スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の地酒

すっかり春めいた気候になってきたので、多摩ドライブも復活だ。
20年ほど前に石神井公園に住んでから、新青梅街道を一直線に下ると、多摩が意外に近いことに気が付いた。
高速代はかからないし、雰囲気が良くて安くて美味しい店が多いし、まだまだ自然が残って気分がいい。
日本酒の蔵元もあちこちにあることにも気が付き、時々ドライブに組み込んでいる。
東京都酒造組合に加盟しているのは、12蔵もあるそうなのだ。

蔵に行ったことも飲んだこともあるのは、数えたら10蔵もあった。
東村山市「豊島屋酒造」の屋守と金婚。
武蔵村山市「渡辺酒造」の吟雪。
福生市「石川酒造」の多満自慢。
福生市「田村酒造」の嘉泉。
あきる野市「中村酒造場」の千代鶴。
あきる野市「野崎酒造」の喜正。
青梅市「小澤酒造」の澤乃井。
青梅市「大多摩酒造」の酔悦。
八王子市「西岡酒造」の月丸。
女性杜氏が居ると聞いて行った、狛江市「土屋酒造」の鳳桜。

酒造組合に加盟している蔵元で、行ったことが無いのは4蔵ある。
23区内唯一の北区「小山酒造」の丸眞正宗。
八王子市「中島酒造場」の日の出山。
八王子市「小澤酒造場」の桑乃都。
府中市「野口酒造店」の国府鶴。

残念なことに武蔵村山市の渡辺酒造は廃業し、青梅市の大多摩酒造と狛江市の土屋酒造は休業中らしい。
八王子市の西岡酒造は福井県に移転してしまったとのことだ。

そんな東京の地酒を一同に集めた売り場が、日の出町にオープンしたばかりのイオンモールにあると聞き、青梅の「井中居」で昼食を食べた後に、一山越えて見学しに行ったのだ。



イオン外観0004




デカッ!



イオンモールがある日の出町は、面積のほとんどが山岳地帯だから、世帯数が6,400で、人口が15,800人ほどだ。
周辺のあきる野、福生あたりから客が来たとしても、こんなでかいモールが埋まるのか。
周囲は山だし。
イオン山0005

他人事ながら心配して店に入ると、こんなに人が多かったのって感じだ。
従業員を集めるだけでも大変そうな場所なのにね。
イオン店内0006

3,700台が停められるという駐車場は埋まっているし、店内にも人が多いのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

奥多摩は秋(丹三郎)

暦の上では秋になったが、都内は真夏のように暑い。
少しでも涼しいところを求めて、奥多摩に蕎麦ドライブに行った。
目的地の蕎麦屋「丹三郎」は、築250年ほど経つ茅葺の古民家だ。
別経営のわっぱ飯の店から現在の蕎麦屋に替わった当初は、ドライブの途中にふらりと立ち寄っても入れたが、現在は予約無しでは無理な超人気店になってしまった。
今回も午後二時からの予約がやっと取れたほどだ。


20070919064947.jpg





長屋門を潜って母家に向かう。


20070919064834.jpg



20070919064809.jpg



20070919064921.jpg





ちょうど予約の午後2時に到着したが、店内はまだ満席で、店員もかなり忙しそうだ。
しばし入り口の土間で待ち、置いてある観光パンフレットなどを眺める。


20070919064857.jpg





一気に団体客が引けたので、縁側に面した席に案内された。


20070919064932.jpg



20070919065122.jpg





すでに蕎麦膳を予約してあるので、日本酒のメニューから嬉長純米吟醸を選ぶ。


20070919065033.jpg



20070919065022.jpg





日本手拭いのお絞りもいい感じだ。


20070919065000.jpg



20070919065011.jpg


続きを読む

ロンヤスじゃなくて水まんじゅう(幸神堂)

あきる野から青梅に抜ける秋川街道沿いに、和菓子の「幸神堂」がある。
20060618213327.jpg

1983年に当時の総理大臣だった中曽根康弘(自称:ヤス)と、アメリカ大統領だったロナルド・レーガン(通称:ロン)が、日の出山荘で会談を行った。
この会談を記念してできたロンヤス饅頭を、いまだに作り続けているのが幸神堂だ。
20060618213316.jpg

この店は安くて美味い素朴な和菓子を製造販売しているので、ドライブの途中にたびたび立ち寄ってしまう。
20060618213403.jpg


続きを読む

90年前の民家でうどんを食う(母家)

蕎麦の有名店「雙柿庵」がある日の出町に、可愛いお姉さんが居る美味いうどん屋が出来たと、貴重かつ重要な情報が入った。
粉ものを満喫したばかりだと言うのに、またもやオジサンは多摩に向かう。
20060403220824.jpg

20060403220907.jpg

築90年という古民家は、周囲の田園風景に溶け込んでいい感じだ。
内部の改装も必要最小限度にとどまっており、田舎のお婆ちゃん家に上がりこむような気分になってくる。
20060403220742.jpg

実際に住居を兼ねている店だから、昭和初期の黄ばんだ表彰状など飾られているのが興味深い。
20060403220805.jpg

20060403220814.jpg

続きを読む

ただいま変身中(雙柿庵)

大泉の居酒屋「壺屋」のカウンターで、妻と翌日の予定について話していた。
奥多摩の蕎麦屋「丹三郎」で昼食を取り、あきる野の野崎酒造で「喜正」を買い、行く夏を惜しんで昭島の「華々美人」でマンゴーカキ氷を食べるというフルコースの計画を組み立てる。
予約の電話を入れるため、店の外に出て携帯アドレスのグループ検索で、「蕎麦・多摩」のフォルダーを開き、丹三郎をプッシュして電話をかける。

店「そうし○▲#★дです・・・」
私「もしもし、明日の昼12時から、2名お願いしたいんですが」
店「だいじょうぶです」
私「2千円の蕎麦膳でお願いします」
店「コースは3千円と4千円になります」
私「(おいおい値上げかよ)じゃ、3千円ので」
私(なんかいつもより暗いなぁ)

何かが引っかかりながら電話を切り、リダイアルの画面で確認すると、一個ずれて「雙柿庵」に電話していたのだった。

アホだ。


店主と客が作り出すストイック過ぎる雙柿庵(そうしあん)の空気が、イマイチ気に入っていない妻をなだめ、青梅市から秋川街道に入って店に行く。
絶対接客業が好きでないんだろうと思われる、生真面目すぎる雰囲気の店主に期待しながら店内に入ると、黒いエプロンを着けた若い女性が出てくる。
今まではすべてを店主一人でまかなっていたが、やっと花番さんが入ったのか。
20070724185246.jpg

山の中でひたすら蕎麦道を追い求める、寡黙そうな独身の店主にいよいよ春が来たのかと聞いてみると、立川「無庵」での修行時代に、一緒に店で働いていた女性だと言う。
20070724185232.jpg

20070724185259.jpg

凛とした内装やインテリアに変化は無いのに、女性が一人入っただけで空気が変わるから、女の力は偉大だ。

続きを読む

日の出山中の絶品餅(幸神堂)

日の出町の絶品蕎麦屋「雙柿庵」から吉野梅郷の「紅梅苑」に向かう途中に、安くて美味い和菓子を売っている「幸神堂」に立ち寄る。
20050815231440.jpg

この店は色々とオモシロ菓子も開発しているので、近隣住民に加えてツーリング途中のバイクや、ドライブ中の車がいつも停まって店頭の縁台で食べていたりする。
一昔前に中曽根総理大臣(通称:ヤス)が、レーガン大統領(通称:ロン)を日の出の山荘に招いた時に、ロンヤス饅頭やロンヤス最中を開発した店としても有名だ。
店内は古びて雑然としており、都心のカッコイイ店とは客層も全く違うが、入店するとすぐにお茶を出してくれる美人の奥さんが居るのも嬉しい。
20050815233251.jpg

続きを読む

夏吟と団扇で涼む(雙柿庵)

お盆休み期間とあって、あきる野の蕎麦屋二軒に振られ、一か八か秋川街道に入って雙柿庵(そうしあん)を目指す。
カーナビに頼っても辿り着くのが難しい場所だが、最近はすっかり有名になって、予約も取りにくくなった蕎麦屋だ。
まだ有名にならない3年ほど前には、色々な人を連れてきては喜ばれたのだが、その後は行く度に満席で断られたり、蕎麦切れで泣いたりしたのだ。
唯一の目印である大久野中学校のあたりで横道に車を入れる。
ただでさえ狭い田舎道に夏草が茂っており、夜なら間違いなく脱輪しそうな恐ろしい場所を抜けると、駐車場には品川ナンバーが1台しか停まっていないので、久々に入れるかと期待がふくらむ。
そうし庵 看板0001

そうし庵 外観0003

そうし庵 入り口0002

店の暖簾をくぐると先客は二人だけで、予約客が来るまで間があると言うので、なんとか席に着くことができた。

続きを読む

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。