スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチはミルフィーユ(成蔵)






高田馬場で豚カツと言えば、駅前FIビルの「とん久」か、新目白通りの「とん太」が有名だ。
どちらもいかにも豚カツ屋っぽい店名だが、出てくる豚カツと接客はまったく対照的で、それぞれに多くのファンを抱えている。
昨年新たに参戦したのが、新大久保方向に坂を上がった場所にある「成蔵」だ。
ここも豚カツが美味いのは先の二店と同じだが、雰囲気と接客はまったく違う。
ロースやヒレの他に、牡蠣フライや海老フライも美味いので、全種制覇するまで時々訪れているのだ。
この日はまだ食べていない一品狙いで、開店時間に行ってみる。

nari001.jpg

nari003.jpg

nari002.jpg



地下への階段を降りて行く。
とんかつ屋とは思えない雰囲気の店内だ。

nari004.jpg

nari005.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

2年で急成長(成蔵)





2010年の10月に、高田馬場にできたばかりの豚カツ屋「成蔵」に行った。
19時に入店してから串揚げのコースを食べ、日本酒を飲んで3時間ほど滞在した間に、他の客は誰も来なかった。


cca.jpg





貸切状態だったので、イケメン店主といろいろ話し、その後ランチに何回か豚カツを食べに行った。
ランチタイムでも当初は空いており、かなり心配したのだが・・・・・


ed6.jpg





続きを読む

東京一のとんかつ(成蔵)




高田馬場駅前にそびえるBIG BOX横の坂を上がると、小さな雑居ビルの地下にとんかつ「成蔵」がある。
最初に成蔵を訪れたのは2年前の夜で、その時はとんかつを食べずに、貸切状態で串揚げを楽しんだ。
その後何回かランチタイムに、ロースかつ、牡蠣フライ、海老フライなどを食べたが、行くたびに客が増えているのを感じた。
そして最近、成蔵の爽やかイケメン店主が、「食べログで東京第一位になりました」とつぶやいた。
これではますます入りにくくなるなと思い、ランチタイムのピークを避けて食べに行く。


n2563631.jpg




テーブル席はぎっしり満席で、先客が出たばかりのカウンターに座る。
なにしろ食べログに登録されている東京のとんかつ店は、1423店舗もあって、その中で第一位なのだからすごい。
食べログの功罪はいろいろあるだろうが、ともかく一位はめでたいことだ。


n2563635.jpg


n2563640.jpg



続きを読む

目白のレッドクリフ(志むら)




目白駅近くに昭和20年から店を構える、和菓子の志むら。
九十九餅や福もちが人気だ。
ご近所に大型和菓子店の寛永堂ができたが、志むら人気は不動のように見える。


t11932.jpg






まったく以前と変わらないようだけれど、よく見ると店頭のサンプルが新しくなっていた。
以前は色褪せてショボかったカキ氷の見本
実物の方が100倍ステキだという、珍しいサンプルだった。
ところが、リニューアルされた生イチゴの見本は大迫力だ。



t11927.jpg



もう少し暑くなったら、巨大な赤い絶壁に挑もうと思っているのだ。




雨の日本橋で昼酒少し(蛇の市本店)





だんだん歳を取ってくると、肌から潤いが消えてくる。
冬場は乾燥しているので、洗顔や入浴後にローションで顔を引き締めて、あれこれペタペタ塗らないと、肌がカサカサしてくる。
この日は久しぶりの雨だったので、外出は面倒だけれど、オジサンの肌には嬉しい湿度だ。
午前中に日本橋で打ち合わせを終え、ランチを食べに三越前まで歩く。
四半世紀以上前に食べたことがある老舗が、今も何軒か健在なのを見つけて嬉しくなる。
魅力的な店を振り切って、蛇の市本店の暖簾を潜る。


ja001.jpg




ここも明治創業で、志賀直哉が名付け親だと言う老舗だ。
現在は四代目と五代目の夫婦が、揃って店に出ている。
ひょんなことから五代目夫婦が練馬区住民だとわかり、なんとなく親しみが湧いている寿司屋なのだ。



続きを読む

しみじみ美味い(秀永)

アヂー

と心の中で嘆きながら、冷し中華を食べに高田馬場の「秀永」に行く。
日本人なら絶対に美味いと思う、郷愁漂う味の中華料理が食べられる店だ。
昼のピーク時間を外して来たのに、店内はほぼ満席だった。


se01.jpg



冷し中華に決めていたのに、相席になった女性が食べているのを見ると、錦糸卵、胡瓜、蟹かま、くらげと、ありふれたビジュアルだ。
結局ここに来ると毎回頼んでしまう白果鶏飯(とりめし)、中華飯、ほんこん飯の三者択一になる。
しばし悩んだ末に、とりめしとワンタンのセットをオーダーした。



200円ほどプラスするだけのワンタンは、肉がぎっしり入って大振りで、チュルチュルの食感も嬉しい。


se03.jpg


続きを読む

カフェひつまぶし(SOiL)

カフェでランチなどオジサンには似合わないが、目白の「SOIL」には和食系があると聞いて行ってみる。
奥まった場所にあるので、通りからは存在がわからない。

so1.jpg

so2.jpg

so3.jpg


ビールを飲みながらメニューを見る。
夜なら普通だが、グラスのランチビールが500円はビミョーな価格だ。
300円だったら嬉しかった。

so4.jpg

続きを読む

炎暑にコレ(えぞ菊)

えぞ冷0001


酸味があるスープに、冷たく締まった太目の麺。
プチトマト、もやし、きゅうり、わかめ、コーン、煮豚、煮卵、紅生姜と具沢山だ。
ポットに入った胡麻だれをかけ回し、辛子をたっぷり添えて食べ進む。



美味い。

続きを読む

米とチーズで

酔っ払って帰宅し、一切れだけ残っていたロールケーキを食べる。


ロール地下0001


お、チーズ味だな。
結構美味い。


どこで買ったのか妻に聞くと、娘が買ってきたので知らないと言う。
パッケージは捨てちゃったって。
娘に聞くと、池袋のエチカで、行列に釣られて買ったらしい。


どうやらビアードパパ系列のTio GLUTON(ティオグラトン)という店のようだ。
生地は米粉と蜂蜜で、クリームはチーズとケフィアで出来ているらしい。
美味くて体に良さそうだから、オジサンにもうれしいのだ。

副都心線に乗って(礼華&しをり)

副都心線が開通したので、中華料理の名店が点在する新宿三丁目が近くなったから、毎月一回ペースで中華ランチを食べに行っている。
北京ダックで有名な「全聚徳」、湖南料理の「雪園」、安くて美味い「随園別館」、上野から進出した「古月」と、だんだん新宿御苑近くまで食べ進んできた。
この日はいよいよ人気店の「礼華」を訪れる。
開店時間の11時半ジャストに行くと、すでに並んでいた客が店内に案内されていた。
礼外0001


道路の向こう側は新宿御苑だから、この通りの店はどこも御苑側に大きな窓を設けたり、テラス席を用意したりして、ロケーションを生かしている。
礼テラス0001


平日のランチセットは三種類で、麺類は多数用意されている。
予約すればコース料理も可能だ。
この日は1,000円の黒酢酢豚と、1,500円の海老チリを頼んだ。
海老チリにだけ杏仁豆腐が付いているので、黒酢にもプラス300円で追加しておく。
礼セット0001

どちらのセットにもコーンスープ、ザーサイ、シュウマイ、お替り可能なご飯が付く。
ザーサイは普通だったが、それ以外の料理はかなり美味い。
礼酢豚0003

礼海老0002


杏仁豆腐も評判通りにレベルが高い。
礼杏仁0002

12時前にはかなりの待ち客が出始めた。
隣席の客が頼んでいた、もう一種類の定食イカとセロリの炒め物も美味そうだった。
次回は人数を増やして食べに来たいと思うのだ。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。