スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名水の里で酒を買う

君津市の内陸部にある久留里地区は、豊富な地下水に恵まれ、上総掘りという井戸掘り技術によって、200本も井戸がある名水の里らしい。
江戸時代は久留里城の城下町だった一帯には、日本酒の蔵が5つも集中している。
館山で立ち寄った酒屋にも、当然ながら久留里の酒が置いてあったが、あえて買わずにこの日に備えていたのだ。
どこで買っても同じ値段とは言え、蔵元に行って全銘柄を見ながら悩む方が、気分的にいいのだ。
あまり興味がない妻には、試飲という重要な役割を与えてあるので、ロングドライブにもかかわらず文句は出ていない。

高い建物がまったく無い、久留里のメインストリートにたどり着いた。
五つの蔵を全部回るつもりだ。
くるり道0001


一軒目に訪れたのは、寛永元年(1624年)創業の老舗、吉崎酒造だ。
くるり吉入り口0001

くるり吉看板0002

さっそく売り場に入ってみる。
くるり吉棚0002

くるり吉試飲0003


4種ほど試飲させてもらい、吉寿の純米吟醸に決めた。
くりり吉瓶0001




ここ吉崎酒造からすぐ近くに見えるのが、藤平酒造だ。
くるり福外0010

藤平酒造の「福祝」は、以前都内のどこかの店で飲んだことがあり、美味しかった記憶がある。
この蔵が久留里の本命だ。
くるり福看板0011

くるり福金賞0009

何代目になるのかは知らないが、なかなかのイケメンくんが試飲させてくれるので、妻もここが一番気に入ったようだ。
くるり福ギフト0009

くるり福たる0006

公平に一つの蔵で一本ずつと思っていたが、ここだけ特別に二本買った。
くるり福箱0008

くるり福瓶0007


続きを読む

スポンサーサイト

静寂の福生(田村酒造場)

多摩ドライブの帰り道に必ず立ち寄る、羽村市のスーパーFUKUSHIMAYAで地卵や肉やパンを買い、さらに自宅用の酒を調達しに福生に行く。
日の出町のイオンモールに、東京の地酒がほとんど置いてあることを知ったが、やはり蔵元に行って買う方が、断然気分がいい。
目的地は嘉泉の銘柄で知られる田村酒造場だ。
以前訪れた時に直売所が無いのはわかっていたが、万が一ということもある。
嘉塀0012

嘉蔵0015

まったく人の気配がないので、酒を買うことはできないだろう。
嘉駐車場0017

勝手に敷地内をぶらりと散策する。
嘉酒林0016

嘉桜0001

敷地内には玉川上水の分水が流れ、とても福生駅から徒歩10分程度とは思えない静寂の世界だ。
樹齢千年を越えるケヤキも敷地内にあると聞くから、なんともすごいじゃないか。
嘉庭0014

嘉川0013

売店や直売所を設けたらこの静寂を守ることは出来そうにないから、買いたかった気持ちを抑えて、福生市内の酒屋に向かうのだった。

「田村酒造場」 福生市福生626


定番観光(千歳鶴酒ミュージアム)

国内旅行をした時は、どこの土地に行ってもだいたい酒蔵を訪れている。
札幌市内にも千歳鶴という銘柄の酒蔵があって、しかも「酒ミュージアム」なる施設まであると知り、円山公園から地下鉄に乗ってバスセンター前駅まで行った。
大通りのテレビ塔が間近に見える場所だから、東京でいえば六本木や青山あたりに酒蔵があるような感覚だ。
千歳外観0003

行列があるのは、無料の仕込み水をポリタンクに汲む人たちだ。
千歳仕込水0001

創業は明治5年なので、本州、四国、九州の酒蔵に比べると新しいが、北海道としては最古の部類に入る。
ミュージアム館内には、歴史を物語る数々の品が展示されていた。
千歳色紙0002

千歳新酒0001

千歳売り場0002

私が一番うれしかったのは、無料の試飲コーナーだ。
酒蔵としては大手の千歳鶴なので、工場機械化生産みたいな酒もあるが、試飲だけして買わないわけにもいかないので、酒ミュージアム限定の純米吟醸を購入する。
千歳限定0002

千歳酒0001



続きを読む

あきる野は秋(中村酒造)

燈々庵で昼食を食べた後は、同じあきる野市内にある「中村酒造」に向かう。
20071031073748.jpg

400年以上前からこの地に住み、200年ほど前の文化元年に酒造りを始めたという旧家だ。
20071031073710.jpg

千代鶴という銘柄は都内でほとんど見かけることはないが、あきる野市内ではあちこちで看板を見かける。
酒造りの道具を展示した資料館を見学する。
20071031073818.jpg

20071031073723.jpg

20071031073735.jpg


続きを読む

昼酒場(小澤酒造)

急に思い立って青梅まで紅葉と蕎麦ドライブに行く。
多摩川と並行する吉野街道に車を停め、寒山寺の下を通り、橋を渡って小澤酒造に向かう。
20061126212614.jpg

20061126211903.jpg

20061126212632.jpg

20061126211829.jpg

橋の下あたりはカヌーのメッカだが、さすがに寒くなると姿は見えない。
20061126211742.jpg

小澤酒造を訪れるのはかなり久しぶりなので、酒蔵見学ツァーに参加してから、紅葉を見ながら庭で一服しようと思っていた。
20061126211808.jpg

20061126212025.jpg

20061126211847.jpg


続きを読む

日本一小さな酒蔵?(遠藤酒造場)

昼食を食べた上越高田に、ニューヨークのプラザホテルにも置かれている「越乃雪月花」の妙高酒造がある。
旅に出た時は東京でめったに買えない酒を土産にしたいので、妙高酒造に立ち寄ったのだが、悲しいことに定休日だった。
20061014065821.jpg

20061014065833.jpg

もう一軒ユニークな名前の「スキー正宗」を作っている酒蔵も高田にあるのだが、場所がよくわからずに断念する。
事前のリサーチによれば、須坂に日本一小さな酒蔵を自称する「遠藤酒造場」があるので、田中本家の帰りに寄ってみた。
すでに秋の陽が暮れかかっているので、ここが最後の寄り道になりそうだ。
20061014065759.jpg

20061014065559.jpg

20061014073904.jpg

20061014065746.jpg

遠藤酒造場では「渓流」という銘柄の酒を作っている。
20061014065657.jpg

20061014065625.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。