スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園でベトナムコーヒー(ペパカフェ・フォレスト)

井の頭公園の中にある「うどん草庵」で昼食を取った後は、ボート池を渡って「ペパカフェ・フォレスト」に行く。
20060510063415.jpg

吉祥寺駅から井の頭公園に抜ける七井橋通りに、かなり古くからある「ペパーミント・カフェ」が、公園の中に作ったアジアンカフェだ。
どんな手段を使ったのか知らないが、池と緑を望む絶好の場所に店はある。
20060510063317.jpg

週末と桜の時期は行列ができるほどの人気店だが、雲行きがアヤシイこの日はすんなり入店できた。
20060510063435.jpg

20060510063451.jpg

20060510063256.jpg


続きを読む

スポンサーサイト

桜が散って(うどん草庵)

井の頭公園の中に古くからある団子屋「水月」が建て替え、二階に「草庵」がオープンしたのは1年半ほど前だろうか。
目の前にボート池と桜がある絶好の立地だが、夜には景色が戦力にならず、いつ訪れても空席が目立って心配していた。
昨年末に「うどん草庵」と業態を変えて再スタートしたが、先月マネージャーのSクンから「5月末に閉店する」旨の挨拶状が届いた。
幾度も利用して気に入っていた店なので、別れを惜しみにランチを食べに行く。
20060510063206.jpg

昼には初めて訪れたが、窓一面に新緑が眩しいほど広がって気持ちいい。
20060510151058.jpg

うどんで別れの杯も侘しいので、昼のミニ懐石を頼んで冷酒を飲む。
20060510063216.jpg

20060510063143.jpg

井の頭公園のスタッフは、天王洲アイルにできる新店に移るらしいが、吉祥寺から大人の店が消えるのは寂しいと、うどんをすすりながら心で涙するオジサンなのであった・・・合掌
20060510063155.jpg

20060510063240.jpg


「うどん草庵」 三鷹市井の頭4-1-11
0422-70-6670
5月末日まで営業

団子屋の二階で忘年会(うどん草庵)

昨夜は妻が仕切る忘年会に、雑用係りとして同席する。
会場は井の頭公園にある「うどんや草庵」。
吉祥寺駅から丸井の横を抜け、公園内に古くからある団子屋「水月」の二階に上がる。
とんでもなく寒い夜なので、暖かい店内に入るとほっとする。
20051219075021.jpg

20051219075133.jpg


とても店などありそうにない場所なので、道に迷ったメンバーから次々に携帯に連絡があり、結局30分遅れで宴席がスタートした。
20051219075246.jpg

20051219075159.jpg

30代から50代までの女性が中心だから、私は雑用係りに徹してソフトドリンク、日本酒、焼酎、カクテルなど様々なドリンクを取りまとめたり、記念写真を撮ったりマメに働く。
20051219075215.jpg

20051219075233.jpg

20051219075300.jpg

最近は地元の美味い日本料理店に入り浸っているので、今夜の料理が少々色あせて見えるのは仕方ないが、落ち着ける店だから出席者には好評だった。
20051219075326.jpg

20051219075312.jpg

20051219074944.jpg


「うどん草庵」 三鷹市井の頭4-1-11
0422-0-6670

昼も夜も心地いい(吉祥寺ドナテロウズ)

吉祥寺の丸井横から井の頭公園に続く七井橋通りで、老舗の風格を見せるドナテロウズ。
マニュアル運営のチェーン・ジェラート店とは思えない、独自の生き方をしている店で、昼も夜も妙に居心地がいいのだ。
20051021060310.jpg

20051021060246.jpg

入り口からは想像できないほど店内は広く、窓一面に井の頭公園の緑が広がる。
時には猫が昼寝する横で、コーヒーを飲みながら寛いでいると、喧騒の七井橋通りに居ることを忘れるほどだ。
20051021060333.jpg

20051021060411.jpg

20051021060423.jpg


飲んだ後には冷たいジェラートとコーヒーで一服する。
20051021060439.jpg

20051021060451.jpg

この雰囲気でコーヒー250円、ジェラートは3種まで選んで400円だから、すでに十数年も昼夜使っているのだ。

「Donatello's」 武蔵野市吉祥寺南町1-15-8
0422-44-8078
喫煙席あり

いい店なのに・・・(BLUE CORAL35)

※残念ながら2006年末に閉店したようです。




いろいろな店で買ったり飲んだりするたびに、会員カードやポイントカードが増えてくる。
たくさん有り過ぎて持ち歩かないので、肝心な時に役に立たないのだ。
会員になった記憶も定かでない、吉祥寺の中国料理店からハガキが来ていたので、こんな店もあったなと思い出し、ランチに立ち寄ってみた。
20051014053541.jpg


ここは石垣全日空ホテルに居た料理人が独立した店で、沖縄の食材を取り入れた、盛り付けも美しい独自の中国料理を食べることが出来る。
店名も中国料理店とは思えないBLUE CORAL35で、イメージカラーは南国の海を思わせるコバルトブルーだ。
20051014044607.jpg


吉祥寺の有名焼鳥店「いせや」本店を通り過ぎて、井の頭公園方面に歩いて行くと、以前は無かった坦坦麺などの幟が出ている。
夜は人通りが途絶える立地だし、以前入居していたイタリアンも撤退したビルの二階だし、中国料理店と思えない店名だし、かなり集客に苦労しているように見える。
20051014044634.jpg


どれも千円前後の数種類あるランチから、島唐辛子のラー油を使っていると言う黒胡麻坦坦麺をオーダーする。
20051014044620.jpg

辛いのが好きなので、添えられたラー油を足して食べると、極細の麺に黒胡麻の香りが強い汁が良く絡んで美味い。
付け合せのサラダには揚げたココナツが乗り、食感の違いが面白い。
これに点心の肉まんが付いて千円だから手頃なのだが、あまり客が入っていない。
3千円台からある夜のコースは、一品ずつサーブされるから取り分けが面倒ではないし、美味しい泡盛も置いてあるので、近々来てみようか。

「ブルーコーラル35」 武蔵野市御殿山1-5-5
0422-24-0061


うどんすきで日本酒(うどん草庵)

井の頭公園の中に古くからある団子屋「水月」が建て替え、二階に揖保の糸が運営する「ochaya草庵」が出来たのが、今春の桜の時期だった。
絶好のロケーションなのだが夜は空いているのが気に入って、何回か通っていたら、10月7日からうどん屋に変わるとの案内状が来た。
接客を担当するイケメン主任クンは、初回訪問から名前を覚えて、度々手書きの便りを寄こす熱心さだから、季節柄うどんすきのコースを予約して訪れてみた。
20051010085138.jpg


夜は真っ暗になるので、あまり意味は無いのだが、昼なら井の頭公園の緑が全面に広がる窓際の予約席に案内される。
またもや手書きの挨拶状がテーブルに置かれている。
ちょっとした気配りで客の気分が良くなるのに、まるでダメな飲食店がどれだけ多いことか。
20051010085903.jpg

続きを読む

昼下がりの梅焼酎でダメ人間(いせや公園店)

お盆で帰省中の人が多いためか、休日には人波が途切れない吉祥寺の丸井裏が空いている。
いつも昼間から行列ができて入れない、超有名店の「いせや公園店」も、混んでいるとはいえ空席も見えるので、久々に入ってみた。
都合よく井の頭公園に面した窓際のテーブル席に案内されたので、煙害と足のシビレに悩まされることも無さそうだ。
まずは生中でカンパイし、1本80円程度の焼鳥イロイロ、シュウマイ、餃子、中華ガツ、キムチなど一皿300円台のつまみを見繕う。
何十年もそのままの古い建物で、吹き抜け状になっているバラックだから、当然エアコンなど無く、公園を渡ってくる風の効き目もなく汗が止まらない。

ise3.jpg

ise4.jpg


迷路のようになった結構広い店なのだが、昼間から酒を飲みまくる老若男女で満席で、畳席では子連れママ軍団が飲んでおり、昼酒の罪悪感など誰にもまったくない。

ise2.jpg

ise1.jpg

続きを読む

美人と飲んで使命を忘れる(草庵)

井の頭公園に古くからある団子屋「水月」が春先に建て替え、二階にできた和食屋「Ochaya草庵」が最近のお気に入りだ。
吉祥寺駅で待ち合わせ、丸井側に出て、行列ができている焼き鳥店「いせや公園店」の横を抜け、階段を下りて薄暗い公園に入る。
公園に面した「金の猿」や階下の「鳥良」も、真夏日の夜はオープンテラスが満席のようだ。
一転して「草庵」は、知名度が高くないためか空いている。
池をのぞむ窓際の席に座り、とりあえずエビスの生を飲んで、品書きを検討する。
生のグラスの薄さ加減がちょうど良く、ビールが美味い。
静かな店内にJAZZが流れ、若い接客の男性も手馴れておりいい感じだ。
「草庵」はベルビー赤坂などにも出店している、揖保の糸が経営する店で、階下の団子屋から委託されて運営しているから、公園内の絶好の場所を確保できたらしいのだ。

食前酒に甘口の白ワインが出され、角皿に乗った先付け八寸が供される。
この先付けが充実しているから、単品の発注は内容がかぶらないように後からにする。
20050804064011.jpg

この日頼んだのは、刺身盛り合わせ、酒肴三種盛り、穴子の天ぷらなど。

続きを読む

日本酒の殿堂で酔っ払う(須弥山)

アチコチでバーゲンが始まり、普段の休日は昼まで寝ている妻と娘が、朝早くから出撃した。
植木に水をやったり、車を洗ったりして、デッキの椅子で昼ビールを楽しんでいたら、「今夜は吉祥寺で飲もう」と、妻からのメールが来る。
荷物持ちとして呼ばれたのはミエミエだが、喜んで出かけてしまう自分が悲しい。
吉祥寺の街もバーゲン時期で、普段よりずっと混んでおり、待ち合わせ場所のカフェにも待ち客が居て入れない。

20050703061711.jpg


山のような紙袋を持って、遅れて到着した妻と、まだ明るいうちから日本酒の殿堂「須弥山」に飲みに行く。
実はこの荷物は氷山の一角で、後日自宅宛に服や靴が送られてくることがあるから、女たちの行動は油断できない。

20050703061634.jpg


あちこちで紹介されている吉祥寺の人気店なので、我々の入店直後に満席になってしまう。
ハートランドビールで喉を潤し、酒肴は岩牡蠣、勘八、水蛸、鰯の団子、フルーツトマトのサラダ、白海老のから揚げにする。
日本酒はこの店で一番辛口の、島根「開春」純米からスタートする。
常連の妻は店員と相談しながら、薄濁りの三重の酒を試飲して決める。
旭川の工房で作られた三角錐のグラス一杯で、約100ccといった量だから、ここに来ると数種は飲み比べることになる。
大吟醸1,890円、吟醸940円、純米730円と統一されており、温度管理がしっかりしているから、純米で通しても充分だ。

20050703061650.jpg

その後は東北泉、十四代、開運、白岳など飲み、月窓寺横のバーでモルトとシガーを楽しんで帰宅した。

「須弥山(しゅみせん)」 武蔵野市吉祥寺南町1-1-9 FSビル3F
喫煙可
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。