スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至福の4卓(TAVOLA CALDA DA KIYO)




雨模様で寒かった前日と打って変わって、翌朝はピカピカのいい天気だ。
コーヒーをたっぷり淹れて新聞を読み、メールとブログのチェックをすると、羽村の福島屋の近くに美味しいイタリアンがあるとの情報メールが来ている。
別の方からも、「青梅に食事ができるパン屋ができた」との情報をいただいており、そろそろ行きたいなと思っていたので、妻を起こして多摩ドライブに出発した。


キヨ福島屋0001





毎月のように通っているスーパー福島屋までは、ほとんど新青梅街道を一直線だから、カーナビをセットする必要もなく到着する。
目的の店「ターボラ・カルダ・キヨ」は、目立たずひっそりと横道にあった。
一瞬定休日かと思ったほど地味な佇まいだ。


キヨ外観0004



キヨ看板0005





情報提供者によると、この店のオーナーは、最初は吉祥寺でスタートし、その後西荻窪で「トラットリア・ダ・キヨ」という店をやっていたそうだ。
私も知人から「キヨという、すごく美味しい店が西荻にある」と聞いていた。
名人だか巨匠だかでテレビにも出た店主が少々気難しいから、常連になるか二度と行かなくなるかのどちらかだとも言うので、行くのを先送りにしているうちに閉店してしまったのだ。
先日キヨの跡地を通ったら、なんと卓球酒場に替わっていたのが悲しい。

店先に出ている黒板を見ると、値段は羽村プライスだから、たとえ気難しくてもノープロブレムだ。


キヨ黒板0006





だいたい我々ぐらいの年齢になると、気が利かない店員に出会ってイライラすることはあるが、ナマイキだったり怖かったりといった接客にぶつかることは皆無だ。
普段の人間関係と同じで、こちらが礼儀とマナーをわきまえていれば、相手もそれなりに応えてくれるものだと思っている。
なんてことを書いたが、私も昔は今思い出すと赤面するような理由で、店員と揉めたこともあるけどね。

ドアを開けると、テーブルが4つだけの小さな店だった。


キヨキッチン0001



キヨディスプレイ0003



先客は誰も居ない。








初めて出会う小柄で眼光鋭い店主は、いかにも腕利きの職人といった風貌だ。
パスタとピザを選択できる、お2人様セットを頼む。
パスタは浅蜊と帆立の白ワインソース、ピザはキノコにした。
サラダ、コーヒー、デザート付きで一人千円ジャストだ。
妻だけグラスワインを頼む。
少しだけ舐めたが、300円とは思えないほどナミナミ注がれ、ほどよい温度で美味い。
テーブルクロスもナプキンも、布を使っているのがいい。


キヨテーブル0001





最初に出されたサラダを見て、本日のランチは当たりだなと思う。


キヨサラダ0002





バルサミコのドレッシングも、数多く入った野菜も美味い。

具だくさんのパスタの茹で具合も塩加減も、我々の好みにドンピシャだ。
店主一人で料理と接客をこなしているが、客は我々だけだから、なんの問題もない。


キヨパスタ0002





厨房からはペタペタと音が聞こえてくる。
どうやらピザの台を延ばしているようなのだ。
ちょうどパスタを食べ終わる頃に、焼きたてのピザが出てくる。


キヨピザ0003





この匂いと大きさと熱を、写真で伝えられないのが残念だ。
キノコもたっぷり乗っているし、なんといっても生地が美味い。
これを食べると、ピザは小麦の料理なんだなと思う。
もしかすると今までの数少ないピザ経験で、ナンバーワンに躍り出たかもしれない。
店主に聞くと、二種類の小麦粉を混ぜているそうだ。

デザートはアニス系のリキュール「サンブーカ」のアイスクリームだ。
この値段で自家製のデザートを出すプライドが嬉しいじゃないか。


キヨアイス0001





食事の進行に合わせて淹れたエスプレッソも、わがままを言って大きいカップで出してもらう。


キヨ珈琲0004



とにかくどの料理も、素材の味がわかる、絶妙なピンポイントの味付けなのだ。
これだけの内容で、ワインを入れて二人分2,300円は、申し訳なくなるような価格だった。

店内の黒板メニューを見ると、夜にアレもコレも食べてみたいと思わせる、魅力的な品名が並んでいる。
手打ちパスタもピザもセコンドも、自家製でこの値段は羽村ならではだ。


キヨアラカルト0001



ワインリストも手頃な値付けだ。
店主一人だから大人数には向かないだろうが、夫婦二人なら至福の味が楽しめそうな予感がする。
この近所には福島屋が経営する大型イタリアン「ZONAVOCE」があるから、子連れや大人数の時はそちらを利用すればいい。
まだ気付いている人は少ないようだが、羽村市民は幸せなのだ。


「TAVOLA CALDA DA KIYO ターボラ・カルダ・キヨ」
羽村市五ノ神2-2-4


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

早く行きたいです♪

う~~ん、すごくよさげなお店ですね!!
ランチも魅力的だけど、福島屋さんの前なら夜に電車で
飲みに来てもよさそう・・・。ラ・フーガスさんといい
こちらといい、都内の名店がお引越ししてきてくれて
嬉しい限りです~♪

すごくおいしそうですね。ちなみに僕も日本で店員ともめたりすることは皆無です。チップの制度もないのに、たいていある程度ちゃんと接客してくれますよね。それに比べて外国は・・・ありえない店員けっこういます。

お酒があまり得意でない友人の夫妻がいるので、車で多摩地区をドライブして、ちょっとおもしろそうなレストランに行く機会がよくあります。
ワタシはもちろん遠慮なく飲むので、3人だったらココいいなあ~
前回は車を置いて練馬で2軒(Manoaさんブログを見て行きました。)だったので、次回はこのお店に行かせてもらいます。
ちなみに車で夜だと川越まで足を伸ばして西班牙市場まで行ったりするので、かなり行動半径は広がりますね。

わあ・・・・素敵なお店ですね。
福島屋さんにそろそろ行きたいと思っていたので
セットで行ってみたいと思います。
ピッツアの焼き具合がなんとも美味しそうですね。

テーブルとグラスの写真とってもキレイですね。光とボトルのブルーなんて本当っ…。清潔な感じが伝わってきました。

魚の料理があるのは魅力です。ぜひ近日このお店に伺いたいと思います。

初めまして。
吉祥寺、西荻とKIYOの大ファンでした。
どの料理もシンプルで、素材の持ち味が引き出された切れのいい料理ばかり。
おっしゃるとおり、あの狭い(吉祥寺、西荻どちらも狭かったので)キッチンでどうやって?
と思うくらい美味しいピザがでてきますよね!
イタリアから直輸入の石釜なんていらないじゃない!と思ってしまいます。
本当に羽村市民は幸せです。

吉祥寺在住ですが、「イルラメリーノ」はもう行かれましたか? 
気難しいご主人ですが、KIYOが平気なら問題ありません。
帰りに「A.K.Labo」でフランス菓子、「tatin」でチーズケーキもおすすめです。

羽村☆

manoaさんのブログを読んでいると、
羽村に住みたくなります☆
自然も程よくあるし、美味しいお店もあるし、
動物園もあるし、いい所だなと(^^)
千円でこの内容は嬉しい限りですね!
特にピザ!食べてみたいです☆

わかります

私も「アメリカン」なサイズを写真に撮っても、
実際見た感じと写真とでは迫力が違う事に、もどかしさを感じますが、
ピザの向こう側のナイフとフォークの大きさで、
いかにピザが迫力あるかを感じます!
そして、ものすんごい、美味しそう~~!!
実は、最近自分でピザ造りをしてるんですが
(ヘルシーに造れるし)
生地は全然ダメダメです・・・うまく行かないもんですね(涙)。
よく分からない生地に野菜がてんこ盛り状態です。

こんなレストランもあるんですね~。

西荻、吉祥寺は主人とよく
遊んだところです。
この辺りも涙がでるほど懐かしいです。

車で行けるのなら、ドライブがてら
行ってみたいです。
駐車場あるのでしょうか。

今回のお店とは全く関係なく申し訳ないのですが、先日池袋「呑菜」へ行って来ました。日本酒好きの友人と池袋で食事をすることとなり、思い出して行って来ました。お食事も美味しかったし、日本酒にも満足でした。

ここおいしいですよね!

このお店ができたばかりの頃、同じメニューを頂きました。
私もサラダを食べたときに「ここおいしいかも!」と思いました。そんなに有名なお店とは知らなかったです。今度は友達と夜行ってみたいと思います。

私も

manoaさん、こんばんは♪
私もこのお店の情報を知り合いから聞いておりました。
先日、福生のフレンチsakuraに行った帰りに、福島屋へ行き、場所は調査済みでした…v-218
お店の外観をを見ただけでは不安要素がたくさんあったのですが、manoaさんの情報を聞き、安心しました♪
なかなかやりそうなお店ですね!!!
近々行ってみたいと思います♪

美味しそうですね~~~。私のランチもお家でパスタだったんだけど・・・・悲しい・・・・。
店内はどなたかのお家にご招待されたみたいなアットホームな感じですね。インテリア雑誌みたい。
あ・・・Manoaさんの写真の腕がいいからですね。きっと。

ぱぽさま

私は車でしか行ったことがないですが、羽村駅から5分もかからないような気がします。
ワインの値段も安かったので、夜行ってみたいのですが、練馬から遠すぎですよ。
あきる野の奥地にある「オステリア・チ」も、阿佐ヶ谷から引っ越したんですよ。

サカ悠さま

私も海外ではとんでもない接客をされたことがありますね。
でも世界中どこに行っても、日本語を話す店員がいるのには驚きます。

散歩の達人さま

この店は多くても3人が限度かもしれません。
二人掛けテーブルがほとんどですから。
西班牙市場って、あのガウディ風の建物ですね。
そのさらに奥に、弥生という蕎麦屋があるのですが、結構いけてます。

みみさま

ピザはかなり大きいですよ。
焼き具合も絶妙でした。
福島屋とセットで試してください。

ねこ子さま

なにしろパスタとピザしか食べてないので、魚料理はコメントできませんが、たぶん美味しいと思います。
多摩方面にはいい店が増えて、うらやましいですよ。

小麦さま

はじめまして。
吉祥寺時代のキヨをご存知とは、年齢がわかってしまいますね。
イルラメリーノもAK.Laboも行ったことがあるのですが、駅から遠いので、どちらも一回限りです。
成蹊前は、結構いい店が多いですよね。

avrilさま

なんといっても福島屋の存在が大きいです。
肉、魚、野菜、パンなど、基本の食材が安くて美味いですからね。
このキヨもいい店でした。
機会があればぜひ。

まき子さま

千円とは思えない迫力サイズでした。
小麦粉の組み合わせで、何種類もピザ生地を作っているようです。
生地が美味かったですよ。

nokkoさま

他店と共用でしょうが、店の前が駐車場になってます。
大きな声では言えませんが、福島屋に停めて、食後に買い物すればいいと思います。

keiさま

呑菜も最近は行ってませんが、しっかり板前が居るので、居酒屋以上の季節感ある料理が出ますよね。
日本酒の品揃えもいいので気に入ってます。

おゆうさま

行ったことがありましたか。
近いなら夜のメニューを試してみてください。
一人しかいないので、サービスは期待できませんし、料理の出も遅いかもしれませんが。

juntanさま

実はSAKULAにするかキヨにするか迷ったんですよ。
この外観では不安になりますよね。
私も事前情報がなければ引いていたかもしれません。
夜のレポートをお願いしたいです。

ぐーさま

パスタはともかく、ピザは自宅でここまで作るのは難しいので、遠くても食べに行く価値ありです。
写真は腕というよりカメラの性能ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

行ってきました!

こちらのブログで拝見してから
ず~っと行きたかった「Tavola calda da Kiyo」へようやく足を運ぶことが出来ました。
雰囲気も良く、とにかく美味しかったです。
家の近くにこんなに美味しいお店があることに感激!
そして、Manoaさんのブログに出会えたことに感謝です。
ごちそうさまでした。(^O^)

zunkoさま

近いならいいですね。
夜に行った方が本領発揮の店だと思うのですが、電車で行くとなると、練馬と羽村は遠いです。
次回はピザをぜひ。
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。