スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛恨のミスその2(おさむ)

椎名町駅前にある「恵比寿」の豚カツが安くて美味かった。
こうなるともう一軒の安くて美味い店を、確かめずにはいられない。
ちょうど車で出かける用事があったので、目白通りのコインパーキングに車を停め、椎名町駅とは逆側から「おさむ」にアプローチした。
11時半だから、ちょうど開店する時間のはずだ。
おさむ看板0003

局番が3ケタの古い看板に従い、住宅街の中に入っていく。
おさむ看板20004

電信柱の陰に隠れた看板の通りに右折する。




















うわ!並んでるよ。
おさむ行列0005


駐車場に車を入れてしまったし、他にめぼしい店も無い場所だから、列の後ろに並ぶ。
外に張られた品書きを見ると、ロースもヒレも75gで600円、100gで800円の一律価格だ。
ちょうど開店直前の時間だったらしく、3分も待たずに暖簾が出される。
並んでいた客が一気に店内に吸い込まれた。
おさむ外0002


続きを読む

スポンサーサイト

価値ある600円(恵比寿)

久しぶりに妻とスーパーに行ったら、なんでもかんでも高いような気がする。
ガソリンを満タンにしたら一万円超だし、まったくイヤになってくる。
ふと椎名町に500円豚カツの店「おさむ」があったと思い出し、久しぶりに行こうかと調べたら、さすがに600円に値上げされているようだ。
椎名町駅から至近距離にも、600円で豚カツ定食を出す店を先日見つけたので、「おさむ」から「恵比寿」に行き先を変更した。
恵比寿アーケード0001

ちょうどアーケードの入り口にある、きれいな店舗だ。
恵比寿外観0005

この並びにある「パシャ」で先日コーヒーを飲んだ帰り道に、店頭に出ていたメニューを見て驚いたのだ。
恵比寿メニュー0004

普段でも安い上に、ランチタイムはカツカレー550円、ロースカツ定食600円、ヒレカツ定食700円と、イマドキ驚愕のプライスだ。
冷しゃぶサラダ400円、焼きめし400円、ウィンナ300円なんて、ステキなメニューも目を引く。
暖簾の隙間から見える店内は、午後一時を回っているのにガッチリ客が入っている。
これならきっと味もいいだろう。

続きを読む

10年ぶり

さすがに人口が多いだけあって、中国人とインド人の店が最近やたらに増えている。
10年以上前は、タンドリーチキンとかナンを出すカレー屋は、西武線沿線にはほとんど無かったはずだ。
仕事がらみで知り合ったカレー通の女性が、東長崎に羊の脳みそカレーを出す店があると言うので、一度連れて行ってもらったことがある。
中央線の裏道にありそうな雰囲気の店は、「天竺屋」という名前だった。
店主が亡くなられたとかで閉店し、その跡地にオープンしたのが、イタリアンの「パスト」だ。
パスト外観0002

メニューを見るとわかるように、イタリアンよりスパゲッティ屋と言った方がしっくりくる店だ。
パストメニュー0001

ランチはサラダとドリンク付きで、だいたい730円と安い。
店内も洋食屋っぽい雰囲気で、オジサンでも気楽に入れるのがいい。
パスト店内0003


続きを読む

ぶらり途中喫茶の旅その5(椎名町・パシャ)

椎名町駅前の短いアーケード街は、昭和の香りがいまだに濃く残っている。
椎名町商店街0001

昔ながらの店に混じって、少々ゴージャスな喫茶店がある。
その名も「マーベラスカフェ・パシャ」だ。
マーベラスって言われても、この店の客で意味がわかる人は、私も含めて一人も居そうにない。
パシャ外観0001

パシャ花0001

パシャ店内0002

写真がボケてしまったが、コーヒーは一杯600円。
椎名町とは思えないマーベラスな価格だが、ホテルのラウンジのようにゆったりできる。
パシャコーヒー0001

絶対知り合いに会いそうもない場所だから、ヒミツの打ち合わせにはもってこいなのだ。

「パシャ」 豊島区長崎1-1-17
03-3958-8226

ぶらり途中喫茶の旅その4(椎名町・ロング)

昔々池袋西口の奥に「ロング」という喫茶店があり、昼頃まで食べられるモーニングサービスが安くて美味いし、雑誌や漫画が揃っていたので、おそらく10回以上は利用したことがある。
いつの間にか閉店して長い時間が経つが、同じ店名でロゴも似ている喫茶店を椎名町で見つけた。
ロング外観0003

もしやと思って入店したが、店主の顔はまったく見覚えがなかった。
こちらはセルフサービスの喫茶店のようだ。
ロング店内0001

午後2時を回っていたので、当然モーニングサービスを確かめようがないが、軽食類は懐かしい喫茶店メニューが用意されている。
ロングメニュー0002

200円と手頃な値段のコーヒーを頼んだ。
ロングコーヒー0001

中途半端な時間だが、飲み物とホットドッグやピラフを頼んでいる客が多いから、客単価は高そうだ。
町から喫茶店がどんどん消えていくが、工夫次第でなんとかなりそうなのだ。

「Long ロング」 豊島区長崎2-14-12
03-3973-5196

ぶらり途中喫茶の旅その3(東長崎・珈琲庵)

昔懐かしい喫茶店が多く生き残る、西武池袋線の東長崎駅周辺。
どの店もモーニングサービスの時間が長く、間を空けずにランチタイムを始めて、他の店への流出を防いでいる。
この日は南口の「珈琲庵」に行く。
珈琲外観0002

店主夫妻も客も高齢化している。
まさに日本の喫茶店の縮図だ。
珈琲店内0003

ランチを食べるには早すぎる時間だが、用意ができているようなので日替わりを頼む。
メインは魚の煮つけだ。
魚の他に小鉢が6つも付く。
珈琲おかず0001

珈琲たい0002

カフェで素朴なおかずは食べられないから、昔ながらの喫茶店は貴重なのだ。
珈琲珈琲0003


「珈琲庵」 豊島区南長崎5-33-14
03-3950-8546

ノスタルジックな町で(bonsai)

すっかり駅がきれいになった、西武池袋線の東長崎駅。
最近お気に入りリストに入った、Hideo(イデオ)とセビアンは、東長崎駅の南口にある。
この日は北口でランチを食べることにした。
何年か前までこの駅に友人が住んでいたので、途中下車して何回か飲んだことがある。
居酒屋「辰味」と、焼鳥の「とりんと」だ。
どちらも安くて美味かったが、偽レブな妻には向かない大衆店なので、最近はまったく行く機会がない。

南口には昔懐かしい喫茶店が何軒か生き残っているが、北口にもノスタルジックな商店街がある。
ぼんさい十字街0012

ぼんさい乾物0010

ぼんさい八百屋0011

安くて美味い大衆食堂「せきざわ」も、ここ長崎十字会の一員だ。
ぼんさいせきざわ0008

向かい側にある洋食の「キッチン長崎」も良さそうだし、イタリアンの「パスト」も安いなあと思ったら、隣りに渋い一軒を発見した。
ぼんさい暖簾0001

無地の暖簾の上に、小さくbonsaiと書かれた表札が出ている。
昼時は500円の結城うどん一本勝負らしい。

続きを読む

きっと再訪(PIATTO UNICO)

江古田ラブなブログを書いているganさんから、東長崎と江古田の中間にあるイタリアンの情報をいただいた。
どちらの駅からも遠い場所だが、石神井公園の我が家から、池袋に抜ける時によく使う道沿いにある店だ。
店名はPIATTO UNICO(ピアット・ウニコ)。

実はこの店で一ヶ月ほど前にランチを食べているのだが、デジカメのレンズカバーが開かないトラブルがあって、残念ながら料理を写真に残せていない。
食べ終わって外に出てからカメラを軽くたたくと、なぜか正常に戻る。
私のデジカメは、アナログなやつなのだ。
ピアットカード0001

ピアット外0001

ここのランチは前菜盛り合わせ、セコンド、ドリンクで1,500円と、この辺りにしては強気な価格設定だったが、前菜もミラノ風カツレツも美味かったから、きっと再訪問してしまうだろう。
同じビルの並びにあるロダンという店も気になっているし、セビアンの親戚筋であるストークも近くにあるので、どこに行こうか悩ましい地域なのだ。

「PIATTO UNICO」 豊島区長崎6-35-8
03-5966-2839

さくさくとろとろ(めるてぃんぐぽっと)

たびたびコメントを頂くちびちびさんから、「椎名町の寂れた方の改札から近い、線路から見える、フライがさくさく、オムライスがとろとろの店がある。」と情報をいただいた。
肝心の店名はわからないらしいが、行けばわかるだろう。
めると外観0002

すぐわかったよ。
店名は「めるてぃんぐぽっと」だ。
めると看板0003

この日用意されていたランチは6種類。
店内に入る前に、食べたいものは決まった。

続きを読む

思いつきディナー(セビアン)

私と妻が付き合っていた頃は、まだ携帯電話どころか子機も無かった時代なのに、家に一台しかないコードつきの電話で、よく一時間も二時間も話していたもんだ。
今ではメールは一行、電話は15秒ぐらいになってしまい、クリスマスやバレンタインといっても何の計画も無い。
この日も出かけていた妻から、帰りに待ち合わせして食事しようとメールがあったので、池袋か石神井公園の居酒屋に行くつもりだった。
が、世間はチョコレート会社の陰謀に浮かれているので、急きょフランス料理でも食べようということになった。
こんな時に池袋や西武沿線で手ごろな店が思い浮かばない。
結局途中下車して東長崎の「セビアン」に行くことにした。
セビアン外観0003

念のため電話で席を確保して店に着くと、予想通りに空いている。
セビアン店内0004

テーブルクロスもランチョンマットも無い、喫茶店のような店内だが、味は確かなのは先日のランチで検証済みだ。
ボルドーの赤を頼んだら、キンキンに冷えたボトルが出てきたので、香りも立っておらず、味も薄く感じてしまう。
しばらく常温に近づくまで放置することにした。
セビアンワイン0002


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。