江戸の味(小松屋)

浅草橋駅の近くにあるパン屋「ドーメル」で何も買わなかったので、一転してご飯によく合う佃煮を土産にすることにした。
駅の近くには「鮒佐」という老舗があるが、もう一軒の「小松屋」に向かう。
小松柳橋0006

小松船0007

昔の花街だった柳橋が隆盛を極めた頃から、ここで船宿を営んでいる老舗だ。
舟遊びのお土産用に佃煮を作り始め、今は四代目が店を継いでいるらしい。
柳橋の袂にある店舗は、川に張り出して作られているので、入り口から奥まで三歩で行けるほど極小だ。
小松店頭0005

二人入ると身動きできないほどの狭さなので、私は店先の縁台に座って待機し、妻に佃煮を選ばせる。
小松売り場0004

小松サンプル0002


続きを読む

ちょっとがっかり(ドーメル)

浅草橋の喫茶店「つたまさ」で甘味を食べ、人形屋さんを見学する。
ひな0001

さらに包装材の他に輸入食品も扱う「シモジマ」の支店で買い物した後に、近くにある「ドーメル」に気がついた。
ここは銀座の木村家から分かれて、明治時代に創業された老舗パン屋だ。
木村家直伝のあんぱんもあるし、丸ごとプリンや丸ごとリンゴといった名物パンも美味い。

ドーメル0001

10年振りぐらいに入ってみると、ほとんどの棚は売り切れて空になっている。
もちろんあんぱんや丸ごとシリーズなど、影も形も無いのだ。
残っている食パンを見たら、なんと「サンメリー」と書いてあるではないか。
帰宅して検索したら、どうやら何年か前にサンメリーの傘下に入ったらしいのだ。
地元石神井公園駅前にもサンメリーがあるが、どうもイマイチに感じてほとんど素通りしてばかりだ。
何があったのかしらないが、100年以上も続いて大人気のパン屋だったのに、残念なことだ。
果たして昔のパンはそのまま売っていたのだろうか。

「ドーメル」 台東区浅草橋1-30-12
03-3851-0501

そして帰り道に池袋で一杯飲んでいこうとしたら、さらに残念なことが待っていたのだ。

続きを読む

チャンピオン・ゼリー(蔦政)

妻の買い物に付き合って、浅草橋の問屋街に出かける。
買い物はアクセサリーの材料だから、金属あり石ありでやたらと重いので、私が荷物持ちで呼ばれたという訳だ。
貴和製作所だとかパーツハウスだとか、女性だらけの店を何軒か回るらしいので、喫茶店で待機することにした。
貴和の並びにあるドトールは、買い物に疲れたオバサマ方でごった返しているので、通りの向かい側にある蔦政(つたまさ)を待機所にする。
つた外観0003

つた看板0005

ここは雑居ビルの狭い階段を上がった二階にあるのだが、店内は意外に広いから満席で座れないことは無い。
つたドア0001

つた店内0004

椅子はゆったりしているし、雑誌がいろいろ置いてあるから、こんなシチュエーションにはぴったりの喫茶店なのだ。

続きを読む

昭和で憩う(にんきや)

妻の買い物に付き合って浅草橋に出かける。
昔は人形問屋の町だった浅草橋も、今ではアクセサリー材料店が増殖して、客層も様変わりしている。
いつもは貴和製作所の隣にあるドトールで待機するのだが、この日は柳橋の「にんきや」にした。
江戸時代から昭和まで花柳界だった柳橋には、今でも花街の面影を残す粋な店が点在している。
「にんきや」も明治43年創業の老舗甘味屋だ。
20071007125045.jpg

20071007125115.jpg

下町は太平洋戦争時の空襲によって、ほとんどが灰燼となってしまったので、現在の店舗は戦後建てられたものだが、それでも60年以上は経っている。
昔の日本人サイズに合わせて、椅子もテーブルもコンパクトに作られており、古びてはいるが清潔に保たれている。
20071007125140.jpg

20071007125129.jpg

20071007125154.jpg

20071007125210.jpg

杏みつ豆を頼み、持参した文庫本を読みながら妻を待つ。
20071007125247.jpg

やがて合流した妻は、クリームあんみつを頼んだ。
20071007125234.jpg

店も店主夫婦も品書きも古く、ゆったり昭和の時間が流れているから和める。

続きを読む

師走のアメ横で満腹ランチ(大山)

師走のアメ横で、買い物がてらランチを食べることにした。
20061202165417.jpg

ここに来ると、日本も東南アジアの一員なんだと実感する。
ジャンクな店が迷路のように入り組んでいるから、何度来ても全体像がつかめない。
「お菓子のまちおか」も驚く安さの二木や、ミリタリーグッズ満載の中田商店、あちこちにあるスカジャン屋はアメ横の象徴みたいなもんだ。
20061202165605.jpg

20061202165541.jpg

20061202165454.jpg

食べ物屋もジャンクな魅力が一杯で、オープンエア度と昼酒度がかなり高い。
20061202165506.jpg

まぐろ丼屋は新顔だが、ぎっしり満員の大盛況だ。
20061202165617.jpg

もつ焼きの「大統領」と中華の「珍々軒」は、まさにオープンエアの昼酒店だ。
20061202165531.jpg

20061202165553.jpg

久しぶりに巨大餃子の「昇龍」で食べたかったのだが、相変わらずの行列を見てあきらめる。
20061202165520.jpg


続きを読む

白ばらの隣で白美人(手打蕎麦 おざわ)

合羽橋の道具街で買い物する。
20060426235833.jpg

妙にリアルな河童クンの近くから、合羽橋本通りに入り、浅草方向に歩いて昼食場所の「おざわ」に向かった。
20060426235929.jpg

「どぜう飯田」の近くに、稲荷町から越してきた「おざわ」が見つかった。
20060427224716.jpg

20060426235853.jpg

20060426235908.jpg

続きを読む

タンゴ計画始動

キャンプ、ゴルフ、蕎麦打ちなどなど、まず形から入ってしまう我々夫婦なので、ミロンガデビューを目指してシューズを買いに行く。
まだどこに習いに行くかも決めていないが、気分はすっかりリチャードギアとジェニファーロペスだ。
20060305233115.jpg

20060305233104.jpg

浅草橋の中国料理店「馥香」の近くにあるダンスグッズ専門店「SEKINE」で、店員に聞きながらあれこれ選ぶ。
20060305233126.jpg

20060305233139.jpg

それほど高いのを買う気は無かったのだが、デザインと履き心地がいいのはやっぱり値段もいい。
結局二人ともイタリア製を選び、ついに我が家のタンゴ計画が始動したのだった。
20060305233155.jpg

キムチ通りのモダンコリア(満奈多 man・na・da)

アメ横から昭和通りを渡ると、そこはキムチ通りとか、東上野コリアンタウンとか呼ばれる一帯だ。
韓国料理イコール焼肉とキムチしかないと思われていた、戦後まもなくから続いているような古い店が多い。
20060119073034.jpg

20060119010138.jpg


百貨店にも売り場を持っている老舗キムチ店の第一物産が、この古い町並みの一角にモダンな韓国アジア料理店を出している。
20060119010043.jpg


コテコテ感がまったくないシンプルな外観の店で、通りに面した窓からオープンキッチンが見える。
20060119010026.jpg

20060119005648.jpg

続きを読む

仕入れのオバサマで満員御礼(馥香)

浅草橋にアクセサリー材料とクリスマス用品を仕入れに行き、馥香(フーシャン)でランチを食べることにする。
最近はテレビや雑誌に露出することが増え、満席続きの中国料理店だ。
雑然とした問屋街では、すっきりとした外観とインテリアが一際目立つ。
20051203211549.jpg

20051203211514.jpg


この日も1時過ぎに訪れたのに、仕入れの前後に訪れたオバサマ方で、店内は満員の盛況ぶりだ。
天井が高く、モダンで素敵なインテリアに、オバチャン達のガハハがこだまする。
20051203211633.jpg


しばらく待って席に着き、1,800円のミニランチコースを頼む。
一品ずつサーブされるコースは、量は少ないが充実した内容だ。
週に二回内容が変わるようだから、ここのオーナーシェフはいったいいくつのレシピを持っているのだろうか。

20051203211620.jpg

20051203211449.jpg

くらげ、蒸し鶏、煮凝りの前菜に、じゅんさいと帆立のスープ。

続きを読む

我が家的黄金のマリーアジュ(逸品会)

妻のアクセサリー材料仕入れに付き合い、浅草橋の問屋街に出かける。
ごった返す材料屋「貴和」の隣りにあるドトールも、仕入れ帰りのオバサマ方で大混雑だから、街歩きしてオモシロイモノをさがす。
包装材料の「シモジマ」が始めた輸入食品店などヒヤカシて、通りを渡って逸品会に酒のつまみになる菓子を買いに行く。
20051022194343.jpg


あとひき豆、コーヒーかりんとう、栗より美味いクリマカシーなど、秀逸なネーミングの菓子があって面白い店だ。
いつもの定番であるポップルと、宴の華を買う。
20051022194612.jpg


我が家の常備品「ポップル」は、単にマカロニを揚げて塩味を付けただけなのだが、これがビールに合って、後を引いて止まらない。
100g入りの筒状容器は、缶詰と同じぐらいの大きさだから、キッチンのパントリーにピッタリ収まって具合がいいのだ。
20050627091734.jpg


宴の華は野菜揚げや煎餅の詰め合わせで、これもビールと出会うと黄金のマリアージュと言える。(少し大げさ)
20051022195044.jpg


ポップルは525円、宴の華は945円と少々高い気もするが、ここでしか買えない品だから、妻には値段を言わないでおこう。

「逸品会」 台東区柳橋1-13-3
03-3863-4662
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる