スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年に一度(馬車道)

ガールフレンドや友人を優先する息子と、外食するなら服や靴を買った方がいい娘とは、一緒に外食する機会が皆無だ。
唯一正月だけは家族が揃う日があるのだが、営業している飲食店はほとんど無い。
家のお節も食べ尽くしたので、結局どこかのチェーン店に行くことにした。
この日選んだのは、埼玉に本拠地があり、多摩地区に数店舗点在する「馬車道」だ。
馬車看板0008

馬車入り口0002

普段はチェーン店、ファミレス、ファーストフードを利用しない妻にとっても、年に一度の体験デーなのだ。
時々ファミレスを利用する私も、ここ「馬車道」は初体験なので楽しみではある。
馬車テーブル0004

初入店の店で勝手がわからないから、写真入のメニューを最初から最後までじっくりと眺めた。
文明開化の頃だか大正ロマンをイメージした店なので、女性店員は卒業式と間違えそうなハカマ姿だ。
メニューはスパゲッティが中心で、揚げ物や懐かしい洋食も揃っている。

続きを読む

スポンサーサイト

冷やしはまだか(TRATTORIA CUORE)

暑くて溶けそうな日が続いているので、冷たい麺を食べに小平まで車を走らせた。
「TRATTORIA CUORE」で、夏場の名物である冷製パスタを食べるつもりだ。
20070628225731.jpg

満席で待つ間にメニューを見ると、冷やしパスタが無いよー。
20070628225930.jpg

20070628225945.jpg

先日は高田馬場の「えぞ菊」に入って、味噌冷やしをオーダーしたら、まだ始めていないと言われてガッカリしたが、これで冷やし二連敗だ。
仕方が無いので、冷たいのはデザートだけにしておく。
20070628230033.jpg


続きを読む

10年ぶり(マ・メゾン)

30年近く前に初めて買った車で多摩ドライブして以来、たびたび訪れていた店が五日市街道に二軒ある。
一軒は楠の巨木がシンボルの喫茶店「くすの樹」で、もう一軒は津田塾近くのレストラン「MA MAISON」だ。
今でこそ情報が満ち溢れているが、昔は都心部とか横浜以外のいい店を探すのは至難の業だったのだ。

多摩地区に何軒かある「マ・メゾン」が、10年ほど前に居酒屋「庄や」の大庄グループに買われたと聞き、なんとなく足が遠のいていた。
何か注文して、「はーい、よろこんで」などと返されたらマイッチャウなと避けていたのだが、通るたびに見る外観は何一つ変わらない。
この日はランチを食べそびれて午後3時近くになってしまったので、昼の営業が長い「マ・メゾン」を10年ぶりに訪れてみた。
20070322224020.jpg

20070322224043.jpg

20070322224140.jpg

看板には1970年創業と書かれているから、30年どころか40年近い歴史があるレストランだ。
郊外に広い駐車場を持つ、ファミレスの原点のような店なのだ。
店内も何一つ変わっていないように見える。
20070322224104.jpg

20070322224128.jpg

五日市街道に面した明るいテーブルは禁煙席なので、ワインセラーを模した薄暗い喫煙席に行く。
20070322224116.jpg

20070322224242.jpg


続きを読む

小平で遅いランチ(TRATTORIA CUORE)

土曜日は深夜までご近所で飲んだので、日曜の午前中はダラダラ過ごす。
昼ごろ起きてきた妻と、隣町の寿司屋「よね蔵」に食べに行ったが、到着してから定休日だったことを思い出して泣く。
じゃあ何が食べたい?と聞くと、ピザと答える妻。
寿司からピザに切り替わるアタマの構造がすごい。
ピザと聞いて思い浮かぶ近所の「マルデナポリ」は、混みすぎてイマイチなので、小平の「クオーレ」まで行くことにした。
到着予定時刻は午後2時だが、ランチタイムが3時半までなので問題ない。
20060911235105.jpg

20060911235122.jpg

カーテンで仕切られた窓際の席に座り、前菜とデザートが付いて1,500円のAセットと、サラダが付いて千円のセットを、ピザとパスタで一つずつ頼んで取り分けることにする。
パンとドリンクはどちらにも付いている。
20060911235308.jpg

普通の店ならランチタイムが終わっている時間だが、次々に客が入って大繁盛だ。
20060911235444.jpg


続きを読む

猛暑に冷やしパスタ(CUORE)

暑い、暑すぎる!
冷やし中華や冷麺もいいが、特に美味い店を知らないので、小平まで冷やしパスタを食べに行った。
20060715174429.jpg

小平にある「トラットリア・クオーレ」は、黄色い外観が遠くからも目立つ。
20060715174625.jpg

石窯ピザとパスタの新メニューが毎回用意されているから飽きないし、手頃な値段で美味いから、10台分ほどある駐車場がいつも満車の人気店だ。
この日も入り口に用意された椅子で、しばらく待つことになった。
20060715175048.jpg

20060715175104.jpg

箸も用意されているので、爺様婆様を含めた親子三代の客にも親切な、地域密着型の店なのだ。
20060715175257.jpg


続きを読む

多摩湖自転車道のカフェ(ラグラス)

鷹の台駅近くで昼食を取った後は、妻の友人が薦める小平駅近くのカフェに行く。
西東京市から多摩湖まで延々と20kmほど続く、多摩湖自転車道の中間ぐらいになるのだろうか。
目的地のカフェ「ラグラス」の周辺は、小川が流れるのどかな場所だ。
20060627064225.jpg

20060627064159.jpg

ランチセットがあるので昼時はかなり混むと聞いていたが、ピーク時間は過ぎているし、雨が降り出しそうな天気なので空いている。
20060627064259.jpg

20060627064210.jpg

ランチ時の禁煙タイムが終わったので、室内で一服することにした。

続きを読む

なに食べる?

小平に住む妻の友人宅で料理教室が開かれるというので、送っていくことにした。
近くに気になる店があるので、一人ランチするつもりだ。
目的の店は西武国分寺線「鷹の台駅」の近くにある。
周辺には津田塾大や武蔵美があるので、平日なら学生があふれていると思うが、休日は寂しい田舎町といった雰囲気だ。
20060626232234.jpg

11時半の開店と同時に入店したので、しばらく客は私一人だ。
20060626232304.jpg

古くからあった店が、最近改装されて綺麗になり、メニュー内容も一新されたらしい。
20060626232148.jpg

20060626232207.jpg

看板を見ないで入ったら、いったい何の店だかサッパリわからないだろう。

続きを読む

一軒家貸切りで昼酒(みやざわ)

府中運転免許試験場の裏手あたりの住宅街に、自宅を利用した一軒家の蕎麦屋「みやざわ」がある。
20060126225913.jpg

20060126225942.jpg

およそ店など絶対にありそうも無い場所で、生垣に小さな看板が付いているだけだから、たどり着いただけでホッとする。
普通の住宅の玄関で靴を脱ぎ、フローリングに座布団が置かれた大部屋に入って、燦々と冬の陽が差し込む窓際に座る。
20060126230049.jpg

20060126230038.jpg

20060126230025.jpg

長野出身の店主が定年後に始めた店は、趣味のいい調度や器に囲まれた居心地のいい空間だ。

続きを読む

美味い酔わない匂わない(梅にんにく)

西武多摩湖線の一橋学園駅近くに、小さな梅干専門店「梅乃里」がある。
薄塩の梅干「野だての梅」は、南高梅を昆布で漬け込んであり、酸っぱさより甘さが勝ってやたらと美味いのだが、一個当たり200円近くするので、たまに店頭に出る形崩れした家庭用を買う。

酒のつまみにいいのが、鰹節と梅肉で和えた梅ニンニク「百人力」で、風味はあるがニンニク臭は無く美味い。
20050731085207.jpg

20050731085232.jpg

キリッと冷やした純米吟醸に合わせると、四合壜が空になるほど飲めてしまうのだが、ニンニクパワーのおかげか酔い覚めがスッキリで具合がいいのだ。

最近この店で「梅はちみつ」という新製品が出たが、こちらはジンやウォッカや、時にはブランデーで割ると、風味が新しい梅酒になる。
黒糖焼酎で割ったら美味いかもしれないとか、色々考えるのも楽しいのだ。
20050731085140.jpg20050731093648.jpg


「梅乃里」 小平市学園東町1-2-27

至福の石窯ピザ(トラットリア・クオーレ)

家人と三人で練馬の自宅を昼前に出て、小平のクオーレに美味いピザを食べに行く。
青梅街道の仲町交差点を左折するとすぐ、イタリア国旗を掲げた黄色い店が見えてくる。
ガラスの冷蔵ケースにドルチェが並ぶ、ケーキ屋のような入り口から店内に入り、カーテンで仕切られた窓際の席に座る。
1050円のAランチは、パスタかピザに、サラダ、自家製パン、飲み物が付く。
選んだのは「もち豚と焼きパン粉のパスタ」、「生ハムと山芋のピザ」、「ゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザ」。

ちょっとヤンキーが入った美人の店員とは逆に、銀行員か役人のようなマジメな風貌の店主が石窯で焼くピザはウマイ!
ルッコラと生ハムにサイコロ状の山芋が意外に合うし、もちもち生地に付いた焦げ目が石窯ならではだ。
ラー油のように見える、唐辛子を漬け込んだオリーブオイルをかけると、じんわりと辛くてさらに食欲がわく。
ゴルゴンゾーラと蜂蜜の組み合わせもオツな味だし、食後の泡立ちコーヒーも淹れ立てだから美味しいに決まってる。
ボリュームがあるから、ドルチェまで辿り着けないのが残念な店だ。
20050625064017.jpg


「Trattoria Cuore」 小平市学園東町436-1
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。