スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小竹のオアシス(旬彩)





寿司が美味いのはもちろん、つまみも酒も良くて、なおかつ値段が手ごろな寿司屋を探すのは至難の業だ。
高円寺の「波やし」が理想に近いのだが、電話番号を公開していないにも関わらず、今ではなんと三ヶ月先の予約さえ取れない人気店になってしまった。
地元駅前の「さつき」は美味くて安いけれど、残念ながら酒の品揃えがトホホだ。
そんな訳で、今夜も我が家的人気ナンバーワンの小竹向原「旬彩」に行く。


ss88200.jpg






お通しでビールを飲み、刺身の盛り合わせで日本酒に切り替える。
最近定番に加わった獺祭から。


ss88203.jpg


ss88340.jpg





白子焼きとぶりカマ焼きには田酒。


ss88206.jpg


ss88227.jpg


ss88343.jpg





口直しに千枚漬け。


ss88210.jpg





あんきもに〆張鶴。


ss88207.jpg


ss88211.jpg





あさりの酒蒸しに上亀元。


ss88224.jpg


ss88214.jpg




続きを読む

スポンサーサイト

オモニの店でキムチ(韓の台所)

田柄のハッスル通り商店街に車を停め、ランチ場所の「ハーバル・ノート」に戻る途中、小さな韓国惣菜屋を発見した。
韓外0002

ランチを食べ終わってから店主に聞くと、自分たちは食べたことがないが、お客さんの評判はいいと言う。
店を覗いてみることにした。
韓看板0003

おいしいキムチが食べたい!
その通りです。

韓売場10001

韓売場20001

韓国系のオバチャンから、オイキムチと白菜キムチを購入した。
韓オイキムチ0001

韓白菜0002

オイキムチの辛味は柔らかく、日本酒のつまみにもなる。
こんなのが冷蔵庫に常備してあると、妻が不在でも晩酌が便利なのだ。

「韓の台所」 練馬区田柄2-5

ハッスル通りを抜けて(ハーバル・ノート)

ブログ経由でタレコミメールをいただいた。
平和台と光が丘の中間ぐらいにある、Herbal Note(ハーバル・ノート)というビストロの、ガレットランチが美味しいと言う。
目の前にある信用金庫の駐車場が利用できるらしいので、休日一人ランチを決行することにした。
何も予定が無い休日は、息子は帰ってきていないし、妻と娘は昼過ぎまで寝ている。
いつもと同じに早起きする私にとっては、ご近所探検に都合がいい日なのだ。
寝ている妻に一応「外でメシ食ってくる」と告げると、行き先がビストロと聞いて、「アタシも行く」と言い出す。
あちゃー、出発が一時間遅れるよ。
出かける前に席を予約の電話を入れると、休日は信用金庫の駐車場が使えないので、ハッスル通りのコインパーキングに入れてほしいと言われた。

ハッスル通り!?

土地カンがない場所なので、とりあえずカーナビをセットして店まで行く。
途中で少々寂れた商店街を通ったら、ハッスル通りと書いてあるが、コインパーキングは見当たらない。
ハーバル外0003

中から出てきた店主に道を聞き、妻を降ろしてパーキングに向かう。
これが片道徒歩5分以上ありそうな場所だった。
とうもろこし畑がある道を、汗を拭きながら店まで戻る。
韓国食材店や、パン屋など、途中の店のチェックも忘れない。

店内は情報通りにかなり狭い。
小さなテーブル2卓とカウンターで、10人収容が限度のようだ。
ハーバルハーブ0002

ここまで狭いと店内売り上げだけでは限度があるだろうから、ランチボックスや惣菜、ケーキの販売も行っている。
ハーバルデリ0001

若鶏のカレー風味ガレットのランチを頼み、妻はビール付きセットにする。
ハーバルビア0003
私はレモングラス風味のお冷やをお替りした。

続きを読む

お役所にしては(LAO TAO)

太平洋戦争前は大緑地化計画の対象になり、戦争中は成増飛行場としてB29を迎え撃つ戦闘機が飛び立ち、戦後は米軍に接収されてグラントハイツになった光が丘は、今では都内最大級の高層団地群と、広大な光が丘公園になっている。
この日は団地群の一角にある日大病院に所用があり、久しぶりに光が丘に向かった。
所用を終えてどこかでランチを食べることにする。

老イマ0003



子供が小さい頃は、この公園で遊び、ショッピングモールの「IMA」で買い物や食事をしたのだが、ここ何年か訪れることはなかった。

老公園0005



数年前の記憶に基いて、光が丘体育館に付属した老饕(ラオタオ)に向かう。

老体育館0004


老入り口0003



公営施設の食堂といえば、大手の給食会社などが運営する可もなく不可もないイメージだが、アジアン食堂を選択するとは、お役所にしては勇気ある行動だ。
店の前には屋台も出ており、チープなプラスチックテーブルが、まるでシンガポールのホーカーズのようで雰囲気がいい。

老屋台0006


老店内0007


続きを読む

ネリミシュラン(Chez Soi)

ミシュランガイド東京版に登場した店は、都心部の九つの区だけだった。
最初から練馬区は取材対象外で悲しいのだが、世田谷区民の方がもっと悔しいだろう。
練馬区は約70万人と人口が多い割りに、元々飲食店の数は少なく、フランス料理店となると数店舗しかない。
江古田のシェ・キリー、ラ・リオン、練馬のセルポワブル、エヌ・ルトゥール、石神井公園のビストロ・レン、大泉学園のサン・キュロット、ビストロ・ラブーレぐらいしか思い浮かばない。
フランス料理は私の日常食ではないから、特に問題は無いのだが、時々妻が「居酒屋ばかり行くのも飽きた!」と言い出す時が困るのだ。
そんな訳で連休の最終日に、「フルートとヴァイオリンの夕べ」なる案内が来ていた氷川台のChez Soi(シェソワ)に行った。
20071126072141.jpg

カラオケ屋も撤退するほど地味な氷川台で、すでに7年ほど営業を続けているから、我々を含めて固定客をしっかり掴んでいるようだ。
20071126071835.jpg

オードブルの盛り合わせで白ワインを二杯ほど飲む。
エスカルゴが可愛い。
20071126071856.jpg


続きを読む

超フツーで超満員(グリルおおくぼ)

有楽町線の平和台駅に程近い環八沿いに、いつも流行っている洋食屋がある。
我が家から交通の便は悪いが、数台停められる駐車場が裏にあるので便利だ。
20071003074944.jpg

揚げ物系中心のサンプルを見ると、値段も内容も普通に見えるが、こんな普通さが練馬区では貴重な存在なのだ。
20071003074907.jpg

とは言っても、いつも満員御礼なのにはそれなりの理由がある。
サービス券を発行したり、ワンコインで食べられるランチ丼があったり、テイクアウトコーナーを設けているのだ。
20071003074919.jpg

私も入店するまではワンコイン丼を食べるつもりだったのだが、相席になったガテンなオニーサンのカレーが美味そうで、釣られてカツカレーにしてしまった。
20071003074858.jpg

揚げたてのカツを皿の横に立てかけているので、サクッと感が残って嬉しい。
ザク切り玉ねぎで母さんカレー風に見えるが、実はかなり辛いのもいい。
また2、3年後に来てしまうだろう。

「グリルおおくぼ」 練馬区平和台4-21-7
03-3934-5313

貴重な存在(Chez Soi)

インターネットタウンページで、練馬区×フランス料理で検索すると、ヒットしたのは11軒だ。
同じように港区で検索したら156軒も出てきた。
練馬区の人口は約70万人だから、練馬区民約7万人に一軒しかフランス料理店が無いのだ。
そんな貴重な一軒である、氷川台の住宅地にあるChez Soi(シェソワ)にランチを食べに行く。
先ほどの11軒の半分ほどは、洋食屋のカテゴリーに入れてもいいような店だが、ここは王道のフランス料理店だ。
20070918075216.jpg

20070918075135.jpg

20070918075227.jpg

私はほぼ一年ぶりだが、月イチで訪れている妻は、マダムから「いつものでよろしいですか?」などと言われている。
オマエはセレブか!?
いつものってナンだ?と聞くと、要するにシェフおまかせとのことだった。

続きを読む

本命を逃す(Beans Beans)

高層マンションが建ち並び、広大な公園がある練馬区の光が丘は、1983年にできた比較的新しい街で、それ以前はグラントハイツと呼ばれる米軍住宅だった。
隣町の平和台も光が丘と同時期に、有楽町線の開通で栄え始めた街だから歴史は浅い。
この光が丘と平和台の中間辺りに、「Since 1969」と書かれた洋食レストランがある。
今でこそ幹線道路に面しているが、有楽町線開通以前は農地が多く、人口もかなり少なかったと思われる地域だ。

20070626015025.jpg


20070626015014.jpg



このレストラン「Beans Beans」の名物料理はオムライスだ。
初老のオーナーシェフは、浅草のレストラン「吾妻」で住み込み修行していたらしい。
「吾妻」は大正創業の老舗で、美味いことは美味いが、オムライスや牡蠣フライが3千円超とトンデモナイ価格なので、行くには勇気と万札が必要な店だ。
こちらの店ではオムライスが1,100円と練馬価格なので、清水の舞台から飛び降りなくても済む。

20070626015053.jpg


20070626015043.jpg


続きを読む

シンプルに美味い(遊菜)

友人から「かなり美味い」と聞いていた、練馬区春日町の「遊菜」という中国料理店がある。
以前この友人が「かなり美味い」と薦めた蕎麦屋に行ったところ、「かなり美味くなかった」ので、「遊菜」情報も当てにならないと思っていた。
有楽町線の平和台駅付近に用事があったので、どこかでランチを食おうと検索し、「遊菜」情報がやっと日の目を見ることになった。
20061022225319.jpg

20061022225331.jpg

どこの駅からも遠く、駐車場も無い小さな店で、中国料理店にしては素っ気無いほどシンプルな外観だ。
店頭にメニューも出ていないが、待ち客用の椅子が外に置いてあるから、結構人気の店なのだろう。
20061022225344.jpg

ランチは黒板に5種ほど書かれている。
汁そば、チャーハン、ギョーザ、マーボナス丼の組み合わせだから、メニューもシンプルだ。
20061022225420.jpg


続きを読む

いちおう23区内(みやもとファーム)

子供が小さい頃、家族で外食の定番は焼肉だった。
よく使っていたのが、車で行くのに便利な谷原の「東京飯店」と、ここ「宮本ファーム」だ。
歳を経て外食の中心が和食、寿司、蕎麦になったが、梅雨明けのスタミナ回復のために、久々に焼肉ランチを食べに行った。

foodpic560534.jpg


環八が延伸し、側道に大きな看板が設置され、「みやもとファーム」には行きやすくなった。
広大な駐車場に車を停めると、畑の向こうに農園レストランが見える。

宮1


ここ練馬区高松周辺は、沢庵を作る食品会社や、製粉会社、農場、広大な屋敷など、宮本さんだらけの土地だ。

foodpic560532.jpg

foodpic560527.jpg

foodpic560536.jpg


駐車場から店まで歩く間にも、とても23区内とは思えない風景が広がっている。

宮2

foodpic560537.jpg

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。