史上最悪

京浜東北線沿線の某所で飲む。
仕事上のトラブルが多発して、ストレスが溜まっているせいか、いつも以上にハイピッチで飲み眠くなる。
一軒だけで切り上げて電車に乗る。

続きを読む

武士の刀

神楽坂の「華もだん」に行く。
神楽坂に近いが、実際の地名は筑土八幡町だ。
久しぶりなので外観の写真を撮ろうと思ったら、デジカメを家に忘れたことに気付く。
最近ますます忘れ物や乗り過ごしが増えたのは、老化現象だな。
武士が刀を忘れて戦場に行ってしまったようなもんだ。


三種のお通しでビールを飲む。
最近は洋服が多いらしい女将から、写真は撮らないのかと聞かれる。
めったに使わない携帯のカメラで撮る。
4、5年前に海外で使えることを優先して買った携帯なので、カメラ機能はすこぶる古い。
刺身と海老パンはわかったが、もう一つの料理は写真を見ても何だか思い出せない。

hm3.jpg

hm1.jpg

hm6.jpg


続きを読む

読めない書けない

都電の面影橋駅近くで知人と中華料理を食べた時に、「この近くの明治通り沿いにある中華料理店で、酸辣湯麺を見たことがあるような気がする」と聞いた。
店の名前は読めないのだと言う。
こんなアヤフヤな情報を得てから一ヶ月ほど経った日に、読めない店の近くを通りかかった。
二軒中華料理店が並んでいるが、間違いなくこちらが例の店だろう。
都電の学習院下停留所が目の前にある。

jun1.jpg

jun2.jpg



潤鑫源は「じゅんきんげん」でいいのだろうか?
500円ランチとか300円弁当があるので、そこそこ繁盛している。
可愛い手書きのメニューが貼ってあった。
酸辣肉絲麺と酸辣湯麺はイコールに近いだろう。

jun3.jpg



一階のカウンター席は満席なので、二階に案内される。

jun4.jpg


続きを読む

カフェひつまぶし(SOiL)

カフェでランチなどオジサンには似合わないが、目白の「SOIL」には和食系があると聞いて行ってみる。
奥まった場所にあるので、通りからは存在がわからない。

so1.jpg

so2.jpg

so3.jpg


ビールを飲みながらメニューを見る。
夜なら普通だが、グラスのランチビールが500円はビミョーな価格だ。
300円だったら嬉しかった。

so4.jpg

続きを読む

100日あまり(菊谷)

地元の讃岐うどん店「うたた寝」の夜営業が復活したと思ったら、同じ裏通りにある蕎麦の「菊谷」が、実家がある巣鴨に移転してしまう。
来年3月までだから、帰りがけに寄り道できるのもあと100日あまりだ。

kiku1.jpg

kiku2.jpg

kiku3.jpg

kiku4.jpg



酒肴盛り合わせ、飲み物一杯、蕎麦で1,500円の「菊酔ひ膳」を頼む。

kiku5.jpg

kiku6.jpg


菊谷には丼ものが無いので、ランチには物足りないが、軽く一人で晩酌するには絶好の店だ。

続きを読む

酸辣ヌキ湯麺(彩華房)

夏から秋冬にかけて、酸辣湯麺ばかり食べている。
ラーメン店情報はあふれているが、中華料理店情報はかなり少なく、酸辣湯麺情報となるとさらに少ない。
自分の足で探すしかないな。
青梅市と瑞穂町の境界あたりにある彩華房に行ってみた。

sai1.jpg

sai2.jpg

sai3.jpg


残念ながら酸辣湯麺は無かった。

sai4.jpg

続きを読む

スティーヴィーな蕎麦屋(山葵)

蕎麦が美味く、内装や器や演出が素敵で、値段が手ごろな武蔵関の蕎麦屋「山葵」に行く。

山葵1


昔の蕎麦屋の良さを生かしながら、現在の店主のセンスがプラスされ、有りそうでなかなか無い居心地のいい店なのだ。

山葵3

山葵2


店内に流れている音楽は、前回と同じく60年代とか70年代のスティーヴィー・ワンダーだ。
蕎麦屋には合わないと思う客も居るだろうが、古いモータウンが好きな私は、マイシェリーアモール♪などと思わず口ずさみたくなる。

山葵4


オーソドックスな蕎麦はもちろん、おもしろいメニューもあるので楽しい。

山葵5

続きを読む

ファミリービジネス

店主の顔が見えて、キャパ30人ぐらいまでの大きさで、料理が美味く、手頃な値段で、清潔な店が好きだ。
当たり前だけどね。
そんな店の一つである地元の「WABISABI海音」に、今夜も寄り道する。
気心が知れた店主夫妻との会話も楽しい。

ono1.jpg

ono2.jpg



季節を感じる前菜盛り合わせで、日本酒を飲む。

ono3.jpg



緑川のうすにごり、こざくら・・・・・

ono10.jpg

ono4.jpg



牡蠣の天ぷらと水炊きで温まる。

ono11.jpg

ono12.jpg



奥播磨の喜八、徳次郎、豊香・・・・・

ono7.jpg

ono8.jpg

ono9.jpg



〆は新店長オーちゃんが握る寿司だ。

ono13.jpg


続きを読む

中国優勢

中華料理店が好きだ。
昼でも夜でも、一人でも大人数でも、軽くも重くも使えるから便利なのだ。
三年ほど前までは、地元石神井公園に使える中華料理店は、かろうじて三軒しかなかった。
ボート池の近くにあった「大勝軒」と、南口駅前の「受楽」と、区画整理で移転した「四季」だ。
ところが中国資本が進出し、石神井公園は一気に中華激戦地になってきた。

日本料理店「海音」のビルに入っている「桃源郷」には行ったことがないが、「玉仙楼」と「福龍園」は安くてそこそこ美味いので、何回も利用している。
大勝軒は閉店してしまったし、日本勢は元気が無い。

続きを読む

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる