スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸辣ヌキ湯麺(彩華房)

夏から秋冬にかけて、酸辣湯麺ばかり食べている。
ラーメン店情報はあふれているが、中華料理店情報はかなり少なく、酸辣湯麺情報となるとさらに少ない。
自分の足で探すしかないな。
青梅市と瑞穂町の境界あたりにある彩華房に行ってみた。

sai1.jpg

sai2.jpg

sai3.jpg


残念ながら酸辣湯麺は無かった。

sai4.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

秋のよろこび(石川酒造)

文久3年(1863年)から酒造りを始めた、福生の石川酒造に酒を買いに行く。
敷地内に蕎麦の「雑蔵」と、イタリアンつまみで地ビールが飲める「福生のビール小屋」があるので、いつでも混んでいる酒蔵だ。
石川案内0007

石川黒塀0010

石川上水0003

石川仕込0004

石川干す0006

石川通路0008


昼間から飲んでいる人たちを横目に見て、売店の「酒世羅」に入る。
石川雑蔵0009

石川ビール小屋0001

続きを読む

静寂の福生(田村酒造場)

多摩ドライブの帰り道に必ず立ち寄る、羽村市のスーパーFUKUSHIMAYAで地卵や肉やパンを買い、さらに自宅用の酒を調達しに福生に行く。
日の出町のイオンモールに、東京の地酒がほとんど置いてあることを知ったが、やはり蔵元に行って買う方が、断然気分がいい。
目的地は嘉泉の銘柄で知られる田村酒造場だ。
以前訪れた時に直売所が無いのはわかっていたが、万が一ということもある。
嘉塀0012

嘉蔵0015

まったく人の気配がないので、酒を買うことはできないだろう。
嘉駐車場0017

勝手に敷地内をぶらりと散策する。
嘉酒林0016

嘉桜0001

敷地内には玉川上水の分水が流れ、とても福生駅から徒歩10分程度とは思えない静寂の世界だ。
樹齢千年を越えるケヤキも敷地内にあると聞くから、なんともすごいじゃないか。
嘉庭0014

嘉川0013

売店や直売所を設けたらこの静寂を守ることは出来そうにないから、買いたかった気持ちを抑えて、福生市内の酒屋に向かうのだった。

「田村酒造場」 福生市福生626


すげー悩む(佐助)

瑞穂町で卵を買い、交通量の多い16号線を南下して福生に向かう。
どこかで一人ご飯しようと、この辺りのランチ場所に詳しいブログを開いて、家を出る前に調べておいたのだ。
美味しい店が色々あるので大いに迷うが、和食の「佐助」に行くことにした。
内外装の写真を見ると、福生に多い際コーポレーション系列に思えるし、飲み屋のランチだからたいしたことないと、今までは除外していた店だ。
この日は和食気分だし、駐車場が付いているのも決め手になって、初訪問してみる。
佐助外観0012

平日は大いに混んでいるらしいのだが、週末の開店直後なので私が口開けの客だった。
佐助店内0014

おもむろにメニューを見ると、定食がずらりと並んでいる。
佐助メニュー0008

佐助メニュー20001

どれもオジサンのツボを突く定食ばかりで、困ったぞ。
こんな時に誰かが居れば、取分けて食べることができるのだが、一人ランチなので慎重に決めないと後悔しそうだ。

続きを読む

大繁盛(たまご工房うえの)

青梅市に所用があると妻に言うと、羽村の福島屋で卵を買ってこい指令が出た。
卵だけで福島屋に行くのも芸が無いので、養鶏場の直売所「たまご工房うえの」に行ってみる。
あと100mも走れば埼玉県という瑞穂町の外れにあるので、周辺には狭山茶の看板が目立つのどかな場所だ。
カーナビに従って現地に到着すると、駐車場は満車の上に、道路にまで車が待機している。
うえの看板0003

仕方なしに道路に停めて車から出ると、途端に鶏の鳴き声が聞こえ、田舎の匂いが漂ってきた。
うえの養鶏場0004

養鶏場脇の可愛い建物が卵の直売所で、週末だけ売るプリンと、ロールケーキも美味いらしい。
うえのアプローチ0001

狭い店内は大混雑で、人の隙間からかろうじて売り場の写真を撮る。
うえの売り場0003

うえの価格0002


続きを読む

前回と同じ(鮮菜厨房まきの)

あきる野の蕎麦屋までドライブに出たが、読みが甘くて渋滞にハマる。
福生あたりで午後1時半を回り、昼の営業時間に間に合いそうも無い。
急きょ行き先を変更することにしたのだが、頭に浮かんだのは「鮮菜厨房まきの」だった。
デジャヴか!?
似たようなシチュエーションがあったなと思い、自分のブログを見たら、一年近く前に同じようなことをしていた。
この店は住宅地の中にあるので適度に空いているし、何台か車を停められるので便利なのだ。
もちろん手頃な値段で味もいい。

20070927071926.jpg


20070927071915.jpg



ランチは海老フライ、牡蠣フライ、豚カツ、刺身、釜飯などのメインに小鉢がセットになり、デザート付きでほとんどが千円以下だ。
ランチコーヒーも100円で用意されている。
これだから郊外で食べると嬉しくなるのだ。

続きを読む

雨の福生でスーパーランチ





多摩ドライブに行く時は必ずチェックするブログに、最近4回も登場したイタリアンがある。
青梅方面を目指す途中に、福生の「ガレリア・ルチェンティ」でランチを食べることにした。
多摩方面に多いスーパー「マルフジ」の一角に店はある。
元々は100均ショップがあった場所らしいから、事前情報が無かったら、絶対に素通りしていた外観だ。


20070615070025.jpg




ラストオーダー近くに入店したので、先客が一斉に引けて店内はすっきり貸し切り状態だ。

20070615070043.jpg


20070615070058.jpg




厨房には体格がいいシェフが一人。
バイトや助手の姿が見えないから、混雑時に時間はかかるかもしれないが、きっと味はいいことだろう。

続きを読む

Nissanの次はHino(ジョイフル本田)

暖冬で梅の開花が早まったと聞き、青梅までドライブがてら蕎麦を食いに行く。
練馬の自宅から新青梅街道を一直線なので、空いていれば一時間ほどの距離だ。
最近は東大和あたりからダイヤモドシティ・ミュー渋滞が始まるので、早めに自宅を出ることにした。
順調に武蔵村山を通過した途端、いきなり大渋滞にハマッった。


渋滞の原因はコレだ。
20070213072535.jpg

新青梅街道から少しだけ奥まっているので、今までまったく気付かなかったが、「ジョイフル本田」というホームセンターがオープンしたらしい。
蕎麦屋の予約時間までは間があるので、案内板に従って突入してみた。(好きだね、オレも)
20070213072548.jpg

20070213072448.jpg

以前は日野自動車の工場だった場所だ。
武蔵村山の日産跡地にできたダイヤモンドシティ・ミューと、広大な横田基地に挟まれた位置で、一気に巨大店舗過密地域になってきた。
まだ午前中なので、駐車場にはスムーズに案内される。
4,000台も停められるらしい巨大さだ。
欧米か?!
20070213072419.jpg

20070213072521.jpg


続きを読む

米軍ハウスで正月ランチ(UN QUINTO)

1960年代のベトナム戦争当時、横田基地の米軍が増強され、福生の町には米軍ハウスと呼ばれる平屋建てが一気に増えた。
第二ゲート前の米軍ハウスを再生したイタリアン「ウノ・クイント」でランチを食べる。
20070104171754.jpg

20070104171713.jpg

16号線沿いのこの一角には、60年代にアメリカ文化がもたらされた頃のイメージそのもののショップやレストランが目立つが、実はその多くが紅虎餃子房の際コーポレーションの経営だ。
際グループ第一号店の「韮菜万頭」も近くにある。
個人経営店が軒並み正月休みなので、年中無休の企業経営店はありがたい。
20070104171727.jpg

20070104171740.jpg

ランチタイム終了時間にぎりぎり入店したので、店内は一気に空いて貸し切り状態だ。
20070104171813.jpg

20070104171837.jpg

20070104171926.jpg

古びた店内のあちこちに米兵やその家族の落書きがあり、いい味を出している。
トイレも今時珍しい上部タンクの水洗だ。
20070104171913.jpg

20070104171900.jpg


続きを読む

玉川上水の隠れ家で定食(鮮菜厨房まきの)

武蔵村山の巨大モール「ダイアモンドシティ・ミュー」を訪れた日は、元々奥多摩紅葉ドライブを予定していた。
ところが当日は冷たい雨が降っていたので妻は棄権し、私もダイヤモンドシティの影響で渋滞が予想されるので、決行か延期か迷っていた。
結局娘の「行ってみたい」の一言で雨中ドライブに出かける。
新青梅街道は東大和あたりから渋滞が始まり、ランチを予定していた五日市に辿り着けそうにない。
急きょ福生で昼食を取ることにした。
20061121080916.jpg

20061121080928.jpg

懐かしのピザ屋「ニコラ」や、寒くなって行列が消えた「ブルーシール」の前を通り過ぎ、五日市街道を右折する。
玉川上水沿いの住宅地に潜む「鮮菜厨房まきの」に行ってみた。
20061121081343.jpg

初老のオーナー夫妻は、以前は恵比寿で同名店をやっていたらしい。
20061121082215.jpg

20061121082144.jpg

釜飯と揚げ物と刺身を組み合わせた、安くて美味い各種の定食が食べられる。
20061121083549.jpg

夜にはコース仕立ての料理もあるから、ベテランの腕は確かだ。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。