スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5時半で満席(金ちゃん)

自分の娘とほとんど歳が変わらない焼鳥好きの女性と、練馬の「金ちゃん」にモツ焼きを食べに行く。
吉祥寺の「いせや」と同じく賛否両論あるが、焼き物や串物好きならば避けては通れない登竜門だ。
金外観0012

金のれん0006

夕方5時の開店と同時に席が埋まり始めるので、マッハで仕事を終えて練馬駅に駆けつける。
何とか5時半には店に辿り着いたが、すでに一卓だけ残して満席状態だった。
カウンター席もオヤジ客、両隣のテーブルもオヤジ客、店中がオヤジ客だらけだ。
金カウンター0008

金隣席0015

50人ほど入れる店内で、ネクタイをしている客は1テーブルの4人組しか居ない。
女性客は私の連れ一人だけなので、隣席のオヤジたちからチラ見光線を受けている。
客の男性比率が高いのに対し、迎え撃つ店側の男性は、焼き物を一手に引き受ける店主一人だけだ。
金オヤジ0007

ホールの接客はアジア系の外国人女性たちが担当している。

続きを読む

スポンサーサイト

常連度100%(義仲)

春先から半年間も桜上水を訪れているので、そのたびに新規開拓をしているのだが、いかんせん飲食店の数が石神井公園より少ない。
寿司屋の「だんらん」、元気が良すぎる居酒屋「福ちゃんでワッショイ」、路地裏の「かくれ屋」のローテーションが固定化してきたので、当夜は鳥料理の「義仲」を新規開拓だ。
20070906070621.jpg

下高井戸方向にしばらく歩いた住宅地に、ぽつんと赤提灯がさがる。
20070906070644.jpg

20070906070633.jpg

店頭に品書きは出ていないし、店内の様子も伺えないから、常連だけで成り立っている店だろう。
私も従兄弟から聞いていなかったら、存在すら知らなかったはずだ。
安めぐみが出没する可能性があるとも聞き、急に行く気が起きてくる。

続きを読む

試運転(とくら)

地元の行きつけ店「喰酔たけし」が休みの日なので、たけし社長と、ゆうた店長も誘って焼きトン屋「とくら」に行ってみる。

20070830222701.jpg


20070830223117.jpg


20070830222920.jpg



焼きトンは90円と120円、料理はほとんど500円以下と手頃だ。
店主におまかせで焼いてもらう間に、料理を適当に見繕う。

20070830222744.jpg


20070830222729.jpg


20070830223134.jpg


20070830222955.jpg


20070830222856.jpg


20070830222908.jpg



続きを読む

夏休みの宿題その3(あみ連)

練馬区とその周辺の美味しい情報をたくさん頂いているが、なかなか新規開拓をする時間が取れない。
池袋で買い物をしていた妻から、どこかで食事をしようとメールが入ったので、こんな時こそ宿題を一つ片付けることにする。
自分のブログを読み返して、練馬の焼鳥屋「あみ連」にターゲットを絞り込んだ。
池袋で待ち合わせた妻と途中下車すると、練馬が誇るモツ焼き屋「金ちゃん」のすぐ近くだった。

20070830073421.jpg


20070830073434.jpg



空席があれば金ちゃんもいいなと思って妻に聞くと、即刻却下される。


「おまえ、なにセレブぶってるの?」
「あんたと結婚してるのに、セレブなわけないでしょ!」
「もっともです。ぺこり。」


てなわけで、当初の予定通りに「あみ連」に入った。

20070830073336.jpg



あみ連とは変わった店名だが、NERIMAを逆さに読んだだけのようだ。
調理場を囲む、コの字型カウンターの一角に座る。

20070830073346.jpg


キリンのハートランドで乾杯し、焼き物を選ぶ。

続きを読む

安っ(鳥貴族)

地元駅に全品280円均一の焼鳥屋ができた。
久しぶりに顔をあわせた息子に教えると、とっくに訪問済みらしい。
「すげー安いし、味はまあまあ」と言うが、普段は「和民」や「笑笑」を愛用している息子の味覚だから、アテにはならない。
20060615000023.jpg

しばらくこの情報は忘れていたのだが、蒸し暑いこの夜は、冷たいビールで焼鳥が食べたくなり、腰が引けてる妻を連れて「鳥貴族」に行ってみた。
20060615000043.jpg

オープンして一ヶ月余りだから、まだまだ店内は綺麗に保たれており、店員は接客に慣れた頃だからちょうど良い。
さっそくメニューを見ると、飲み物も食べ物もホントに全品280円だ。
焼鳥が2本で280円は特に安いとも思わないが、えっと思うような品もある。
100均ショップに行っても、200円や300円の品があることを考えると、看板に偽り無しだ。
乾杯のキリン一番絞りも280円。
20060614235700.jpg

純米のカップ酒も280円。
20060614235646.jpg

梅酒も280円。
20060614235713.jpg

箸袋の裏に書いてある店舗リストを見ると、大阪に何十店舗も出店しており、東京はまだ数店のチェーン店だ。
大量仕入れがエグイ価格に反映している。

続きを読む

久々の新店だけど(鳥梅葡酒やきとり広場)

石神井公園南口の線路際に、地元民待望の大手資本ではない新店がオープンした。
鳥梅葡酒(とりうめぶしゅ)という変わった店名は、中村橋駅近くの千川通り沿いにある焼き鳥屋と一緒だ。
以前はジーンズショップがあった場所で、青いキャノピーにはMAYAの文字が残っている。
05.10.31鳥梅外観0002


開店直後は半額セールでごった返していたので、少々落ち着いた頃を見計らい、妻を駅まで呼び出して探検に行く。
店主らしきオヤジが一人で焼いて、接客は若い男女数名で担当しているが、日本語が変なので近隣諸国からのバイトらしい。
05.10.31鳥梅焼き係り0001


カウンター上にはホシザキくんの冷蔵ケースがセットされ、串が打たれた生の鶏肉がスタンバイしているから、冷凍モノを出す店ではないようだ。
05.10.31鳥梅ケース0001


この夜もぎっしり満席で、あちこちで「塩とタレが違う」とか、「頼んだのはまだか」とかトラブルが発生している。
まだまだ運営が馴れていないようだ。
見ているとバイトくんに指示を出す人がいないから、一箇所に固まって右往左往するだけで、手伝いたくなるほど効率が悪い。
05.10.31鳥梅客席0003


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。