スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始末に困る峠の釜めし(おぎのや)

何か買わなければ気がすまない女性陣を連れて、プリンスのアウトレットに立ち寄り、またしても紙袋を積んで高速に乗る。
疲れ果てて家に帰ってから食事を作るのも大変なので、横川サービスエリアの「おぎのや」で釜飯を買うことにした。
長野新幹線が通って駅売りが無くなり、上信越自動車道が出来て碓氷峠のドライブインが寂れても、「おぎのや」は健在だった。
上りのサービスエリアで、ダントツに客が群がっているのは釜飯のコーナーだけだ。
20060814172415.jpg

20060814172428.jpg

20060814172439.jpg


釜飯の具には特に高価なものが入っているわけでもなく、原価の半分ほどは器代と思えるほどだが、杏が入っているのが好きなのだ。
この杏を最初にフタによけておき、釜飯を食べ終わってからのお楽しみにする。
この釜はだいたいの家庭に置いてあるはずで、使い道を思いつかないのだが、なんとなく捨てられなくて場所塞ぎになっている。
行きつけの練馬にある蕎麦屋「法師人」では、駐車場脇の喫煙場所で、これが灰皿になって第二の人生を送っている。
フタ付きだから屋外に置いても具合がいいのだろう。

「おぎのや」 上信越自動車道 横川サービスエリア上り

スポンサーサイト

軽井沢土産は地元のスーパーで(TSURUYA)

別荘地の「en boca」でピザを食べた後、バイパスに戻って、自宅用と土産を買いに、近くのスーパー「ツルヤ」に行く。
この店は別荘族の多くが去る冬場には、ショボイ品揃えになるが、夏場の今はいかにも東京あたりから来た客が好みそうな、地場の野菜や酪農品、果実を使ったジャムや菓子が多く並ぶので、他県ナンバーで駐車場が満杯だ。

20060814172605.jpg


20060814172615.jpg



よせばいいのに朝採りのレタスが美味そうだと、カートに入れる妻を止め、保存のきくブルーベリーのシロップ漬けや、信州りんごのジャムを大量に買い込む。
ヨーグルトにかけると簡単な朝食になるし、もちろん美味いので、人にあげても好評なのだ。

20060814172630.jpg


続きを読む

絶品の薪窯ピザ(en boca)

今日の昼食は、予約しないと食べられない絶品の薪窯ピザ。
軽井沢バイパスの南原交差点を入り、有名店の「エルミタージュ・タムラ」の横を通り過ぎ、突き当りの駐車場に車を入れる。
この店「en boca(エンボカ)」は、駐車場のキャパ8台分で予約を打ち切るシステムで、手前の有名店の駐車場に入れたり、敷地内で切り返す車が多いために取られた措置のようだ。

20060320221114.jpg



東京在住の建築家夫婦が、休日に軽井沢で作っていた生ハムや燻製の評判が高く、ついには別荘を店にしてしまったという。
昼でも涼しい風が渡る、木々の間を抜けて店に入る。

20060320221132.jpg


20060320221242.jpg



入り口脇の小さな薪窯はすでにフル回転で、満席の客にピザを供給している。
手作りの窯は、ガウディ風でなんだか可愛い。

20060320221448.jpg


続きを読む

熱帯夜を逃れて生き返る(軽井沢)

一仕事終えてから東京を発ったので、友人夫婦の待つ軽井沢の別荘に到着したのは、夕食が終わった後だった。
こちらも昼間は暑かったようだが、夜は心地よい気温なので、デッキに蚊取り線香を焚いて深夜まで酒を飲む。
歳のせいか早朝に目覚め、コンビニまで車で行って新聞を買ってくる。
鳥の声と窓一面の緑と、爽やかな気候で、短時間の睡眠でもすっかり生き返った気がする。
20060813135500.jpg

20060813135512.jpg

20060813135446.jpg

コーヒーを淹れてもらい、誰も居ないリビングで新聞を読む。
20060813135525.jpg

20060813135542.jpg

20060813135553.jpg

片道数千円かかる高速代が海外並みにフリーになり、ますます値上げになったガソリン代が安くなり、そしてなんと言っても渋滞さえ無くなれば、毎週のように軽井沢に涼みに来たいものだ。

軽井沢土産はここで買う(VERY&BERRY)

世界中にアウトレットは数あれど、駅直結は軽井沢プリンス・ショッピング・プラザだけではないだろうか。
長野新幹線で東京から1時間半ほどで到着し、着いた直後から買い物できるから、旧軽が寂れて、レイクニュータウンの三越も撤退するわけだ。
ここにはアウトレットの常連店も数多いが、軽井沢ならではの店も何店かテナントになっており、自分の物だけでなく土産品まで調達できてしまう。
高速道のサービスエリアのような店もあって、試食コーナーに人だかりができているのは観光地ならではの風景だ。
私が土産品を調達するのは、色々なベリーのスィーツやジャムを、カッコイイ容器やラッピングで売る「ヴェリィ・ベリー」だ。
20050725062133.jpg

天気のいい日はここでバカウマのスムージーを買って、芝生の上で休憩するのもいい。

続きを読む

プリンス通りでカレーとコーヒー(プリンスカレーハウス)

この日は軽井沢観光の定番コース、プリンスショッピングプラザ(アウトレット)に出撃する。
20060814172933.jpg

20060814172944.jpg

最近は旧軽がすっかり寂れて、人の波がこちらに集中しているようだ。
あちこち歩いて疲れてきたし、座って一服したいのだが、どの店も混んでいるので、プリンス通りに面したプリンスパーラーに向かう。
隣にあるカレーハウスを見ると、席間が広く気持ち良さそうだし、飲み物も飲めるので木陰に移動した。
20050724215830.jpg

20060814173000.jpg

こんなとこにと思うような店にも待ち客が居たが、こちらは比較的空いている穴場なので、300円のコーヒーを飲んでいるうちに、カレーまで食べたくなって、つい1,000円のキーマカレーをオーダー。
アウトレットを離れれば色々美味い店があるし、駅の向こう側の「弦庵」という蕎麦屋もいいのだが、やっと並んで停めた駐車場に行くのが面倒だから仕方ない。
涼しい気候なので、熱々のナンとカレーが妙に美味かった。
20060814173011.jpg


「プリンスカレーハウス」 軽井沢プリンス ショッピングプラザ 24番
0267-42-5211

ビミョーな夕食(エクシブ軽井沢 花木鳥)

ハイシーズンでエクシブ軽井沢は全館満室のため、フレンチ、イタリアン、中華は予約が埋まっており、選択の余地無く創作和食コースが夕食となった。
宿泊場所からは、カートに乗って本館のエクシブ2階「花木鳥」へ向かう。
本日3回目のビールで乾杯し、品書きを見ながら料理を待つ。
20060813114350.jpg

前菜の鮎棒寿司、蟹酢などが出て、海鮮サラダが続く。
創作と名が付いたので、いやな予感がしていたが、サラダは一歩間違えると居酒屋料理だ。
20060813114640.jpg

20060813114657.jpg

冬瓜と湯葉に海老そぼろの冷やし鉢が出たので、地元の酒蔵が造っている、花木鳥ブランドの冷酒に切り替える。
20060813114828.jpg

20060813114807.jpg

メインはテーブルの陶板で焼く和牛と、地野菜の隠元やエリンギ。
20060813114744.jpg

おそらく満席の客を3回転させるはずで、かなりハイピッチで料理が供されるから、ゆったり酒を飲む雰囲気でもない。
少々あわただしいが、どの従業員の対応もいいので、特にストレスは感じない。
鱧と鴨つくねの揚げ物が出て、食事は雑魚ご飯か信州蕎麦の選択となる。
20060813114820.jpg

20060813114756.jpg

茸ぶっかけ蕎麦のお替りまでもらって、水羊羹、葛きり、フルーツ盛り合わせの夏らしいデザートを食べたら、かなり満腹になった。
20060813114842.jpg

日本とは思えないような宿泊施設だが、食事はやっぱりモロ日本的なのだった。

「エクシブ軽井沢 花木鳥」 軽井沢町追分東かじか沢23-1
喫煙席あり

雑踏から聖域へ移動(エクシブ軽井沢 サンクチュアリ・ヴィラ)

気温15度のグリーンから、本日の宿泊場所であるエクシブのサンクチュアリ・ヴィラに移動する。
夕暮れの軽井沢渋滞が始まって、10kmほどの距離を30分以上かけて到着する。
20060813121943.jpg

20060813122001.jpg

混雑と渋滞から一転して、鳥の声が聞こえる南欧風のアプローチを通って、最近出来たヴィラの玄関に車を着ける。
20060813121908.jpg

20060813121922.jpg

重厚な扉からロビーに入り、暖炉脇でウェルカムドリンクの葡萄ジュースを飲みながらチェックインする。
部屋用の酒がたっぷり入ったアイスボックスまで持ち込んだので、荷物から開放されてホッっと一息ついた。
20060813122156.jpg

20060813122210.jpg


続きを読む

これっきり♪これっきり♪これっ霧ですか?

前夜は神楽坂まつりで阿波踊り&酒を堪能し、早く寝ればいいのに習慣となったブログをしたため、ウダウダしてほとんど寝ずに軽井沢へ。
20050724211901.jpg

練馬区に住む数少ないメリットの一つは、関越道に近いので、軽井沢まで1時間半ほどで到着することだ。
20050724212535.jpg

20050724212605.jpg

なんだか妙に寒いと思ったら、気温が15度だから前夜の酒もすっかり醒めてくる。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。