スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝が勝負(まちだ本社工場)

青梅市在住の方から、「繭蔵の近くに和菓子工場の直売店がある」と聞いた。
直売とかアウトレットとか数量限定とか半額とかのフレーズに弱いので、さっそく探検しに行く。
ランチを食べた後に行ったので、時刻は14時過ぎだ。

md1.jpg



和菓子の「まちだ」は、青梅周辺のあちこちで見かけるが、一度も入ったことは無い。
その工場と直売店は、青梅駅と東青梅駅の中間辺りにひっそりと在った。

md3.jpg

md2.jpg



さっそく店内に入る。

md5.jpg

md4.jpg

md7.jpg



特売品が満載なのかと勝手に思っていたが、いたって普通の価格で売っているようだ。
唯一のアウトレット品は餡パンだった。

md6.jpg


続きを読む

スポンサーサイト

普通

なか外0002

なか中0001

なか寿司0003

なか汁0001

特にコメントを書けない日もあるさ。

昭和への扉

赤塚不二夫会館の隣に、昭和レトロ商品博物館がある。
赤塚レトロ0016

ここに併設されている喫茶店「となりのレトロ」で一服しようと思ったら満席だった。
ここと青梅街道を挟んで対面にある「たばこ屋 木古里」も、レトロな雰囲気で作られた喫茶店で、こちらには空席が見えたのだが、別の店に行ってみることにした。
本物のレトロな町並みを、青梅鉄道公園方面に坂を上がっていく。
赤塚案内0019

切通しになった青梅線をまたぐ橋の袂に、昭和初期の建物を利用した喫茶店があるのだ。
夏外0011

子供が小さい頃は、新幹線の車両が置いてある鉄道公園に何回か行った。
その帰り道に「夏への扉」で休んだことがある。
10数年前にはまだキレイだった看板は、すっかり店名が判別しにくいほど古ぼけている。
夏看板0005

続きを読む

合掌

みなさん、こにゃにゃちは



青梅で蕎麦を食べたので、赤塚不二夫会館にも行ってみたのだ。





赤塚外0017



チケット売場に行列ができているのだ。
すごいのだ。



赤塚新聞0018



奥さんは400円なら見ないと言うので、写真だけ撮ったのだ。
これでいいのだ。



赤塚パパ0007

赤塚タイル0001



「シェーのポーズやってみて」と奥さんが言うのだ。




赤塚イヤミ0006



恥ずかしくてミーはできないザンス。


続きを読む

裏宿で蕎麦(わせいろう)




お盆休みにほとんど予定が無い私と違い、妻は毎日夕方になると出かけて行く。
きっと近所の人からは、水商売系と思われているのではないかと思うほどだ。
遊びすぎで腰痛が再発したらしく、西多摩方面の鍼灸院に治療の予約を入れた。
送迎を兼ねてランチドライブすることにし、どこか美味そうな店を探そうとPCを立ち上げたら、青梅のHAYABUSAさんという方から、ブログにコメントが入っている。
以前行ったことがある、青梅の蕎麦屋「榎戸」の近くに、同業の店が新規開店したと言うのだ。
またもやナイスタイミン・グゥだ。
住所も電話番号も書いてなかったが、カンを頼りに旧青梅街道を走る。





見つけた!





せいろ幟0006



街道に「わせいろう」の看板と幟があったのでわかったが、店舗は蕎麦屋とは思えぬ洋風住宅だ。


せいろ外0003




数台停められる店舗前の駐車場は、すでに満車状態だ。
ぎりぎり隙間に停めて、店内に入る。


せいろストーブ0001


せいろ打ち0007




蕎麦打ちスペースを挟んで、右手が座敷、左手がテーブル席になっている。


せいろ窓0008



我々はテーブル席に案内された。


せいろテーブル0004

続きを読む

土日カフェ(YARD)

古い商店や民家が並び、昭和を強調した映画看板が、余計に郷愁を誘う青梅市。
青梅街道沿いに高い建物はほとんど見当たらない。
青梅看板30003

青梅看板10001

青梅看板20002

小さな公園の隣りにある「YARD」で一服する。
ヤード外0007

ガラスと鉄の工房が、土曜と日曜だけ開いているカフェだ。
ヤードベンチ0006

ヤード看板0009

ヤード飛行機0001


続きを読む

味の記憶

訳あって徹夜した後に、所用で青梅市まで出かける。
妻は逆方向の神奈川に出かける用事があると言うので、仕方なしに一人で出かけた。
河辺駅の近くで所用を済ませ、車を駐車場に置いたまま、ガツンと美味いハンバーグを食べに行く。
途中に洒落たレストランを発見し、近づいて見たら、美容院だったよ。

ガンバ美容院0001


だいぶ思考力と判断力が低下しているようだ。
目的の店「チャコ・グリル」は、俵型のハンバーグを何種類もあるソースで食べさせる店だ。

ガンバチャコ0002



青梅市総合体育館の正面にある。

ガンバ体育館外0005



そういえば体育館の中に、「ガンバ!ガンバ!!」という店があったはずだと思い出す。
何年か前まで青梅市に、「ラ・マーレ」というフランス料理店と、「Est! Est!! Est!!!」というイタリア料理店があった。
どちらの店にも共通していたのは、安い値段でそこそこ美味く、豊富なメニューから自由に組み合わせできるセットがあり、焼き立てのパンが食べ放題だったことだ。
このレストランが青梅市の入札を通って、体育館に支店を出したと聞いた途端、何かの理由で倒産してしまったらしく、どこも別経営の中華料理店に代わっている。

当然体育館の支店も消えたと思っていたら、よく立ち読みしているブログに2回登場したので、記憶にとどめておいたのだ。
急きょ体育館食堂を試してみることにした。

ガンバ看板0001


ガンバ入り口0006



入店した時には空席があったが、しばらくすると体育とまったく関係なさそうな主婦や、近隣の勤め人風の客が続々と入店してくる。

ガンバ店内0007



スポーツ界の重鎮や現役選手の色紙が、すごい勢いで貼ってある。

ガンバ阿部0001


ガンバサイン0001


続きを読む

青梅でたまひよ

多摩ドライブに出ると、帰りに必ず立ち寄る羽村市のスーパーFUKUSHIMAYAで、毎回青梅の地卵を買う。
川鍋養鶏場産のもみじ卵は、一箱900g入りで420円だが、土日は特売で340円になる。
最近この卵を上回る、750g480円の卵が置いてあった。
生産者の名前は、同じ青梅市にある「たまご倶楽部」と書いてある。
東青梅のパン屋「グート」の後に、たまご倶楽部の売店にも行ってみた。
卵外0003

卵テラス0007

なかなか可愛い店舗だ。
卵だけではなく、卵を使ったプリンや、卵かけご飯用の醤油なども売っている。
卵売り場0009

卵キッチン0006

1kg580円の卵を買う。
椎茸のほだ木を敷き詰めた鶏舎で、月水金はモーツァルトを、火木土日はバッハを聞かせて鶏を育てているらしい。
卵パンフ0008

1kgでだいたい15個ぐらいはある。
そこらのスーパーの特売品に比べれば高いが、真っ当に育てた鶏の卵が、一個40円ぐらいと考えれば妥当だ。
さっそくスキ焼きにして、クラシックを聴いた卵を食べてみる。
チラシに書いてあるように、まさに「こっくり味」で、かなり美味い。
妻がケーキにも使ったので、たちまち1kgが消費されたのだった。

「たまご倶楽部」 青梅市野上町3-24-3
0428-20-0120

デカプリンが(グート)

東青梅のハローワーク前にある一軒家のパン屋。
グート外観0001

グート黒板0005

昭和真っ只中の私は、品名も覚えられないようなイマドキのパンが苦手なのだ。
そうかといって、素朴すぎる店もオシャレ感に欠ける。
グート売り場0003

ここ「グート」は、メロンパンとかコロネとか惣菜パンとか、素朴なとこをしっかり揃え、ガーリックフランスとかベーコンエピとかツォップなんてのもある。
いいバランスだなあ。
グート窯0002


続きを読む

はねうさぎで3時のおやつ(ラパンアジル)

都内に住んでいると、日本中どころか世界中の美味いものを食べることができる。
インターネットでなんでもお取り寄せ可能だ。
しかし値段が安くて環境がいい店となると、めったにお目にかかれない。
ところが多摩ドライブに行くと、いい店に当たる確率が高くなるのだ。
もちろん観光客目当ての店は、ハズレが多いので近寄らず、地元客に愛されていそうな店をねらう。

羽村のイタリアン、青梅のパン屋と当たりが続いた後に、フランス菓子とカフェの「ラパン・アジル」に立ち寄った。
私とドライブに行くと、食べてばかりだからデブになりそうと言う、妻の発言は聞かなかったことにする。
ラパン外観0012

青梅の河辺駅に近い立地だが、まるで別荘地にあるような雰囲気の店だ。
道路の向こう側に団地があるが、敷地が広いから景色に影響はない。
エンジンを切ると、鳥の鳴き声が聞こえる。
広い駐車場には我々の車だけで、ママチャリが何台か停められている。
ラパンドア0010

店内でコーヒーとケーキを楽しむことにした。
ラパンケース0006

午後遅い時間なので、残っているのは10種類ほどだ。
私はフルーツがたくさん乗ったセゾン、栗好きの妻はマロンを選ぶ。
ラパンカウンター0005

ラパンメニュー0007


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。