある松島屋は、私の行動範囲から外れているので、20年以上前に一度買ったきりなのだ。

続きを読む

バカ売れ(群林堂)

地下鉄護国寺駅の真上、講談社の向かい側に、朝から昼過ぎの閉店時間まで行列が絶えない「群林堂」がある。

20071012093711.jpg



大正時代に創業された和菓子屋で、看板にもある豆大福が名物だ。
普通の和菓子屋とまったく違うのは、店のほとんどを作業場が占め、売り場には二、三人しか入れないことだ。
ガラスケースに商品はほとんど並んでいないし、用意されている菓子もだいたい数種類だけと少ない。
それでも雨の日も風の日も、歩道に並ぶ客は途切れない。
私も風邪の日に並んでみた。

20071012093720.jpg



途中まで行列はすんなり動いたのだが、直前にいたオバチャン二人が、それぞれギフト用に箱入りだとか、五個ずつ6包みにしてくれとか大量購入するので、ピタッと流れが止まった。

20071012093729.jpg



二人居る店員はひたすらラッピングマシーンと化している。
人気の秘密はまず美味いこと。
無添加で賞味期限は当日のみの和菓子は、価格も137円と147円の二種で安い。
この日は豆大福、豆餅、みたらし団子、かのこ、栗蒸し羊羹の5品が用意されていたが、すでに羊羹は売り切れていた。
日曜日は営業していないし、午後2時過ぎには売切れてしまう希少性も行列の理由だろう。

続きを読む

シンプル・イズ・ベスト(岡埜栄泉)

台風の名残で雨が時々降る夕方に、石神井公園駅の向こう側にある「クィーンズ伊勢丹」まで夕食材料を買いに行く。
すき焼き用のいい肉が送られてきたので、今夜は珍しく自宅で晩酌だ。
食後のおやつは「岡埜栄泉」で買う。
20070716081452.jpg

東京のあちこちに「岡埜栄泉」の看板を掲げる店があるが、こちらは上野広小路の東京岡埜栄泉から、昭和元年に暖簾分けされた上板橋の店の、さらに支店のようだ。
20070716081538.jpg

夏らしい葛ざくらや水ようかんもいいが、やはり岡埜栄泉といえば豆大福だ。
20070716081549.jpg

20070716081628.jpg

上野や虎ノ門では200円以上するが、こちらの石神井公園店は180円と練馬価格なのも嬉しい。
20070716081615.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。