去年の宿題(Laむめい狼)

松澤酒店で買った一升瓶を抱えて、スペインバル「Animado」に行ったら、ライブでスタンディング状態だからスルーする。
寂れた練馬銀座通りを先に進み、「Laむめい狼」に行くことにした。
昨年の8月に「おいしい店を教えてください」とブログに書いたら、複数の方から情報提供があった店だ。
さっそくランチを食べに行ったのだが、残念ながらデジカメの充電忘れで撮影できていない。
再訪問しようと思いながら、10ヶ月も経ってしまった。

むめいアプローチ0005



以前は倉庫だったらしい店内はかなり広いから、予約無しでもすんなり入れるだろう。
と思ったら、店内はぎっしり満席で、やっと最後の一卓にすべり込む。

むめいカウンター0006



席の間隔に余裕があるから、満席でも狭苦しさは感じない。
ビールで乾杯した後は、さっそく料理をテーブルに乗るだけ頼む。

むめいビール0001



三種のお通しと刺身の盛り合わせ。
大型店にしては真っ当に作られたお通しだし、刺身もきっちり引かれている。

むめい通し0016


むめい刺身0010



初対面のさわやか若夫婦は、松澤酒店での試飲振りを見ているとかなりの酒豪だ。
さっそく白ワインに切り替える。

むめい白0014



店員のオネーサンたちは、誰を呼んでも若いし可愛いだけでなく、気が利くから嬉しい。
ここで一気にポイントアップする。
オヤジだけのテーブルのあしらいも上手いもんだ。
ワイン用のサンタンドレ、出汁巻き卵、きのこ炒め、アスパラの天ぷら。

むめいチーズ0007


むめい出汁巻き0009


むめいきのこ0001


むめいアスパラ0004


むめい対面0012


続きを読む

幻のイケメン(喰酔たけし)

開店したばかりの頃は、日本酒の品揃えがひどかった地元の日本料理店「海音」だが、何回か日本酒会を開催したり、仕入れルートを開拓したりして、最近はかなりの充実振りだ。
とは言っても立て続けに行くと飽きるので、当夜は「喰酔たけし」の番だ。
最近は日が長くなってきたので、店に着いた時間はまだ明るい。
たけし外0005

口開けの客として店に入ると、いきなり「今日はイケメンが居ますよ。」と言われる。
私はどうでもいいが、妻は目をキラキラさせる。




















たけし10001

「オレの方がいいんじゃない」と言う私を無視し、さっそく25歳にインタビューを開始する妻。
一年半ほどフィレンツェで絵画の修復をやっていたらしい。
「あら、あたしもフィレンツェに行ったのよ」と、ウフッツィ美術館がどうだとか、あそこのワインバーがいいとか、あれこれ語りだす妻。
昨年末に二泊ほどしかしてないはずなのに、よくそれだけ語れるもんだよ。
銀座の画廊に勤めることが決まっているので、残念ながらこの記事を読んでから飲みに行っても、もう居ないはずだ。

私でガマンしてくださいと言う、タケシの背中とマサシ。
たけしT0006

たけし20002


続きを読む

焼き鳥タウンに途中下車(どんぶり)

西武池袋線の中村橋には、なぜだか焼き鳥屋が多いような気がする。
私は鳥梅葡酒(とりうめぶしゅ)、どんぶり、川名には行ったことがあるが、西鳥(さいちょう)という店が美味いと、昨年夏に情報をいただいていた。
練馬に住む焼き鳥とビールをこよなく愛する知人と、急きょ飲むことになったので、中村橋で待ち合わせして探検してみる。
280円均一と謳いながら、実際は294円均一のチェーン焼鳥店「鳥貴族」もオープンしていたが、地元駅にもあるからスルーだ。

西鳥の場所は私が時々行く寿司屋「山嘉」のすぐ近くだと思っていたが、それらしい店がさっぱり見つけられない。
「新橋やきとん」という新規オープン店もスルーして、さらに目白通り方向へ進む。
ついに住宅街との境目まで来てしまったので引き返し、店頭で焼き鳥を焼く匂いと煙に釣られ、「どんぶり」に入ることにした。

どん外観0001



ここは焼き鳥以外のつまみが豊富だし、日本酒も結構いいのを置いているのが嬉しい。
なんだか以前の記憶より店が綺麗になっている気がするので、改装でもしたのだろうか。

どん店内0004



外は超寒いけど、とりあえず生でスタートし、焼き鳥は10本盛り合わせでおまかせにする。

どん塩0003


どんたれ0001


続きを読む

いいなあ西荻(砂咲亭)

車の部品を交換しに、杉並のディーラーを訪れる。
2時間ほどかかると聞いていたので、最寄り駅の西荻に行って昼食を食べることにした。
担当の営業からオススメの店もヒアリング済みだ。
青梅街道から西荻に向かって歩き始めると、電信柱にギャラリー&カフェの案内が出ている。
ランチタイムまで余裕があるので、住宅街に入り込んでお茶を飲むことにした。
水の空0013

一軒家を改装した「MIZU NO SORA」は、店名通りに池があって雰囲気がいいが、まだCLOSEしている。
この店のすぐ近くにある「ひねもすや」に行ったら、こちらもまだ営業が始まっていない。
ひねもすや0002

まだまだいい喫茶店やカフェはあるはずだから、バス通りに戻って駅を目指す。
歩く途中にも良さげな店がたくさんある。
私がこの町に住んでいたら、毎夜さまよい歩いていることだろう。
そろそろランチタイムのスタート時間になったので、駅前にある雑居ビルの砂咲亭(さらさてい)に入ることにした。
咲外観0002

サラ金、塾、接骨院に居酒屋が同居する、まさに典型的な雑居ビルだ。
一抹の不安を抱えながら二階に上がると、落ち着いた雰囲気の店なのでホッとする。
咲看板0009

咲店内0008

昼も夜も共通の定食は、11種類のおかずから二品選択するシステムだ。
咲メニュー0005

さて私は何を選んだのでしょう?








って、どうでもいいか!


続きを読む

男の修行(福福屋)

ここ三年ほどの間に個性溢れる個人オーナー店が続々オープンし、石神井公園の外食事情がだいぶ改善されてきた。
それ以前は和民、はなの舞、かまどか、笑笑、とり鉄、甚八、つぼ八などがオープンするたびに偵察に行ってはガッカリしていたのだ。
オジサンオバサンにチェーン居酒屋が合わないのは、客層が若すぎてうるさい、全国一律マニュアル調理なので美味しくない、冷凍・チルド・レトルトの味がする、店の人と交流できないなどの理由だ。
もちろん安い、味の予想ができる、深夜まで営業している、広いから待たずに入れるなどのメリットもある。
チェーンとはいえ魚真みたいに美味しくて安い店もあるから、確率10%以下の当たりを求めて、一度は新規オープン店に入ってみるのだ。

この夜は仕事がらみで行った立食パーティで、ほとんど食べられなかったので、地元駅に着いてから寄り道することにした。
行きつけの店はラストオーダー時間を過ぎていたり、定休日だったりで、行き先に悩む。
すでに食事を済ませて、家で寛いでいた妻を無理やり呼び出して、新規開店したばかりの「福福屋」を偵察することにした。
福遠景0001

以前の「笑笑」と同じく、モンテローザグループのようだ。
先日駅前で配っていたチラシを見ると、こんどの店は海鮮主体らしく、寿司もあるのが嬉しいような怖いような。
福メニュー0001

福突き出し0016

とりあえずビールを飲んで、欲しくもないお通しをつまみながら、写真入りのメニューを眺める。
それなりのカメラマンとコーディネーターが撮った写真だろうから、どの料理も美味そうに見えるのがチェーン居酒屋の罠だ。
もちろん値段はかなり安いが、消費税抜き価格を大きく表示して、税込みが小さく書かれているのは第二の罠だ。
刺身三点盛り、大しじみのガーリックバター蒸し、げそ揚げ、あんこうの唐揚げ、蟹のロール寿司を頼む。
福刺身0015

福なべ0002

福しじみ0012

福げそ0011

福あんこう0010

福ロール0013


続きを読む

自粛中(砦)

禁酒5.5日目。
行きつけの店に行くと飲みたくなるので、顔見知りがいないはずで、日本酒もそれほど美味いのが置いてなくて、食事主体の居酒屋に妻を誘う。
ほぼ10年ぶりに入る「大衆割烹 砦」だ。

20070915011149.jpg


20070915011134.jpg



チェーン居酒屋が石神井公園に進出する前からある砦は、メニューは豊富だし、カウンターもテーブルも小上がりも宴会場もあるので、老若男女団体すべてに対応できる。
おまけにどのテーブルにも鉄板が組み込まれており、お好み焼きや鉄板焼きもOKだ。
遠い昔に鰻屋から暖簾分けされたらしく、今でも蒲焼きや鰻重が看板メニューになっている。

20070915012300.jpg



いきなり鰻重を頼むのも寂しいので、瓶ビールを一本もらって、私は軽く口を付けるだけにする。
お通しは煮凝り、小鯵の南蛮漬け、オクラの白和えの三点盛りだ。

20070915012618.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる