スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい日本の昼食(MARUAKA DINING悦)

湯島にに本店があり、百貨店にも売り場を出している「丸赤」は、昭和21年創業という干物の老舗だ。
系列の小石川丸赤は、二階に「MARUAKA DINING悦」という店を持ち、焼き魚や揚げ物の定食が食べられる。
前日に引き続き文京区の実家に所用があったので、丸赤で昼食を取ることにした。
20060830070641.jpg

20060830070655.jpg

歩道に置かれた看板にホワイトボードが取り付けてあり、日替わり定食の内容が書かれている。
20060830070710.jpg

この日は鯖の塩焼き、鰹の刺身丼、鯵フライの三種で、どれも840円だ。
どこにでもある定食屋や社員食堂のようなメニューだが、丸赤をナメテはいけないのだ。


続きを読む

スポンサーサイト

播磨坂でスペイン丼(ラ・カンパーナ)

桜の名所として知られる文京区の播磨坂は、中央に広い遊歩道があり、両側には「タベルネッタ・ラグレスト」、「タンタ・ローバ」、「パティスリー・マリアージュ」といった洒落た店が点在している。

20060830070330.jpg



文京区の実家に行く時は、この播磨坂を通ることが多いので、どこかの店で昼食を取るのが楽しみなのだ。
以前中国料理店だった場所に、今年の春先にスペイン料理店がオープンした。
中国料理店はオジサン一人でも入りやすいのだが、スペイン料理店に実家の爺様と入る気も起きず、そのうち妻と探検しようと思っているうちに日が過ぎた。

20060830070314.jpg



ところが年老いた親父が、「あの店のパエリアも、トマトソースのかかった丼みたいなやつも美味い」と言うではないか。
ご近所の老人仲間と、何回も入っているらしいのだ。
さっそく私も、「トマトソースのかかった丼みたいなやつ」を試しに行ってみた。

20060830070352.jpg



通りに出ている黒板を見ると、どうやらアンダルシアのお米ランチが目的の品らしい。

20060830070404.jpg


続きを読む

贅沢な喫茶店でB級甘味(樹樹)

玉川上水の起点となる「羽村の堰」で有名な(というか、これしかない)羽村市は、つい一昔前まであちこちに雑木林が残り、武蔵野の面影を色濃く残す田舎町だった。
この町で30年も前から営業している喫茶店「樹樹」は、雑木林に囲まれた別荘地にあるような店だ。
20060827203234.jpg

20060827203222.jpg

夏場は緑が濃くなるので、店名通り樹々に囲まれた喫茶店は全貌が見えない。
平屋建ての贅沢な造りで、裏庭はビアガーデンにもなる。
20060827203257.jpg

知らないと入り口を見つけるのが大変だ。
20060827203246.jpg

20060827203322.jpg


続きを読む

ご近所バーでヒューガルデン(スプラウト)

子猫の里親が決まったので、安心してご近所の友人夫婦と地元飲みする。
いつもの日本料理店「海音」で、長野の佐久の花、山形の冽、会津の天明、茅ヶ崎の天青、佐賀の鍋島などを飲み、すっかりいい気持ちになる。
20060827080416.jpg

20060827080430.jpg

閉店まで飲み続けてイキオイがつき、帰り道にあるバー「Sprout」に寄り道した。
20060827080500.jpg

20060827080510.jpg

20060827080449.jpg


続きを読む

涙の別れ

8月14日に我が家の玄関先で保護した子猫。
しばらくブログで里親を募集したが決まらず、10日経って里親サイトに登録した。
掲載した途端に候補が三人現れ、最初にメールをくれた19歳の女性と今朝お見合いする。
彼女の家は私が哺乳瓶や粉ミルクを買ったホームセンターのすぐ近くだ。
20060826134630.jpg

お見合いが成立したので、家に送りがてらホームセンターに立ち寄り、粉ミルクや猫用トイレを買って嫁入り道具にする。
帰りの車で妻は泣き、私は涙をこらえて運転する。
2週間足らずだったが、美女との別れはつらいのだ。



熱帯夜に夏のおもたせ(和久傳 西湖)

久しぶりに一杯飲んで暑気払いしたのだが、満員の西武線に乗ったら元に戻ってしまった。
帰宅して冷蔵庫を開けると、嬉しいことに和久傳の西湖が入っていた。
20060826094224.jpg

20060826094237.jpg

蓮根が原料で、ほのかに笹の香りがする西湖は、和三盆の甘みでスッと口中が冷える。
20060826094539.jpg

ふるふるモチモチの、なんとも言えない食感が気持ちいい。
まさに夏の大好物なのだ。
20060826094710.jpg


熱っ、うまっ、安っ(天元)

地味な西武池袋線「富士見台駅」で、唯一有名な中華料理店「源烹輪」が、麺の支店「麺條居士」を出したらしい。
ガツンと辛い坦々麺でも食べようと、富士見台駅で途中下車したら、またやってしまった。
20060822225314.jpg

気分はすっかり中華になっていたので、中国の田舎からそっくり移植したような「天元」に行く。
20060822225302.jpg

中国人夫婦がやっているこの店は、外観も内装もハデハデだ。
20060822225327.jpg

20060822225353.jpg

20060822225122.jpg

20060822225135.jpg


続きを読む

ブルダックでビール(わかんざ)

韓国料理と和食を出す居酒屋と聞くと、どちらも中途半端なイメージがあるのだが、池袋東口の「わかんざ」はどちらもイケる。
20060822064230.jpg

夕暮れになっても暑すぎる日なので、またもや寄り道して暑気払いすることにした。
カウンターに座って当日のおすすめメニューを見る。
20060822064254.jpg

最初に飲むビールに合わせて、韓国メニューでスタートした。
先夜たまたま見た「ガイアの夜明け」という番組で、韓国企業の日本進出が取り上げられていたが、それに出ていた「ぶるだっく」をメニューに見つけてオーダーする。
20060822064347.jpg

韓国で大流行しているらしい、焼けた鉄板に乗った激辛鳥肉焼きを恐る恐る食べると、結構美味くて気に入った。
モッツァレラのチヂミもビールに良く合う。
20060822064323.jpg


続きを読む

オープンからクローズまで

娘に子猫の世話を任せ、親は友人と吉祥寺に飲みに行く。
20060820184748.jpg

お気に入りのSoul Bandが出ているので、3回のステージを全部楽しむつもりだ。
20060820185022.jpg

ギネスで乾杯し、石鯛のカルパッチョ、トルティーヤ、カオヤーピン、生ハムピザなどで腹ごしらえする。
20060820185227.jpg

20060820185240.jpg

20060820185255.jpg

20060820185308.jpg


続きを読む

真夏の夕暮れに蕎麦屋酒(法師人)

どの駅からも遠い練馬の住宅地に、蕎麦屋「法師人」がオープンしてから5年ほど経つだろうか。
美味い、値段が手頃、看板娘の接客がいい、と三拍子揃っているので、オジサンはせっせと通っている。
車でないと行き難い場所なので、酒が飲みたくなる夜に訪れることは少ないのだが、この日は久々に夕暮れの口開け時間に行ってみた。
20060820072733.jpg

まだ他の客が居ないので、看板娘に頼んでぬいぐるみのように可愛い看板犬を見せてもらう。
20060820073142.jpg

まだ暑さが残る夕暮れは、まずビール。
20060820075117.jpg

酒肴の書かれた黒板を持ってきてもらい、あれこれ楽しみながら選ぶ。
20060820075144.jpg


続きを読む

初めてのお見合い

昨日は子猫の里親候補の女性と、初のお見合いだ。
すぐに引き取られる場合もあると思い、別れを惜しみながら授乳する。
20060819090029.jpg

目ヤニを掃除して美猫に磨きをかけ、待ち合わせ場所の地元駅に向かう。
ヘンな人だったら、「もう里親は決まっちゃいました。」と言うつもりでいたが、スリムな美女が現れて大喜びする私。
20060819090314.jpgyumiko0001.jpg

20060819090327.jpg



しかし授乳や排尿にまだまだ手がかかる子猫は、OLの彼女には難しいとの結論になった。
ということで、



まだまだ里親募集中です。




深夜の粉モノ(鍋家)

お盆休みと子猫の育児が重なって、ますます不規則な生活になってきた。
この日も用事が重なって夕食を食べそびれ、深夜営業している中村橋の「鍋家」に出かけた。
20060819075212.jpg

本格的な中華料理が朝の4時まで食べられるから、練馬区では使える店だ。
ビールで喉を湿らせて、帆立の山椒冷菜、海老チリ、ブロッコリーの蟹餡かけを食べる。
20060819075525.jpg

20060819075557.jpg

20060819075542.jpg


続きを読む

深大寺の森でコーヒータイム(森のギャラリーCafe)

三鷹と調布の中間辺りにある深大寺には、門前蕎麦の店が30軒ほど密集している。
都内最大の神代植物公園や天然温泉もあるので、どの蕎麦屋も満員御礼状態なのだが、なぜか美味いと思える店に当ったことが無い。
という訳で、昼食は別の場所で取り、深大寺では「森のギャラリー」に行ってコーヒータイムにする。
20060817041058.jpg

20060819063301.jpg

20060817041045.jpg

20060817040859.jpg

ここには木曽の家具屋が倉庫を利用して始めたショップとカフェがあり、最近は焼肉屋も併設された。
広い倉庫にアジアの家具や小物が展示され、見ていると買いたくなってくる。
20060817041110.jpg

20060817040955.jpg

20060817041008.jpg

20060817041134.jpg

20060817041123.jpg


続きを読む

子育ての合間に(よね蔵)

子猫を拾う前から予約していた、隣町の寿司屋「よね蔵」に行く。
寿司と酒の世界に現実逃避だ。
20060818070856.jpg

20060818070823.jpg

177cmの私が見上げるほど長身の二代目は、先月パパになったばかりだから、里親候補には無理だ。
20060818070842.jpg

20060818071314.jpg

20060818071230.jpg

米焼酎と吟醸酒をブレンドした「よね蔵」ブランドの酒をロックでもらう。
白山陶器製の白磁の器が可愛い。
20060818071916.jpg

角切りの餅が入って山芋がのった茶碗蒸しは、女性客に大ウケする。
20060818071502.jpg

つまみを食べ過ぎると寿司を堪能できなくなるので、ここらで握りに切り替えてもらう。

続きを読む

今日のにゃんこ

前夜酒を飲んで帰宅途中に、早く逢いたいと頭に浮かんだのは、妻でも娘でも息子でも愛犬でも無く、まだ名前も付けていない子猫だった。
知人とブログを通じて里親を探し、それでも決まらなかったらmixiの里親コミュにでも行くかと思っているが、一方ではヨメに出したくない気分もある。


これって愛!?



20060818060931.jpg

nyan10001.jpg

nyan20002.jpg



ハワイの和食で昼酒(夏の家)

先月福生にあるSUZUKI'Sレストランで食事した時に、出されたパンが美味かった。
「夏の家ベーカリー」で焼かれていると聞き、ネットで調べると、ホノルルにある料亭「夏の家」の支店が国立にあり、そこのベーカリー部門のパンらしい。
ややこしい話だが、ともかく国立に行く用事があれば、「夏の家」に行ってみたいと思っていたのだ。

前日は仕事と飲み会で不在だった妻に頼れず、私が拾った子猫の世話に明け暮れたので、この日は立場を逆にする。
ちょうど国立に所用があったので、「夏の家」で昼酒を飲むつもりだ。
国立駅から程近い「紀ノ国屋」の裏に店はある。
20060816234248.jpg

20060816234319.jpg

20060816234422.jpg

「Natsunoya Honolulu Tokyo」と書かれた看板が、ハワイっぽくていい感じだ。
暖簾と看板が無ければ店とは思えない、普通の住宅の玄関で靴を脱ぐ。
20060816234702.jpg

20060816234819.jpg

20060816234844.jpg


続きを読む

育児疲れ

我が家の玄関先で鳴いていた子猫は、誰かが置いていったのか?
隣家が猫嫌いで、猫よけグッズで武装しているので、母猫が帰ってこないのか?

朝から続く子猫のお世話。
粉ミルクを人肌の湯で溶かして授乳。
オレは母猫か(泣)
20060816004306.jpg

20060816004320.jpg


わからないことがあるとネットで調べる。
「子猫は自力で排尿できません。」

まじっすか!

綿棒をぬるま湯に浸してアソコを刺激すると、オシッコが出たよ(喜)


20060816004553.jpg

子猫が寝ている間に、知り合いへのメールやブログで里親を探す。
問い合わせと質問のメールは来るが、まだ里親は見つからない。


引き続き子猫の里親募集中です。



ママチャリでカキ氷(新盛堂)

子育ての合間に妻のママチャリで駅前に買い物に出る。
商店街の和菓子屋「新盛堂」の店先で、氷旗と「本日のサービス 氷イチゴ300円→200円」の張り紙を見て、ちょっと寄り道。
20060816071820.jpg

20060816071834.jpg

自家製の和菓子と、どこかから仕入れている袋菓子を売っている店の奥に、喫茶コーナー「座忘庵」があるのだ。
20060816072300.jpg

20060816072319.jpg

囲炉裏テーブルが置かれた客席の一角に座り、オバチャンに氷イチゴを頼む。
爺様婆様があんみつや雑炊を食べる店内は、ゆるい空気が流れている。
20060816072420.jpg

昔ながらの素朴なカキ氷もたまにはいいもんだ。

「新盛堂」 練馬区石神井町3-25-3
03-3996-5947

困ったよ

昨夜は地元の日本料理店に飲みに行き、閉店後に板前クンたちを家に呼んで酒盛りを始めた。
帰宅した時からずっと子猫の声が聞こえている。
酒を飲みつくして、帰宅する彼らを見送りに外に出ると、さらに子猫の鳴き声が近くで聞こえる。
酔ったイキオイで、玄関脇のラベンダーの陰から板前クンが拾い上げた子猫は、手の平ぐらいの大きさしかなくて、とても放ってはおけない。
20060815091415.jpg

20060815091440.jpg

20060815091428.jpg

今朝は早起きして、ネットで子猫の育て方を調べる。
お菓子作り用の秤で体重を調べると270gだから、生後2、3週間なのか。
女の子だ。
妻も息子も娘も出かけてしまい、子育ての負担がオトーサンに重くのしかかる。
近所のホームセンターに出かけて色々買ってきたが、先住民の犬と共存できるのか、外出が多い我が家で育てられるのか、とっても心配なのだ。
20060815140612.jpg

20060815140623.jpg



誰か里親になってくれませんか?





シャンパンで花火(T'SUKI CLUB NYX)

東京湾大華火祭が開催される予定だった8月12日は、雷と豪雨でトンデモナイことになった。
翌日の日曜に延期されたので、予約していた店をキャンセルして浜松町に向かった。
「T'SUKI CLUB NYX」の個室を30人ほどで借りてあるので、大混雑を横目にゲートの検問を通過する。
20060814164107.jpg

20060814164414.jpg

20060814090618.jpg

午後6時からパーティーを開始し、いい加減酔っ払ったところで花火で盛り上がろうという趣向だ。

20060814090807.jpg

外はまだ明るいので、まずは飲み食いに専念する。
20060814090930.jpg

20060814090835.jpg

同じ建物に寿司の「月下氷人」という店もあるので、バラ寿司が意外に美味い。
20060814090848.jpg

20060814090904.jpg

腹も落ち着いてきたので、飲み物を持ってテラス席に移動した。
20060814093101.jpg

20060814094008.jpg

20060814093046.jpg

右手の浜崎橋にも観客がビッシリ座り、花火の開始を待っている。
20060814094135.jpg


続きを読む

隣町で薪窯ピザ(MAR-DE NAPOLI)

パーティーチケットを買って、楽しみにしていた東京湾華火大会が延期になり、急きょ近所で夕食を食べることにした。
やはり友人と花火見物の予定だった娘も、一緒に行くと言い出したので、大泉学園に先月オープンしたばかりのピザ屋に向かう。
246に程近い用賀に本店がある「ピッツェリア マルデナポリ」は、広い駐車場が満車に近い盛況ぶりだ。
20060812222647.jpg

20060812222702.jpg

かなり広い店内は満席で、ファミレス風に名前を知らせて順番を待つ。
入り口の正面にはケーキのケースが置かれ、その隣の薪窯でピザを焼いているのが見えるから、待っている間も苦にならない仕掛けだ。
20060812222823.jpg

20060812222847.jpg

20060812222836.jpg

オープンして日が浅いから、開店祝いの花がまだ生き生きと新しい。
20060812222802.jpg


続きを読む

ナヌ!?

今夜のパーティーの主催者からメールが来た。

13日に順延されたとな?!!

どーすんのオレ!


20060812104944.jpg

昭和の町でオムライス(キッチン・オバサン)

周辺駅は高架化されてキレイになっていくが、私の地元駅石神井公園と江古田は、乗降客が結構多いはずなのにトホホな駅舎のままだ。
20060811192837.jpg

江古田には昭和のニオイがする市場や商店街が残っており、なんだかホッとする町だ。
20060811193249.jpg

この町にオムライスの美味い店があると聞き、途中下車して「キッチンOBASAN」に向かった。
税務署を目印に歩いていくと、途中にパン界で地味な人気の「ひね」や、ラーメン界で知られたジャマイカン・ラーメン店「ヤマン」があった。
20060812005736.jpg

20060812005746.jpg

20060812005801.jpg

そろそろ環七にぶつかるあたりに、目的の店があるはずだ。

続きを読む

京の菓子を練馬で(仙太郎)

練馬駅から数百メートル離れた住宅地に、なぜか京都の和菓子屋「仙太郎」の支店がある。
丹波の自社農園で小豆や栗を栽培し、無添加、無着色の和菓子を作る明治19年創業の老舗だ。
夏場には洋菓子より和菓子が合うので、比較的我が家から近い「仙太郎」にお茶請けを買いに行った。
20060809225701.jpg

店内には夏向きの和菓子が並んでいる。
20060809225905.jpg

20060809225922.jpg

20060809225941.jpg


続きを読む

石神井28戦争(二八)

数年前まで地元個人資本の飲み屋しか無かった石神井公園駅周辺も、今では大手チェーンのド派手看板だらけになってしまった。
20060103033404.jpg

今年の春に関西から280円均一の焼鳥店「鳥貴族」が進出し、ますます価格競争が激しくなってきた。
これでは中途半端なチェーン店は厳しいなと思っていたら、老舗の「つぼ八」が消え、跡地に280円均一の「二八」が登場した。
関西VS関東28戦争勃発だ。
20060809003852.jpg

表に出ている品書きを見ると基本線は280円だが、380円や480円も混じっているのは、100均ショップに200円や300円の品が並ぶようなもんだ。
小さく消費税込み294円と書いてあるのは、鳥貴族と同じでセコイと言えばセコイ。
20060809003908.jpg

牛角食堂とマクドナルドを愛する、ジャンクフード好きの娘と探検してみた。
つぼ八時代は知らないが、入り口には焼酎ショット売りのボトルがずらりと並び、客の年齢層は高めで意外に静かな店内だ。
20060809004008.jpg

20060809003924.jpg


続きを読む

瞬間勝負(一幸庵)

知人宅に持参する水ようかんを買いに、茗荷谷の一幸庵を訪れる。

20060808213615.jpg


20060808213631.jpg



本当は絶品のわらびもちを買いたいのだが、夏場は作っていないから仕方ない。

20060808214244.jpg


20060808005035.jpg


20060808005046.jpg


ギフト用に包装してもらう間に店内を眺めて、自宅用にもバラ買いすることにした。

続きを読む

南欧中華(WOKレストラン)

昭島モリタウンにある華々美人に行く前に、昼食は通り道の「WOKレストラン」で食べることにした。
20060808004728.jpg

20060808004702.jpg

WOKは南欧風の外観が目立つ中華料理店で、開店当初から半年に一度ぐらいのペースで訪れている。
手頃な値段で美味い中華料理が食べられるので、週一のヘビーユーザーhttp://papo.blog57.fc2.com/blog-category-18.htmlも居るほどだ。
20060808004832.jpg

20060808070310.jpg

20060808004756.jpg

20060808004817.jpg

広大な横田基地に隣接しているためか、この日も白人や黒人の家族連れが昼食を取っている。

続きを読む

阿左美越え(華々美人)

体温に近い気温の日が続くので、毎日でもカキ氷が食べたい、と言うより浴びたい気分だ。
あちこちカキ氷の名店に行き、ファミレスのマンゴーフラッペや、コンビニのマンゴーパフェを食べるたびに、「華々美人」と比べてしまう。
そんなわけで長瀞の阿左美冷蔵を訪れた翌日、昭島にマンゴーシャワーを食べに行ってしまった。
20060808001439.jpg

20060808001455.jpg

20060808001509.jpg

まったく大学生の子供が居る中年夫婦とは思えない行動だ。

続きを読む

カキ氷の聖地に行く(阿左美冷蔵)

埼玉と群馬の県境にある「ヤマキ醸造」に行くことになり、地図を確認すると長瀞に近いことに気付いた。
梅雨明けで猛暑が続いているから、「阿左美冷蔵」のカキ氷をスケジュールに組み込むことにする。
数年前に訪れたきりの本店は、テレビ、雑誌、ネットで紹介されまくって大行列になっているらしいので、宝登山の参道にできた支店を目指す。
20060806113029.jpg

20060806113048.jpg

20060806113110.jpg

こちらにも数名の行列があるが、ガラス越しに見える店内には空席も目立つ。
20060806113424.jpg

どうやら従業員の仕切りに問題があるらしく、片付けや誘導がうまくいっていないように見える。
待っている間に張り紙を見て、私は特製黒蜜カキ氷を頼むことに決めた。
20060806113718.jpg


続きを読む

尼僧の豆腐会席(紫水庵)

ヤマキ醸造で買い物と工場見学をして、近くにある「紫水庵」に昼食を取りに行く。
天皇家の料理や包丁道を司る、四条司家の御料荘園の横を通り、炎天下に店を目指す。

20060806024405.jpg


20060806023317.jpg


20060806023114.jpg



「紫水庵」はヤマキ醸造の経営で、豆腐と旬の野菜を使い、川口宗清尼が料理すると聞いている。
鄙びた田舎の一軒家は、なかなかいい雰囲気だ。

20060806100317.jpg


20060806100340.jpg


続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。