スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べるだけ(basara茶屋)

20070826183321.jpg

20070826183334.jpg

20070826183424.jpg

愛鷹山に隠れて富士は見えないが、標高が高いので沼津と駿河湾を見下ろすゴルフ場で軽く半分回り、三時のオヤツを食べにクレマチスの丘に行く。
20070826183521.jpg

20070826183534.jpg

この一帯にはヴァンジ彫刻美術館、ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館などが点在しているが、マンジャペッシェとbasaraにしか行ったことがない。
今回もbasara茶屋でオヤツを食べるだけだ。
20070826183804.jpg

20070826183725.jpg

20070826183739.jpg


続きを読む

スポンサーサイト

和洋折衷な夜(淡島ホテル)

日本中が浮かれていたバブル時代を、時々懐かしく思い出す今日このごろ。
破綻した東京相和銀行のオーナーが、バブル時代に建てた淡島ホテルは、系列の長泉山荘、富士エースゴルフ倶楽部と共に、今では別会社で地道に運営されているようだ。
そんな淡島ホテルから、クラシックコンサートとパーティーの案内が来た。
もちろん何の意味も無く招待される訳もなく、コンドミニアムを長泉に建てるから見学して買ってね、というのがパーティーの主旨だ。
老後はハワイが目標の我々としては、静岡県の長泉町に永住タイプのコンドミニアムを買う気も金も無いが、どんなもんかと招待に応じてみた。
20070826103004.jpg

20070826115016.jpg

20070826115028.jpg

あいにくの曇天で、富士山が見えたり見えなかったりビミョーだ。
20070826103600.jpg

20070826103614.jpg

他の客は三島駅から送迎バスでやってくるので、我々は部屋でシャワーを浴び、テラスで本を読みながらビールを飲んで待つ。
20070826103827.jpg

20070826103842.jpg

20070826103858.jpg

コンサートの後は一階のイタリアンレストランに移動し、まだ明るいうちからビュッフェ形式の食事だ。
20070826104137.jpg

20070826104159.jpg

20070826104221.jpg

20070826104242.jpg

最初は洋ものを中心に選んで、白と赤のワインを飲む。
20070826104436.jpg

20070826104449.jpg

20070826104728.jpg

20070826104525.jpg



続きを読む

入島準備(フードストアAoki)

当夜の宿は駿河湾の淡島ホテルなので、一度チェックインしたらコンビニなど無いから忘れ物がこわい。
もちろんルームサービスはあるが、島価格なので恐ろしい。
そんな訳で、必ずスーパーに立ち寄ってビールやつまみや、思い出した物を買うことにしている。
20070826112614.jpg

河津に本店があり、静岡県内のあちこちで見かけるフードストアAokiに行く。
なぜかアーバンドック豊洲にも支店があるAokiは、地場の酒や輸入食品の美味そうなのが揃っているから、見るだけでも楽しいのだ。
20070826112931.jpg

缶ビールの6缶パックをカートに入れ、日本酒はあれこれ悩んで静岡の地酒「開運」を選ぶ。
20070826113135.jpg

20070826113152.jpg

20070826113204.jpg

さらにチーズ、フルーツ、ナッツなども買い込む。
結局食べきれずに持ち帰ることが多いのだが、買うだけで安心する我々なのだ。

「フードストアAoki」 沼津市大岡1956-12

ひねもすゆるい(ひねもすcafe)

ゆるーい生活を送る夫婦が、一日に二度も行ってしまったカフェが沼津にあるという。
清水町で鰻を食べた後、「ひねもすcafe」で食後の一服をすることにした。
いつも立ち寄るカフェ「THE BLUE WATER」から50mほどの至近距離だ。
20070826081019.jpg

20070826081037.jpg

20070826081052.jpg

20070826081106.jpg

古い蔵を改装したカフェは、若い女性たちだけで運営しているようだ。
20070826081120.jpg

20070826081136.jpg

看板犬に迎えられて、二階の席に上がる。
20070826081504.jpg

20070826081443.jpg

テーブル、ソファー、ちゃぶ台など、どれも粗大ごみを拾ってきたようで(失礼)不揃いだが、全体として妙な統一感があって落ち着ける。
20070826081625.jpg

20070826082203.jpg

20070826081653.jpg


続きを読む

なに丼!?(うな繁)





駿河ドーン!!!









20070826063024.jpg





大盛りの丼ご飯に鰻、桜海老の唐揚げ、白身魚の天ぷらが乗り、大量の青葱がコレデモカッと覆っている駿河丼。
20070826063035.jpg


最初に鰻半分ほどで普通の鰻丼を楽しみ、後は敷き詰められた海苔、ご飯、桜海老、天ぷら、青葱などを下から返して混ぜて食べる。
ビジュアルは美しくないが、大量の青葱効果で、コッテリしながらもさっぱり食える。


続きを読む

さすがチャンピオン(パティスリー ナチュレナチュール)

飲み会真っ盛りの12月中旬に、珍しく風邪をひいて寄り道せずに帰宅した。
何気なく見たTVチャンピオン2という番組で、ケーキ職人選手権をやっている。
リーガロイヤルホテルとかデカダンス・ドゥ・ショコラとか、名の知れた店を抑えてチャンピオンになったのは、静岡県清水町にある「ナチュレナチュール」という無名店のパティシエだった。
清水町は年末旅行で行く沼津の隣町なので、しっかり住所と電話番号を携帯に入力しておいたのだ。

旅行の最終日に、ケーキを東京まで持ち帰ることにした。
干物用にクーラーボックスを持参しているし、真冬だから大丈夫だろう。
富士山が間近に見える何も無い田舎町に、忽然とカッコイイ店舗が現れた。

ナチュール外観0006

ナチュールロゴ0005

ナチュール看板0003


ガーデニングショップやベーカリーがある複合施設の一角だ。
ある程度の混雑は覚悟していたが、予想していた以上に、店内には大行列ができている。

20070102184602.jpg


20070102184547.jpg



手頃な値段の美味そうなケーキが並んでおり、次々に売切れていくので焦る。
まだ20代のイケメンパティシエ吉田くんの姿も見えた。

20070102184645.jpg


20070102184616.jpg


続きを読む

干物の条件(鳥沢商店)

淡島ホテルのベルボーイくんから教えてもらった、内浦漁港にある「鳥沢商店」の干物が気に入っている。
市販されている干物の大半は機械干しらしいのだが、昔ながらの天日干しで作っているここのは目からウロコの美味さだ。
漁港の目の前なので新鮮な魚介を使っているし、駿河湾の海風と伊豆の太陽がいい効果を出しているようだ。
それに沼津の水道水は、名水と言われる柿田川の湧水を引いているらしいから、美味い条件が揃っているのだ。


20070102172230.jpg




以前は干物の奥和がやっている「和助」に立ち寄るのが恒例だった。
シャレた店舗でキレイなオネーサンを何人も使っているので、コストが価格に反映されて美味いが高かった。
その点こちらの鳥沢商店は、店舗に金はかかっていないし、製造に携わるオジサンオバサンが販売員も兼ねているから、かなり安くて嬉しいのだ。


20070102172946.jpg


20070102173036.jpg


20070102173056.jpg


冷凍されている鯵、金目、スルメイカを買う。
外に干してある鯖の醤油漬けは、まだ干し上がっていないので買うのを断念した。

続きを読む

朝飯前(淡島ホテル 櫂)

歳取るにつれ早寝早起きになってきた私と、相変わらず遅寝遅起きの妻とは、丸っきり生活パターンがすれ違いだ。
この日も私は夜明けと共に起きだして、刻々と変わっていく富士山を眺める。
20070101234108.jpg

20070101234309.jpg

朝飯までは時間がたっぷりあるので、露天風呂に入ったり外を散歩したりする。
20070101234158.jpg

20070101234252.jpg

それでもまだ時間があるので、館内のあちこちに展示されている絵や彫刻を鑑賞する。
バブル時代にできた淡島ホテルには、当時のオーナーが世界中からかき集めた作品が多く残されているのだ。
20070101235654.jpg

20070101235640.jpg

20070101235603.jpg

20070101235533.jpg

20070101235400.jpg

20070101235412.jpg

20070101235628.jpg

20070101235425.jpg

20070101235519.jpg

20070101235615.jpg

20070101235715.jpg


続きを読む

島ご飯(淡島ホテル ISLAND)

一泊とは思えない大荷物を持って、淡島ホテルにチェックインする。
なにしろ駿河湾に浮かぶ淡島は無人島だし、ディナーはドレスコードがあるので、部屋飲み用の酒やつまみに、ジャケットだとか靴だとか、荷物がどんどん増えてしまうのだ。
20070101212438.jpg

20070101212545.jpg

さっそく部屋に入って荷物を解く。
20070101212703.jpg

20070101212719.jpg

20070101212810.jpg

20070101212824.jpg

ベッドでゴロリとしたい気持ちもあるが、入浴して夕食用の服に着替える。
20070101212749.jpg

20070101212736.jpg

20070101213055.jpg

20070101213041.jpg


続きを読む

デカウマ!(THE BLUE WATER)

熱海から熱函道路を通って沼津に移動する。
当夜の宿は無人島の淡島にあるので、一旦チェックインしたら買い物に出られない。
島に入る前に沼津で買い物を済ませ、狩野川沿いにあるカフェ「ブルーウォーター」で一服することにした。
20070101203946.jpg

ここは洋服や雑貨のショップが併設された沼津の人気スポットで、広い駐車場があるから、旅の行き帰りに立ち寄るのに便利だ。
20070101204310.jpg

20070101204327.jpg

20070101204252.jpg

夏場なら川に面したテラス席で寛ぎたいところだ。
20070101204549.jpg

20070101204601.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。