スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜川と椿山

神田川の桜並木が満開なので、花粉症にもめげず椿山荘に花見ランチに出かける。
椿橋から0001

正面に見えるフォーシーズンズと左手の森の一帯は、南北朝の時代から椿が自生していたので、江戸時代には椿山と呼ばれていたらしい。
「つばきやまそう」と名付けても良かったと思うのだが、今では椿山荘(ちんざんそう)と呼ばれている。
神田川沿いの裏門から椿山荘に入ると、土産品まで販売している盛況振りだ。
椿土産0001

池には能舞台が設えられており、夜になれば篝火が焚かれ、きっと美しいことだろう。
椿能0005

椿かがり火0001


続きを読む

スポンサーサイト

バカ売れ(群林堂)

地下鉄護国寺駅の真上、講談社の向かい側に、朝から昼過ぎの閉店時間まで行列が絶えない「群林堂」がある。

20071012093711.jpg



大正時代に創業された和菓子屋で、看板にもある豆大福が名物だ。
普通の和菓子屋とまったく違うのは、店のほとんどを作業場が占め、売り場には二、三人しか入れないことだ。
ガラスケースに商品はほとんど並んでいないし、用意されている菓子もだいたい数種類だけと少ない。
それでも雨の日も風の日も、歩道に並ぶ客は途切れない。
私も風邪の日に並んでみた。

20071012093720.jpg



途中まで行列はすんなり動いたのだが、直前にいたオバチャン二人が、それぞれギフト用に箱入りだとか、五個ずつ6包みにしてくれとか大量購入するので、ピタッと流れが止まった。

20071012093729.jpg



二人居る店員はひたすらラッピングマシーンと化している。
人気の秘密はまず美味いこと。
無添加で賞味期限は当日のみの和菓子は、価格も137円と147円の二種で安い。
この日は豆大福、豆餅、みたらし団子、かのこ、栗蒸し羊羹の5品が用意されていたが、すでに羊羹は売り切れていた。
日曜日は営業していないし、午後2時過ぎには売切れてしまう希少性も行列の理由だろう。

続きを読む

日本人ですから(玉露園 喫茶室)

文京区と新宿区の境目に、子育て地蔵商店街がある。
20070907003413.jpg

20070907003429.jpg

巣鴨のとげ抜き地蔵商店街に比べると、規模はずいぶん小さいが、ぶらり歩くと結構楽しい。
この商店街で一番知名度が高いと思われるのが、昆布茶の「玉露園」がやっている喫茶室だ。
20070907003302.jpg

20070907003344.jpg

20070907003329.jpg


続きを読む

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

方針変更(咲花多)

不忍通りから椿山荘、カテドラル教会までの一帯は、文京区屈指の高級住宅地だ。
不忍通り周辺は雑司ヶ谷町と呼ばれていた辺りだが、その名前を豊島区に譲って、今は目白台という地名になっている。
20070809061448.jpg

この住宅地にポツリとある咲花多(さかた)に、名物のソースカツ丼を食べに行った。
和食の料理人が作ると、カツ丼もジャンクな味ではなくなるのだ。
20070809061402.jpg

店頭で念のために品書きを見ると、あづま丼の文字に気持ちが揺れ動く。
20070809061417.jpg

20070809061350.jpg


続きを読む

真夏の代打(CRANE)

有楽町線の江戸川橋駅周辺は、文京区関口という地名だ。
江戸時代に、井の頭池を水源とする神田上水を堰き止めて分水するための大洗堰(小規模のダムのような物)を、この場所に作ったことが地名の由来らしい。
関口の地で日本初のフランスパンを作ったことを、まんま社名にしている「関口フランスパン」のテラス席で、時々コーヒーを飲むことがある。
小腹が減っている時には、店内でパンを買えばいいし、チェーンカフェと違って空いているのが嬉しいのだが、喫煙可能なテラス席は真夏に使えない。
真夏に利用頻度が高くなるのは、護国寺「群林堂」の並びにある「CRANE」だ。
20070809061222.jpg

20070809061240.jpg

以前「ツルオカ」という名の食品スーパーだった頃から、この店で関口フランスパンを買うことができた。
鶴=CRANEと名前を変えてパン屋に変身した今は、関口フランスパンがメイン商品だ。
20070809061158.jpg

20070809061211.jpg

20070809061254.jpg


続きを読む

意外な名店(天仙)

文京区と新宿区の区境にある有楽町線「江戸川橋」は、かなり古びて地味な駅だ。
高台には木々に囲まれた椿山荘とフォーシーズンズがあり、周辺も文京区屈指の高級住宅街になっている。
一方坂下の神田川周辺は、大手出版社と印刷会社の下請けや孫請け零細企業が多く、裏道に入ると公道をフォークリフトが走り回っている。
そんな江戸川橋の雑居ビルに、美味しい天ぷら屋があると聞いた。
20070705083347.jpg

この古びたビルの前は、何度となく通り過ぎたことがあるのだが、まともな飲食店があるとは気付かなかった。
ビルの名前が「プラザ江戸川橋」というのも初めて知った。
目的の天ぷら屋「天仙」は、薄暗い半地下飲食街にあって地味な佇まいだ。
20070705083610.jpg

20070705083549.jpg

店頭に品書きは出ていないから、一見客はほとんど居ない店なのだろう。

続きを読む

理解できない習慣(ル・ジャルダン)

ランチを食べた目白坂下のビストロは禁煙だったので、食後の一服を楽しみにフォーシーズンズまで坂を上がる。
20061026064255.jpg

ここのロビーラウンジ「ル・ジャルダン」は、椿山荘の庭園を眺めながらゆったりできるので、コーヒー千円超も高く感じない。
20061026064245.jpg

ビスコッティが付いたコーヒーは、マメにお替りを注いでくれるので、サービス料が付加されるのも納得だ。
20061026064235.jpg

20061026064224.jpg

アイスコーヒーの氷はコーヒーを凍らせているので、時間が経っても薄まらない。

入店してしばらくすると、続々とマダムたちがやって来て、いつの間にか満席状態になった。
どのテーブルにも三段トレーが乗り、オバサマがサンドイッチやスコーンをぱくついている。
これにケーキもいくつかあるから、かなりのボリュームだ。
昔の英国では夜9時ごろに夕食を食べていた時代があって、その間の空腹をまぎらわすためにアフタヌーンティーの習慣ができたと聞いている。
お茶も甘いものも好きな私だが、三段トレーの習慣には馴染めない日本のオジサンなのだ。

「ル・ジャルダン」 フォーシーズンズ・ホテル
03-3943-0920

代打成功(Bistro Le Soleil)

1971年から目白坂に佇む一軒家レストラン「ドルフィン」に、待ち合わせてランチを食べに行ったら、いつもの悪いクセで定休日に当たってしまった。
仕方無しに音羽通りまで坂を下り、オープンして一年足らずのビストロ「ソレイユ」に行く。
20061026064142.jpg

ハロウィンの飾り付けがしてある店内は、私以外すべて女性だ。
20061026064102.jpg

20061026064133.jpg

20061026064201.jpg

ランチは数種の前菜とメインから選択するプリフィクスで、パンと飲み物が付いて千円と安い。
デザートは200円プラスだ。
近隣のOLたちにとって、短い昼休みにデザートまで食べる時間が無いだろうから、デザート別料金は親切な設定だ。


続きを読む

山手のドルフィンは静かなレストラン(ドルフィン)




都内でも坂道が多いことで知られる文京区は、旧町名にも大塚坂下町、雑司が谷町、茗荷谷町、清水谷町、小日向台町、関口台町など、土地のアップダウンを表す地名が多い。
台と付く地名は山の手で、特に椿山荘とカテドラル教会のある関口台町周辺は、今でも文京区屈指の高級住宅地だ。


20061024205934.jpg





東京オリンピックの年に完成したカテドラル教会は、丹下健三の代表作の一つで、同じ時期にできた代々木体育館とどことなく似ている。
広大な庭園とフォーシーズンズが好対照の椿山荘は、文京区民のハレの場に必ずと言っていいほど使われる場所だ。


20061002223955.jpg



20061002224008.jpg





文京区生まれの私の記憶の中でも、幼稚園の謝恩会、親戚の叙勲記念、幼馴染の結婚式などで、何度も椿山荘は登場してくる。
日本で最初にフランスパンを焼いた「関口フランスパン」もこの近くにある。


20061002224545.jpg





荒井由美(松任谷由美)の「海を見ていた午後」で、山手のドルフィンは♪・・・と出てきた時、私が真っ先に思い浮かべたのは、横浜でなくカテドラル教会近くのレストラン「ドルフィン」だった。


20061002224909.jpg


続きを読む

熱っ、辛っ、うまっ(コクリコ)

暑くて一晩中エアコン漬けのため、朝から鼻水が出て頭が痛い。
こんな時はパンチのあるもので体にカツを入れようと、思いついたのが護国寺にある洋食屋「コクリコ」だ。
20060627064356.jpg

20060627064343.jpg

お茶の水女子大と筑波大付属高という、カシコイ学校の間を通る坂道の入り口に店はある。
一見すると女性好みの軟弱な料理しか無いような、可愛い外観の店だ。
店内は女性客が大半で、料理を作っているのも接客も女性が中心になっている。
20060627064317.jpg

ほとんどの客はパスタやリゾットといった軟弱(失礼)な料理を食べているが、私の目的は別にある。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。