スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもと違う風景(KAGURAZAKA STAGIONE)

一年半ほど前に、神楽坂の路地裏にある老舗おにぎり屋「わかまつ」が、火事で焼けてしまった。
その隣りにあった「馳走 紺屋」も延焼し、一帯はやがて更地になり、しばらくするとビル工事が始まった。
その馳走紺屋から、8月より再オープンするとの案内が届いていたので、先夜「華もだん」で飲んだ後、二軒目に移動する途中で様子を見に行く。
エノ夜門0001

エノ夜池0001


路地裏の雰囲気を壊さぬように、黒塀で囲み、門や池を配して、上手く建てられている。
5階建てのビルの一階に馳走紺屋が入り、3階が焼肉屋、5階がイタリアンになっているようだ。
エノ夜看板0002


5階のEnoteca Pizzeria Kagurazaka Stagione(長っ)にはテラス席があるようなので、天気がいい日にランチを食べに行こうと思う。
が、暑すぎたり、雨だったりが続き、やっと絶好のテラスランチ日和になったので、さっそくエレベーターで5階に上がる。
エノ入口0003

エノ窯0006

薪窯でピザを焼く匂いがほのかに漂い、食欲中枢が刺激される。
目的のテラス席に案内してもらった。
エノテラス0002


テラス席の横に階段がある。
外に他の客は誰も居ないので、屋上席も見学させてもらった。
エノ屋上0007

神楽坂で食事したり飲む時は、なるべく一軒家の個人店を選んでいるので、景色を気にしたことがない。
初めてビルの上から見る神楽坂は新鮮だ。
エノ外10004

エノ外20006

エノテラス上0003


続きを読む

スポンサーサイト

和服もいいけど(華もだん)

酒のつまみが美味くて、日本酒の品揃えがいい店なら結構あるはずだが、値段がそこそこ安くて和服の美人女将が加わるとなると、ほとんどお目にかかれない。
そんな貴重な店の「華もだん」が、ランチを始めると言う。
食べることは二の次で、女将の洋服姿を見に行った。
華カーヴァンソン0001

隣りは大人気のケーキ屋K-ViNCENT(カーヴァンソン)だが、ゴールデンウィークの振り替えで10日間も休んでいる。
華告知0003

ランチタイムは日替わりで限定20食だと聞き、無くなると困るから、開店時間に突入した。
この日はチキンカレーだ。
千円ジャストでサラダ、スープ、デザートが付いている。
華サラダ0002

華スープ0003

華カレー0001

デザートは女将が作ったらしい梅酒のグラニテだ。
華デザート0002


続きを読む

桜が散って

赤城神社の社務所の二階に、二年間の期間限定でオープンした赤城カフェ。
先月末で閉店すると聞き、名残を惜しむコーヒーを飲んだ。
いつもより桜の開花が早かった今年は、4月になった途端に花が散り始めて少しさびしい。

赤城本殿0002


赤城水0003


赤城散る0001



予告通りに赤城カフェも撤収が始まっていた。

赤城遠景0004


赤城カフェ0001


この場所にマンションが建つという噂も聞いた。
高台だから住む人にとっては絶景だろうが、訪れる人や周辺住民にとっては風情が失われて悲しいのだ。

ラスト二週間(Akagi Cafe)

芝蘭で麻婆豆腐を食べた口をさっぱりさせるため、地下鉄神楽坂駅の裏にある赤城神社の境内に向かう。

赤城遠景0009



ここの社務所の二階にあるAkagi Cafeは、オープン当初から二年間限定と言っていたが、その期限が今月末なのだ。

赤城入り口0008



神社とカフェの組み合わせという意外性と、オープンテラスが気に入って、何回か利用していたので、寛ぎスポットが無くなるのが名残惜しい。
春の日差しが暖かい日なので、テラス席で冷たいものでも飲みたいところだが、花粉症の私は室内に逃げ込む。

赤城テラス0002



あと二週間かと思いながら外を見ると、境内の樹を切り倒しているのが見える。
変な建物が建たなければいいのだが。

赤城コーヒー0007


「Akagi Cafe」 新宿区赤城元町2-15

出世頭(芝蘭)

石神井公園よりさらに地味な東上線の下赤塚に、「芝蘭」という四川料理店がある。
店主は陳健一の四川飯店で修行しただけあって、麻婆豆腐が美味いと評判になり、銀座にまで進出を果たした店だ。
東上線なら人気店かもしれないが、いきなり激戦地の銀座に出て大丈夫かなと思っていたら、こんどは神楽坂にまで支店を出してきた。
芝看板0005

芝階段0001

階下には勢いがある居酒屋SHUNグループの「KAMIKURA」セカンド店と、同じグループの蕎麦居酒屋もオープンしている。
建物は昨年火事があった路地にあり、黒板塀で囲われて周囲に溶け込む造りになっている。
さらにもう一つ建物が完成間近なので、神楽坂の変貌振りには追いついていけないほどだ。
この街には比較的中華料理店が少ないので、芝蘭の出店はいい狙いかもしれない。
芝店内0003

11時半を少し過ぎた時間に入店すると、すでに客席は半分ほど埋まっている。

続きを読む

銘菓で静岡茶

神楽坂で仕事をしているカフェマニア女性に聞いた、看板の無い店でお茶とおやつの時間にする。
古びたアパートの普通の部屋を最小限に改装しただけの、静かで落ち着く空間だ。
定員は五人で目一杯だろう。
茶湯のみ0001

茶押入れ0007

コーヒーも紅茶も無く、飲み物は静岡茶だけだ。
和服の店主が一煎目を入れた後は、ポットのお湯を注ぎ足して自分たちで楽しむ。
茶店主0006

茶一煎0004

茶テーブル0003


続きを読む

後ろが無粋(中村屋)

筑土八幡町の消防署近くにあった蕎麦屋が、神楽坂の真っ只中に移転してきた。
石畳の路地を通り抜け、裏道から店に向かう。
中村石畳0003

以前の場所は大久保通りに面して、少々味気ない雰囲気だったが、こんどは人気の和カフェ「神楽坂茶寮」の前なので、なかなかいい立地だ。
中村茶寮0005

以前は我善坊という洋食屋だったが、すっかり雰囲気が変わっている。
中村外観0001

しかし石畳の路地と古い日本家屋の町に、後ろの高層マンションはなんとも無粋だ。
隣りの敷地も工事中なので、さらに無粋な建物ができないことを祈るばかりだ。

続きを読む

おっぱいちゃん














見たい?
















本当に見たい?















どーしても見たい?













続きを読む

また一軒(Sopra Acqua)

文京区の実家から歩いて行ける場所だったので、神楽坂には半世紀近く通っているから、なんとなく思い入れがある街だ。
10年ほど前までは大きな変化は無かったように思うが、最近の変貌振りには追いついていけないほどだ。
何も無かった路地裏にまで新しい店ができているし、神楽坂の範囲も拡大している。

先日また一軒、イタリア国旗を掲げるリストランテがオープンした。
ソフラ外観0004

古くからあるような外観だが、Sopra Acqua(ソプラ・アクア)はバリバリのニューフェースだ。
ソフラ看板0006

店内も古くからある店のように、上手く工夫して作られている。
写真には写っていないが、壁面に「真実の口」まで付いているのは微妙なセンスだ。
窓には和風な桟がはめ込まれて、いかにも神楽坂らしくていい。
ソフラ店内0005


続きを読む

場所柄(蕎麦カフェSANESUKE)

いまだに観光客が多い神楽坂も、神田川方向に少し坂を下っただけで、働く人だけの町になる。
小さな印刷や製本の会社がひしめき合って、道路にはフォークリフトが走り回っている。
蕎麦リフト0001

そんな下町の真っ只中に、蕎麦カフェSANESUKEなんて場違いな名前の店ができていた。
蕎麦看板0004

ここら辺で気取った蕎麦屋をやってもダメだぜと思ったら、メニューはしっかり土地柄に対応していた。
蕎麦黒板0001

蕎麦に加えてうどんもあるし、丼物もセットも揃えている。
キーマカレーがあったり、食後にコーヒーが飲めるあたりにコダワリも見えて、なんとなく良さそうな店なのだ。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。