スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵カフェで寛ぐ?(Kuu)

岩槻の「彩の実」に行くことになったので、蕎麦を食べた後に一服するカフェを、出発前に検索する。
岩槻・本町・カフェで探すと、Cafe Bakery Kuuが出てきた。
100年前の蔵を改装して作った店なので、なかなか雰囲気が良さそうだ。
蕎麦屋を出た途端に吹き出る汗を拭きながら、やっとKuuに辿り着いた。
クウ外観0001

クウ入り口0009

クウ看板0013

一階のベーカリーは後回しにして、さっそくカフェがある二階に上がる。
クウポスター0006

一階は涼しかったが、二階はやたらに暑い。
梁が剥き出しになった造りなので、屋根に当たる太陽熱が、室内にまで伝わってくるのだ。
同じ暑いなら、外のテーブルに座ってもいいと思い直す。
立て掛けたよしずの陰で、団扇を使うのも風情があっていいじゃないか。
クウテラス0001

飲み物はアイスコーヒーと抹茶ラテにして、マンゴープリンも頼んでみる。
クウコーヒー0002

クウマンゴー0007

小菓子はサービスだ。
クウ小菓子0010

日本最高気温を記録した、熊谷市がある埼玉県なので、都内より2、3度暑いような気がする。
外気温が体温に近いから、団扇でパタパタ扇いでも、まったく涼しさを感じない。
気の利く女性スタッフが、冷たいお茶や、冷やしたオシボリを持ってきてくれるので、暑いながらも寛げた。


続きを読む

スポンサーサイト

きっかけは、フジテレビ(彩の実)

三年ほど前に、益子旅行の帰りに訪れた岩槻の「彩の実」を再訪する。
岩槻の指定文化財「時の鐘」の向かい側にある、一軒家の蕎麦屋だ。
蕎麦も料理も酒も、種類が豊富で美味いし、なんといっても美人姉妹が居る店だから、ご近所にあったら通い詰めること間違いなしなのだが、いかんせん岩槻は遠い。
時の鐘は寛文十一年(1671年)に鋳造され、現在も残るのは享保五年(1720年)に改鋳されたものらしい。

彩時0002

彩時看板0004



ここからは岩槻城址公園も近いが、炎天下に歩くのはつら過ぎる。
城下町の名残があちこちにあって、なんとなくいい雰囲気の町なので、涼しくなったらじっくり探検することにしよう。
5分ほど「時の鐘」を見学しただけでも汗が吹き出してきたので、さっそく私道の奥にある蕎麦屋に入っていく。

彩看板0005

彩庭0003

母親が料理を作り、美人姉妹の妹が蕎麦を打ち、姉が接客を担当する、黄金の布陣は健在だろうか。








健在だったよ


姉がにこやかに出迎え、妹が先客のテーブルを片付けている。

彩妹0002


ビールで水分補給し、突き出しをつまみながら品書きを眺める。

彩突き出し0006



蕎麦もうどんも手打ちで、冷たいのも温かいのも豊富に揃う。
美味そうな酒肴も色々あって迷うが、天せいろと、きのこ汁せいろを選んだ。
先に出た天ぷらを海苔塩でつまみ、残りのビールを飲み干す。

彩天ぷら0001

彩塩0001



一番人気と言うだけあって、葉付きの人参、蕪、生姜などの他に、しめじ、茄子、玉ねぎ、大葉、海老などボリュームたっぷりで美味い。
これで1,200円は嬉しい価格だ。
具沢山の熱いきのこ汁には、ほんのり柚子が香る。
これに黒七味を振って、葱を入れ、冷たい蕎麦をからめて食べるとたまらない。
こちらはたしか950円だった。

彩きのこ0001

彩葱0002

彩蕎麦0003

続きを読む

ぶらり西武池袋線の旅

ハシゴ酒してから、最終に近い西武池袋線で帰る。
石神井公園駅で降りて、自宅にたどり着いた途端に、網棚にバッグを置き忘れてきたことに気が付いた。
まったく学習効果のない私は、網棚事件が4回目だ。
飲み屋とか食べ物屋に、ジャケット、バッグ、タバコ、ライター、携帯などを置き忘れたことは数知れずで、最近その回数が増えているような気もする。
翌朝早めに駅で問い合わせると、私のバッグは小手指(コテユビじゃないよ、コテサシ)駅で保管されていることがわかってホッとする。
忘れ物引取り切符をもらって、いつもと逆方向の下り線に乗って小旅行だ。
小手指は初めて行く町だから、なんだか少しワクワクする。

20070808063214.jpg




ブロガーの魂とも言える、デジカメが入ったバッグを無事に引き取って、ついでにどこかの店でコーヒーを飲むことにした。

20070808063114.jpg


20070808063153.jpg





駅から小手指の町を見下ろすと、ガラーンとして空が広い。

20070808063204.jpg


20070808063036.jpg


二、三のチェーン店ぽい店があるだけで、何もない駅前だ。

続きを読む

怖えー!(だちょう牧場)

私のお気に入り番組「ぶらり途中下車の旅」で、先月は西武池袋線を放送した。
驚いたことに大泉学園で下車した山口良一が向かったのは、隣町新座市の「だちょう牧場」だったのだ。
いつかは行かねばと思っていたので、大泉風致地区の「ビストロ・ラブーレ」でランチした後、あきれる妻を「オーストリッチのバッグがあるかもしれないぜ」と釣って、探検に出かけてみる。
ランチ場所からホンの5分ほどの至近距離に、不思議な空間はあった。
20060902205352.jpg

関越道の脇道にある駐車場に車を停めると、前方に人だかりが見える。
20060902205621.jpg

ショボイ看板があるし、動物園のようなニオイがするからここに間違いない。







居た!







20060902210026.jpg

20060902210136.jpg





網の隙間から写真を撮っていると、いきなり突進してくるダチョウ。
逃げる妻。
20060902210219.jpg





よく見ると可愛い顔をしているが、素早く突いてくるので油断できない。
20060902210203.jpg

20060902210233.jpg


続きを読む

カキ氷の聖地に行く(阿左美冷蔵)

埼玉と群馬の県境にある「ヤマキ醸造」に行くことになり、地図を確認すると長瀞に近いことに気付いた。
梅雨明けで猛暑が続いているから、「阿左美冷蔵」のカキ氷をスケジュールに組み込むことにする。
数年前に訪れたきりの本店は、テレビ、雑誌、ネットで紹介されまくって大行列になっているらしいので、宝登山の参道にできた支店を目指す。
20060806113029.jpg

20060806113048.jpg

20060806113110.jpg

こちらにも数名の行列があるが、ガラス越しに見える店内には空席も目立つ。
20060806113424.jpg

どうやら従業員の仕切りに問題があるらしく、片付けや誘導がうまくいっていないように見える。
待っている間に張り紙を見て、私は特製黒蜜カキ氷を頼むことに決めた。
20060806113718.jpg


続きを読む

尼僧の豆腐会席(紫水庵)

ヤマキ醸造で買い物と工場見学をして、近くにある「紫水庵」に昼食を取りに行く。
天皇家の料理や包丁道を司る、四条司家の御料荘園の横を通り、炎天下に店を目指す。

20060806024405.jpg


20060806023317.jpg


20060806023114.jpg



「紫水庵」はヤマキ醸造の経営で、豆腐と旬の野菜を使い、川口宗清尼が料理すると聞いている。
鄙びた田舎の一軒家は、なかなかいい雰囲気だ。

20060806100317.jpg


20060806100340.jpg


続きを読む

御用蔵で豆尽くし(ヤマキ)

埼玉県と群馬県の県境で、国産無農薬有機栽培の大豆を原料に、伝統的天然醸造法で味噌や醤油を作る蔵がある。
少々値段は高いが、美味くて体にも良さそうだから、我が家は味噌、醤油、ポン酢、蕎麦つゆは、ここの製品を取り寄せている。
工場の近くには豆腐会席の店もあると聞き、ランチを予約して食料品仕入れドライブに出かけた。
群馬県境とはいえ、練馬の我が家からは関越に乗って小一時間だ。
目的地の「ヤマキ醸造」は、三年以上農薬、化学肥料、除草剤などを使用しない、自然農法に取り組む農家に囲まれている。
この自然農法はかなりマメでないとできないらしく、彼らは自らを「豆太郎」グループと名付けているほどだ。

20060806024015.jpg



なるべく日陰のある駐車場を探して、ぐるりと工場を一周してから敷地内に入る。

20060806023208.jpg


20060806023152.jpg


20060806024142.jpg



真夏の太陽が反射して、工場の白壁が目に痛いほどだ。

20060806023251.jpg


続きを読む

多摩湖畔でフランス懐石(tei-cin-tei)

息子が小学生の時に、夏休みの課題で東京の水源をテーマに取り上げ、小河内貯水池(奥多摩湖)、羽村取水堰、村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)と辿ったことがある。
多摩湖畔に素敵な店があるとの情報を得て、そのとき以来ほぼ10年ぶりにドライブに出かけた。
大正末期に創業というから80年以上の歴史を持つ料亭「堤新亭」が、数年前にフランス懐石「tei-cin-tei」にリニューアルしたらしいのだ。

20060731060924.jpg



まずはランチでトライアルしたかったのだが、満席と言われてディナーを予約しておいた。
練馬の我が家からは20kmの距離だが、湖畔の木々に囲まれた店は、高原の別荘地に来たようだ。

20060731060939.jpg



料亭時代の瓦を敷き詰めたアプローチから、店員が出迎える玄関に向かう。

20060731060958.jpg



広い店内にゆったりとテーブルが配置され、なかなかいい雰囲気だ。

20060731061015.jpg


20060731061100.jpg


20060731061030.jpg


20060731061046.jpg


続きを読む

男の魚食堂(磯料理マルサ)

練馬区の我が家から志木方面に行く時に通る裏道がある。
工場、倉庫、農地が入り組んでおり、入ってみたいと思わせる飲食店は見当たらない。
そんな殺風景な場所に、志木に住む知人が時々家族で行く店があると言う。
店は野暮クサイが安くて美味いというので、家族が全員寝ている休日の昼に、一人ランチに行ってみた。
20060717151950.jpg

ラーメン、焼肉、活魚、鮮魚と書かれた巨大看板を見ると、予備知識が無ければ絶対に入りたくない店だ。
20060717152033.jpg

20060717152044.jpg

生簀や冷凍庫がある倉庫に併設されているので、魚介の物流業者が敷地内でやっている食堂のようだ。

続きを読む

今夜のデザートは250円(グレープストーン)

新座で蕎麦を食べたついでに、志木にある「グレープストーン」に立ち寄る。
銀のぶどう、ぶどうの木、東京ばな奈、鎌倉五郎、銀座中条など、幅広く展開している会社の工場直売所があるのだ。
20060507233700.jpg

工場脇にあるプレハブ小屋が、B級品を格安で売る売店だ。
20060507233840.jpg

1年ほど前に訪れた時は昼前だったので、ロールケーキの切れ端が何パックか残っていたが、今回は昼食後の訪問なので冷蔵ケースの中は空に近い。
20060507234134.jpg

ここまで来て何も買わずに帰るのもシャクなので、かろうじて残っていたのを購入する。
20060507234218.jpg

20060507234230.jpg

20060507234242.jpg

唯一たっぷり残っていたロールケーキは600円だったから、正規価格品なのだろうか。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。