スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三候補で蕎麦(安房叶庵)

館山旅行の最終日は、日本酒の蔵元が数軒終結する、君津市の久留里(くるり)という町に行く予定だ。
ホテルのチェックアウト時間は11時なので、館山市内でランチを食べるには早すぎる。
館山から久留里に向かう途中にある、南房総市の「典膳」という店を第一候補に決めていた。
ここは古民家で炭火焼をメインとしたコース料理を楽しめる店だ。

ところがホテルを12時近くになって出たのに、まったく空腹感を感じない。
コース料理は重いので、第二候補の懐石「吉亭」で松花堂弁当でも食べようと、行き先を変更した。
一応「吉亭」は館山市内にあるのだが、店に近付くに連れ、店などありそうもない田園風景が広がってくる。
吉亭外0029

店にたどり着くと、駐車場に一台も車が停まっていない。
念のために敷地内まで入ってみたが、長い間営業していないような空気が漂っている。
どうやら仕出しが中心で、予約があった時だけ店を開けるようなのだ。

こんなこともあろうかと、用意していた第三候補に向かう。
叶外0024

叶看板0013

バイパス沿いにあって、かなり広い駐車場がある蕎麦の安房叶庵だ。
店内もかなり広い。
叶挽く0012

叶中0023

叶座敷0026

品書きを見ると、蕎麦はもちろん、料理やデザートもかなり種類が多い。
写真入のメニューは、蕎麦のファミレスみたいな印象だ。
叶メニュー0011

私はおすすめと書いてある「きざみ鴨せいろ」にし、妻は天せいろを頼む。
叶セット0010

叶鴨汁0027

叶天ぷら0025

妻は海老だけ食べて、残りの天ぷらと蕎麦半分を私にくれる。
普段なら喜ぶ私なのだが、さすがに今回は「食べられないなら頼むな!」と妻を叱る。
とは言っても、一本残らず食べ切った。
腹が減り過ぎても、満腹過ぎてもモメゴトが起こるので、人間ほどほどがいいのだ。

「安房叶庵」 館山市北条1311-2
0470-20-1117

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。