豊盃で七子八珍

ブログを3年続けていると、励みになるコメントや、おいしい情報や、楽しいメールを頂くことが増えた。
99%以上は嬉しい内容なのだが、ごくたまに便所の落書きみたいな人間性を疑うのとか、店の対応が気に食わなかったと筋違いなクレームを入れるのとか、迷惑サイトへの誘導とかもある。
こんなのは即削除なのだが、対応に困るのが、店に食べに来てブログに書いてくれという勧誘や、サンプルをあげるから感想を書いてねとか、見知らぬ方から飲み会に誘われることだ。
明らかに美女からのお誘いであれば、のこのこ出かけていくのだが、こんなことは今までに無いし、これからも起きないだろう。
ま、要するに小心者なので、知らない店や知らない人たちの集まりに、一人で乗り込んで行く勇気がなく、今までは全部スルーしていたのだ。

ところが先日「ひるどき日本ランチ日記」と、「まるごと青森」のAuthorさんから頂いたメールには、妙にそそられるものがあった。
神楽坂にほど近い「北町 善知鳥」で開かれる、青森県の食材「七子八珍」の試食会に来ませんかというお誘いだ。
七子八珍とは青森近海で獲れる旬の34品目で、私の好物が満載ではないか。
おまけに会場となる善知鳥(うとう)は、神楽坂の「華もだん」の女将から良さそうだと聞いていた店で、近々行きたいと思っていたのだ。
青森に関する知識はほとんどないが、善知鳥は以前から「うとう」と読むと知っていた。
阿佐ヶ谷にこちらと同じ青森出身の店主が営む同名店があるし、青森の日本酒「田酒」の大吟醸が善知鳥という銘柄なのだ。

私のようなオジサンブロガーに案内があったということは、同じような年代のオジサンだらけになる危険性もある。
保険の意味で、妻も一緒でよければ参加させていただくと返信し、了解をいただいて牛込神楽坂の駅から店に向かった。
善知鳥外0001

店先には金魚ねぶたが吊り下げられて、早くも気分は青森だ。
入り口すぐにカウンターがあり、奥にテーブルが二卓という、ほど良い大きさの店だ。
善知鳥カウンター0001

すでに我々以外のメンバーは先着し、奥のテーブル席を占めていた。
予想通りに一眼レフに三脚という重装備の人やオジサンが多いが、女性も二人居たのでホッとする。
善知鳥taka0001

隣のテーブルのメンバーと話す機会はなかったが、同席したのは「東京のむのむ」と、「日本食べある記」のAuthorさんたちだった。
私以外のブロガーさんたちは、全員顔見知り同士のようだ。

ビールで乾杯した後は、さっそく第一の七子八珍に箸をつける。
すじこと蕪のサラダ。
善知鳥すじこ0003

蕪は生と焼きを混ぜている。
すじこ(鱒子)は青森人の大好物だそうだ。

次に登場したのは巨大なふじつぼだ。
善知鳥ふじつぼ大0006

この日テーブルを囲んだメンバーの中で、私の妻だけブログとは無縁だ。
いつも私が写真を撮るまで箸をつけられず待機しているのに、当夜は全員ブロガーだから、「待て!」の時間が長い。
善知鳥ブロガー0002

ふじつぼは3年寝かせた津軽味噌仕立ての椀で食す。
善知鳥ふじつぼ0005


ここらで私は日本酒に移行した。
もちろん選んだのは青森の酒だ。
豊盃米で作った、その名も豊盃(ほうはい)純米吟醸。
善知鳥豊盃0003

これが実に美味い酒なので、もう私は誰にも止められない。
陸奥八仙の純米。
善知鳥八仙0001

そしてご存知「田酒(でんしゅ)」の特別純米。
善知鳥田酒0002

他県の酒には目もくれず、ひたすら青森をリピートする。

続きを読む

個室寿司は880円(味三昧)

早く寝ても深夜に寝ても、ピタッと早朝に目覚めるのが私の唯一の自慢だ。
それに比べて妻と娘は、休日の前夜は深夜か早朝に寝るので、起きてくるのは昼過ぎだ。
その間に私はコーヒーを4、5杯飲み、ブログを書き溜めたり、本を読んだり、犬の散歩に出たりする。
それでもまだ昼前なので、この日は娘の自転車を借りて大泉学園にランチを食べに行くことにした。
久しぶりに勤労福祉会館に入っている「味三昧」で、刺身とか焼き魚とか天ぷらの定食を食べるつもりだ。
と思っていたら、珍しく妻が起きてくる。
「また趣味? たまにはアタシも付き合ってあげる」だって。
別に付き合ってくれなくてもいいのだが、それを言うと角が立つので、じっと妻の化粧待ちをして、自転車を連ねて出発した。
味外0001

平日は近隣の勤め人も食べに来るのだと思うが、この手の公営施設の休日は、ほとんど爺様婆様ばかりだ。
数年前までは、いかにも役所の食堂っぽかった「味三昧」だが、改装されていい雰囲気になっている。
味店内0002

ほとんど客の姿が見えないので、ゆったりとした個室に案内された。
味個室0001


続きを読む

こんな休日(海音)

黄金週間の最終日は墓参りに行く。
久しぶりに娘も一緒に行くと言うので、親子三人で外出だ。
帰りにどこかで一杯飲むつもりだし、青梅の山道でコケて尻と腕が痛いので、車をやめて電車を乗り継いで恵比寿駅で降りた。

まずは明治通り沿いの花屋に寄る。
恵比寿花0007

さすがに石神井公園の花屋と比べると、センスはいいが倍から三倍の価格帯だ。
恵比寿寺0005

恵比寿寺全0006

早くも飛び交う蚊を追い払いながら、墓参りを終える。

休日の恵比寿周辺は閑散としている。
一服しようと思ったが、目当てのカフェも休みだ。
妻と娘は原宿のラフォーレに行くと言うので、またもや電車に乗り、私はどこかのカフェで待機することにした。
なんでオバサンがラフォーレに行くんだと聞いたら、アクセサリー材料の貴和が出店しているらしい。
竹下口から出たので、妻の制止を振り切って、超久しぶりに竹下通りを歩いてみる。












!!!

原宿竹下0003

すげーぜ原宿!
年末のアメ横や、通勤の西武池袋線より混んでるよ。
私と妻が、この日の竹下通りで最高齢かもしれない。
何年か前に通った時と変わらず、黒人の客引きとクレープ屋がやたらと目立つ。
この歳になると、どこを歩いていても勧誘にスルーされるから、少し寂しいのだ。
原宿クレープ0002

さすがに真っ直ぐ歩けないので、裏道を通ってラフォーレに着いた。
原宿裏0001


ここらへんにはオジサンが見たい店も寛げる店もない。
明治通りを渡って「モントーク」に行くことも考えたが、駅から遠くなるから、駅前に戻ってイタトマカフェに落ち着く。
ここと隣りのドトールは、意外に空席がある穴場なのだ。
原宿イタトマ0001

買い物は30分ぐらいと言っていたが、きっと一時間と覚悟していた。
しかしそれを上回って、90分待ちで妻だけやって来る。
娘はまだ原宿に居たいと言うので、夫婦だけで飲みに行く。

続きを読む

青梅で雛祭り(井中居)

札幌食い倒れツァーの疲れも取れたので、久しぶりに青梅にドライブに行く。
今日は酒が飲めないドライバーがいるので嬉しい。

井看板0010


井庭0001



青梅にも遅い春の兆しが見える。

井外観0004


井陳列0002


井設え0017



節分で逃げ遅れた鬼も衣替えだ。

井鬼0021



桜湯で喉を潤した後は、心おきなく日本酒を飲む。

井桜茶0007


井日本酒0006


井燗0002


続きを読む

器が素敵(まつおか)

※残念ながら閉店しています。





半年ほど前に中野駅から自宅まで車で帰る途中、哲学堂付近で気になる建物を見かけた。
山加の文字がチラリと見えたので、帰宅してから調べてみると、木曾に本店がある漆器屋だった。
しかも和食店を併設しているらしいのだ。
いつか行こうと思っているうちに日が経ち、やっと半年後に機会ができた。
春になれば桜見物の車で渋滞する通りだが、まだ梅がほころび始めたばかりの寒い日なので、路上のパーキングはがら空きだ。
まつおか哲学堂0005

まつおか外観0001

一階の売り場の奥に、和食の店が見える。
まつおか一階0003

まつおかカウンター0001

品書きを見ると、1,300円のワンプレートランチが一種だけで、1,000円追加で刺身もできるらしい。
ワンプレートにしては微妙な価格帯だと思いながら、選択の余地が無いのでオーダーした。

続きを読む

オレの勝ち(悠月亭)

またもや杉並にあるカーディーラーの担当営業情報を基に、妻を連れて西荻にランチを食べに行く。
青梅街道と西荻駅の中間辺りにある、ゴルフ練習場が目印だ。
二年おきぐらいに何軒も店が入れ替わっている場所だが、今度の和食店が一番いいとの情報を信じる。
悠看板0007

悠暖簾0004

なるほど道路から奥まっているし、駅からも結構離れているから、飲食店の立地としては厳しいだろう。
入り口付近のカウンター席を通り過ぎ、何部屋もある個室に案内される。
悠カウンター0001

悠廊下0003

悠個室0002

奥には庭もあって、落ち着くいい雰囲気の店だが、先客は誰も居ないようだ。
悠庭0004


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる