スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他に類のない当店オリジナル(中村屋)





時々見かける「アラジンの魔法のランプ」みたいな形のカレーポット。
あれを初めて見たのは、私が小学生の頃だった。
親父に連れられて、新宿の中村屋で印度式カリーなるものを食べた時だったのだが、最初からライスに全部かけるのか、少しずつ掬ってかけるのか、いまだに謎だ。
骨付きチキンはハッキリ言って食べにくく、スパイシーな辛さも当時は好きになれなかった。
そんなトラウマがあったせいか、その後新宿中村屋には何回か行ったが、カレーを頼んだことがない。


中村外0001





中村屋本店は1927年に日本初の純インドカリーを出した店なので、カレーの殿堂みたいなイメージがあるが、実は昔のデパートの大食堂のように、洋食から中華まで何でもアリなのだ。


中村階0002




地下から5階まであるレストランの中で、2階のRepas(ルパ)を選ぶ。


中村看板0003




ルパのメイン料理はやっぱりインドカリーだが、焼きそばのホンスーメン、カリーと同じく1927年から出しているボルシチ、1953年生まれのナポリターノなど、ここでしか食べられないのがある。


中村サンプル0001


サンプルを前にして、おおいに悩み、ワクワクする。














ハヤシライスやオムライスも食べたいのだが、「他に類にない当店オリジナル」と書いてあるナポリターノに決めた。
八鳳麺(パーホンメン)という特製幅広卵麺のトマト煮込みだ。













10分ほど待つと、向こうからトレーに乗せた土鍋が運ばれてきた。














ナポリターノ0002



一階の売店で売っている八鳳麺は、中空の乾麺だ。
乾燥させることによって、独特の食感と風味が生まれている。
「赤いきつね」とか、「どん兵衛」みたいな食感とも言える。
これをトマトスープでマッシュルーム、浅蜊と煮込んだナポリターノは、1953年当時はモダンでハイカラでオシャレな食べ物だったのだろうが、今では一人暮らしの余り物料理みたいな感じもする。
1953年から50年以上も出しているのに、どこもマネする店が無いというのも、キワモノっぽいなあ。
私は結構好きなのだが、1,050円という価格は好きではないのだ。


「新宿中村屋 本店」
新宿区新宿3-26-13
03-3352-6161

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Manoaさん お久しぶりです。
ルパのナポリターノ、私も大好きです!子供の頃からルパではあの長いマカロニが特徴のグラタンかナポリターノしか食べたことないんです。他にもそそられるものばかりなのにね。
それにしてもこの暑い中、土鍋でグツグツ状態でくるナポリターノとはさすが「通」ですなぁ!

中村屋といえばカレーですけれどナポリターノもおいしそうです。戦前生まれの両親がデートをしていた頃(昭和30年代)中村屋のカレーを食べるのが一番のごちそうだったとよく話していた事を思い出しました!

おはようございます。
昨日は「華だもん」を「華ごごろ」と勘違いしてしまい失礼しました。
きっと、熱中症なんです。暑いんです、埼玉は・・・。
ナポリターノ・・・ナポリタンと間違えました。
でも、写真をみて、別モノだとわかりました。
麺が私好みなので、新宿中村屋に行きましたら、頼みたいと思います。

中村屋といえば、大のカレー好きなもので、チキンカレーしか食べたことなかったです。
味が想像できない、不思議な食べ物ですね(笑)
缶詰マッシュルームが懐かしい感じで。
Manoaさまのお勧めのカレー、
よろしかったら教えてくださいv-343

「食べログ.com」ブログ投稿機能のご案内

東京ウエスト 運営者様

度々のコメント失礼いたします。
クチコミグルメサイト「食べログ.com」(http://tabelog.com)の
佐久間と申します。
先日ご案内しました「食べログ.com」についてのコメントは
ご覧いただけましたでしょうか?
非常に充実したグルメ記事を是非とも食べログにもご投稿いただきたく、
大変失礼かと存じますが、改めてご連絡させていただきました。

「食べログ.com」は月間600万人以上のユーザーが利用している
日本最大級のクチコミグルメサイトです。
食べログではブロガー様向けに、
ブログ記事を簡単に食べログにも投稿できる機能をご用意しております。
更に、7/29にはブログ投稿機能のリニューアルを行い、
それに伴ったプレゼントキャンペーンも8/1より実施予定となっております。

■ ブログ記事を口コミ投稿する
http://tabelog.com/help/blog_new

ご投稿いただきました口コミは自動的にブログ記事へリンクされます。
是非ともこの機会に食べログ.comへご参加いただき、
ブログのアクセスアップにも貢献できましたら幸いです。
度々のお願いで恐縮ですが、どうぞご検討のほどよろしくお願いいたします。

※ ご不明な点などございましたら下記URLよりご連絡下さい。
https://tabelog.com/support/inquiry?type=1

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
みんなでつくるクチコミグルメサイト『食べログ.com』
URL:http://tabelog.com
e-mail:tabelog_support@tabelog.com
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


なんだかすごいことになってますね!!
東京ウエストの人気と集客力、
地元を越えて羽ばたいていくのですね。
Manoaさまの確かなる味覚と、
小技の聞いたコメント、美味しそうな写真、
誰もが認める素晴らしいブログだと思います。
2度目のコメントでした(笑)
これからもかげながら応援させていただきます。

↑ほんとスゴイですね、食べログ。
でも、オープンコメントに入れてくるのはなんだかなあ。

で、ルパですが、私はチキンカレーが好きです。
むしろ、いままで八鳳麺に手が伸びませんでした。
トマトきしめんのような感じでしょうか?

jonotanさま

ごぶさたしてます。
大阪は超暑いでしょうね。
ナポリターノご存知でしたか。
実は土鍋ぐつぐつなので悩んだのですが、どれも熱い料理ばかりなので、これにしてしまいました。
予想通りに汗フキフキです。

練馬区民さま

昭和30年代には、かなりハイカラな店だったことでしょう。
今でもデートに使っても良さそうな店です。
フレンチ&カリーなんてフロアもありますからね。

めいたんさま

相当に埼玉は暑そうですね。
また間違ってますよ。
華だもん→華もだん
華ごごろ→華ごころ

ナポリターノの麺は乾麺ですから、インスタントっぽい味がしますよ。

ちびちびさま

トマトジュースを鍋で熱し、マギーブイヨンで味を整え、赤いきつねの麺を投入して2分ぐらい煮たところで、あさりの剥き身と、缶詰のマッシュルームスライス、トマトスライスを乗せ、さらに2分ほど煮込んで、最後にパセリを散らします。
かなりナポリターノに近い味になると思います。
ご近所のカレーでオススメは、井荻の「丁字」かな。

食べログ管理人さま

はい、考えておきます。

ちびちびさま

ありがとうございます。
今のところこれ以上の余裕がないので、練馬の片隅でひっそりやっていきますよ。

散歩の達人さま

八鳳麺はきしめんと違いますね。
↑にも書きましたが、カップうどんの麺のような食感です。
昭和20年代とか30年代には、こんな味がご馳走だったのでしょうね。
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。