スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますます幸せ


石神井公園駅南口から、居酒屋たけしがある銀座商店街を通り抜け、住宅街に入る直前にテイクアウトの鯛焼き屋ができた。
毎日のように歩く道筋なのだが、毎晩のように寄り道するので、この店の前を通りかかる時には営業が終わっていて、一度も買ったことがない。
休日の昼間に買いに行くほど、私にとって鯛焼きは魅力的ではない。


ty01.jpg





「幸せの黄金鯛焼き」と書かれた店ができる前は、ここに「r-flower」という花屋があった。
私にはほとんど縁がない店だったが、妻はアレンジのセンスがいいと言って、頻繁に利用していたようだ。
そして隣りの空き店舗は、昨年まで「はらドーナッツ」が入居していた。
それ以前はイタリア惣菜の「アユート」だった。
この極小ビルの黄金期は、r-flowerとaiutoが並んだほんの短い時期だけだったのだ。




続きを読む

スポンサーサイト

オジサンの勘違い







休日の朝。
いつものように早起きして、コーヒーを何杯も飲んだり、新聞を隅から隅まで読んだり、ブログを書いたり・・・・・





9時になったので妻を起こす。
なんで起こすのだと怒る妻に、「石神井公園のふるさと文化館に、朝うどんを食いに行こう」と言うと、きっぱり拒否される。
この日から「うどんファンタジスタ2011」なるイベントが、むさしのエン座を会場にして6日間開催されるのだ。
香川、徳島、京都、大阪、宮崎などの名店が、日替わりで出店するらしい。
開催時間は朝10時から午後4時までで、売り切れ次第終了と聞いているので、朝イチの訪問を狙ったのだ。
仕方がないので一人で行くと、まったく行列もなく、普通にエン座が開店準備をしている。









???













女将さんに聞くと、一枚のチラシを手渡される。


















cc04.jpg
















10がつぅー!?






一ヶ月間違えていた私なのだ。
自分にあきれて公園を散歩する。



cc01.jpg





続きを読む

高齢化社会(シュベール)

定期健診のため、ご近所の医院に出かけた。
混んでいるのは予想がついたので、診療開始時間の30分前に行ったが甘かった。
すでに待合室の椅子は、お年寄りで埋まっている。
「一時間は待つので、外出しますか?」と言われ、石神井公園の駅前に行って、コーヒーを飲んで待機することにした。
4石神井駅0007


ドトール、イタトマカフェ、マック、フレッシュネスバーガー、サンメリーなどをスルーし、スポーツ新聞や雑誌が置いてある「シュベール」に入る。
4シュベ外0003

4シュベメニュー0002


食事はしないように言われていたのをコロッと忘れ、BLTサンドのモーニングを頼んでしまった。
4シュベコーヒー

4シュベblt0001

ここで朝食を食べてる爺様婆様が、結構多いんだよね。
4シュベ窓0004

続きを読む

ハードルが高いカフェ(ビィッシュフラド)

20年前に今の住居に越してきた理由としては、駅の名前にもなっている石神井公園(しゃくじいこうえん)の存在が大きい。
今では三日に一度ぐらいしか帰ってこない息子と、オールで夜遊びする娘だから、どうでもいいのだが、まだ幼稚園前の子供を育てるには、かなりいい環境だったのだ。
愛犬も老いてきて、長い距離を歩かなくなったので、すっかり石神井公園に行く機会が減ってしまった。

東西に長く延びる石神井公園は20万平方メートルもあるらしいので、ボート池の乗り場から、三宝寺池の厳島神社あたりまで歩くと、かなりの距離になる。
三宝寺池周辺から公園の外に出ても、三重塔がある道場寺や氷川神社といった見所が続く。
だいぶ歩いたので、コーヒーでも飲みたいなと思う頃に、忽然とカフェが現れるのだ。

ビィッシュ外0001


一見すると普通の豪邸にしか見えないが、小さく「カフェ ビィッシュフラド」の看板が出ている。
ビィッシュフラドとは、チェコの作曲家スメタナの交響組曲である、「我が祖国」の一曲目の題名から名付けたと、以前店主から聞いたことがある。
Vysehrad(ヴィシェフラッド)で検索すると、色々と由来が出てくるが、直訳すると「高い城」らしい。

ビィッシュ看板0001


さてここで一服するかと思ったら、ビーサンで来たことに気付く。
「サンダル履きお断り」と書いてあり、実際に入店を断られた夫婦を目撃したことがあるのだ。

恐る恐るドアを開けると、店主はカウンターの奥で後ろを向いていたので、素早く足元を見られないように入り込む。

ビィッシュ中0003


サンダル履きお断りの他に、15歳以下も入店できないなど数々のオキテがあるので、いつ訪れても空いている。
ここらへんの大地主がオーナーだから、まったく商売っ気が見えないのだ。
ビィッシュ窓0004


オーダーを取りに来た店主は私の顔に見覚えがあるらしく、新しいオキテを説明する。
「灰皿をお出ししますが、タバコは一本だけで止めていただきます」と。
以前は全席喫煙可能だったのだが、全面禁煙にする前に情けをかけたらしい。
ビーサンを隠しながら、水出しアイスコーヒーを注文する。
ビィッシュコーヒー0002

続きを読む

オジサンの朝メシ(シュベール)

妻が旅行に出かけた。
朝帰りした娘は、帰宅即爆睡だ。
息子は二日ほど帰ってきていない。

お父さんは石神井公園駅前の喫茶店「シュベール」に入る。
シュベ外0003

シュベ看板0004

朝8時からのモーニングサービスが目的だ。
シュベメニュー0002

ドトールもイタトマカフェもパン屋のサンメリーも、この時間には営業しているが、シュベールが一番オジサンには合っている。
シュベサンメリー0001

かなり広い店内の、9割方のテーブルが埋まっている。
ほとんどの客が4人掛けテーブルに一人で座り、100%オヤヂ客で喫煙率も高い。
シュベ窓0005

おそらくこの町のどこかに勤めている人が、出勤前に朝メシを食べているのだろう。

続きを読む

アットホームな(Gallery cafe Livelula)

ご近所居酒屋で飲んでいる時に、顔見知りの客からタレコミがあった。
住宅地のど真ん中に、最近カフェらしき店がオープンしたと言うのだ。
場所を聞くと、私が毎日のように通る道に近い。
さっそく探検に行ってみた。
リベ外0002

リベ看板0008

看板には「Gallery cafe Livelula」と書いてある。
リベルラと読むのだろうか。
外に出ているメニューを見ると、月替わりのケーキが一律350円で4種類あるようだ。
営業時間は金土日の11時から18時となっている。
リベメニュー0001

とりあえず店内に入ってみる。
リベ中0006

リベカウンター0003

ギャラリーカフェと書いてあったが、かなりシンプルな内装だ。
リベホール0001

オーナーは初老の夫婦だ。
先客の対応に手間取っているので、店内で飲み物を頼むのはやめて、用意されていた4種類を全部持ち帰りにする。

続きを読む

リッチなコーヒータイム(ブラジル物産)

某製菓会社の工場直売所を教えてくれた女性から、もう一軒穴場情報をいただいていた。
コーヒー豆が安くて美味いという「ブラジル物産」だ。
某製菓から程近いバス通りに面しているので、菓子を買った帰り道に立ち寄ってみる。
20071108071415.jpg

両隣を含めて、「もしもしダイジョーブですか?」と言いたくなる店だ。
事前情報を知らなかったら、一生入ることはなかっただろう。
売り物かディスプレイか判らぬ品を眺めていると、奥からオバアチャンが現れた。
20071108071427.jpg

20071108071348.jpg

20071108071400.jpg


続きを読む

さらばミスド

娘から「ミスドでオミヤゲ買ってこい」メールが来た。
いよいよ始まる石神井公園駅改装工事の影響なのか、隣にあったミスタードーナッツが閉店するらしいのだ。
子供が小さい時に何回か買ったきり、10数年入っていなかった店に行ってみる。
20071026222812.jpg

20071026222826.jpg

チェーン店だからいつでもどこでも買えそうだし、特にドーナッツを食べたいとも思っていなかったが、地元から無くなると寂しい気がする。
20071026222843.jpg

この手の店は禁煙と思い込んでいたが、奥に喫煙コーナーがあるので、コーヒーを一杯飲んでから土産を買うことにする。
20071026223331.jpg

20071026223347.jpg

20071026223405.jpg

「今だけ100円」の文字が嬉しい。

続きを読む

シンプル・イズ・ベスト(岡埜栄泉)

台風の名残で雨が時々降る夕方に、石神井公園駅の向こう側にある「クィーンズ伊勢丹」まで夕食材料を買いに行く。
すき焼き用のいい肉が送られてきたので、今夜は珍しく自宅で晩酌だ。
食後のおやつは「岡埜栄泉」で買う。
20070716081452.jpg

東京のあちこちに「岡埜栄泉」の看板を掲げる店があるが、こちらは上野広小路の東京岡埜栄泉から、昭和元年に暖簾分けされた上板橋の店の、さらに支店のようだ。
20070716081538.jpg

夏らしい葛ざくらや水ようかんもいいが、やはり岡埜栄泉といえば豆大福だ。
20070716081549.jpg

20070716081628.jpg

上野や虎ノ門では200円以上するが、こちらの石神井公園店は180円と練馬価格なのも嬉しい。
20070716081615.jpg


続きを読む

帰り道にオヤツパン(はっくるべりぃ)

大泉学園のロンファンでランチを食べた後、「グーチョキパン」に寄ろうかと妻に持ちかけると、「はっくるべりぃ」がいいと言う。
すっかり有名になったラーメン店「十兵衛」の近くにある、小さなパン屋だ。
この近くの食料品店で、雑誌を発行日前にフライング販売していたので、子供が小さい時にはスラムダンク見たさに、少年ジャンプを毎週末買いに来ていた。
桜木花道の引退とともに、「はっくるべりぃ」のパンも買わなくなっていたので、超久しぶりの訪問だ。
20070605002133.jpg

20070605002143.jpg

以前は向かい側に激安スーパーがあったので、ママチャリがぎっしり停まっていたが、そこが閉店してからは小さな商店街に活気が薄れたように見える。
20070605002157.jpg

20070605002211.jpg

20070605002224.jpg

20070605002250.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。