スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座で勉強会(ろくさん亭)

妻の友人が銀座の「ろくさん亭」で、隔月の食事会を開いてる。
今月はご近所の日本料理店「海音」の定休日に開催されるので、勉強熱心な大将と一緒に参加することにした。

1993年にスタートした「料理の鉄人」は、かつて一世を風靡したテレビ番組だ。
この番組以前は、料理人にスポットが当たることはほとんど無かったし、シェフという言葉も一般的ではなかったように思う。
和の鉄人として抜群の勝率を誇った道場六三郎さんが、銀座に「ろくさん亭」をオープンしたのは、氏が40歳になった1971年と聞く。
資生堂と博品館に挟まれた古びた雑居ビルの入り口で待っていると、いつもの白衣姿ではなく、ゼニアのスーツにポケットチーフまで入れて、「海音」の大将が颯爽と現れた。
普段は制服を着るスポーツ選手や料理人の、私服はダサイというのは過去の話だ。
トラッドなスーツしか着れない体型の私と違って、細身のスーツが似合うのがクヤシイ。
20070411054616.jpg

20070411054556.jpg

9階の貸切席まで上がり、オバサマだらけの間に遠慮がちに座る。
そろそろ喜寿を迎えるはずなのに、道場さんはバリバリ元気だ。
20070412001254.jpg


まだ食事が始まらないうちから、銀盤の純米吟醸を二合飲み干す男二人。
能登から直送したと言う豆腐の先付けでスタートした。
美味いっちゃ美味いが、買ってくれば家でも食べられるからなあ。
20070411054810.jpg

小鯛すし、野蒜酢味噌、子持ち若布、焼き醍醐、魚の菜種よせの前菜で、料理人の目が光りだしたが、早くも酒のお替りをした私は、ひたすら飲んで食う。
20070411054822.jpg

お椀は特注の器で出される。
六角形の亀甲に三の文字をあしらったデザインは、もちろん六三を表している。
20070411055122.jpg

20070411055108.jpg

刺身は桜鯛、鰹、関鯵だった。
20070411054841.jpg

道場六三郎に加えて、海音の大将まで料理の説明をしてくれる贅沢な食事会だが、またもや酒を追加した私はあまり覚えていない。スマン。
竹の子とバイ貝の煮物に続き、口代わりは床節、蛸、山うどだ。
20070411054959.jpg

20070411055012.jpg

20070411054945.jpg

若鮎の揚げ物に続いて出た留肴は、ポテトハウスと名付けられている。
ここらあたりが和食に新風を吹き込んだ道場さんらしい。
20070411055039.jpg

20070411055051.jpg

さっぱりと梅素麺で〆め、仕上げは紅茶ゼリーと蓬麩のぜんざいだった。
20070411055024.jpg

20070411054925.jpg

20070411054914.jpg

二合徳利を4本空けると、銀座から練馬は遠い。
やっぱりオジサンは地元が一番なのだ。

「ろくさん亭」 中央区銀座8-8-7
03-3571-1763


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おお~ 海音のご主人が、かっこいい。まあハンサム君ですもんね。なんでも似合うわけだ。首から下の写真からは、manoaさんも十分かっこよさげです。
若鉄人は若くて素直だから、色々なところで勉強して、益々楽しませて欲しいです。

こんばんは♪
ろくさん亭、いつか行ってみたいお店です。
お味も素晴らしいのでしょうが、盛り付けが、芸術です! 器も素敵です。

毎日のように、西武線の中から、あ~、あそこが「海音」と思いながらの通勤です。

もう少し前にここのぶろぐにお邪魔していたら・・・。

数ヶ月前、たまたまクイーンズに行った時間がお昼時で、どこかでランチでもと入ったお店が・・・ 失敗しました。

見かけはこじゃれたイタリアン。でも、出てきたパスタは絶対、あれは大量生産のパスタでした。

近々、絶対、制覇したいと思います、海音♪

dontodonさま

若鉄人くんは金田中にも寄って、品書きをもらってきてましたよ。
来月の品書きが楽しみですね。
先月から日本酒もパワーアップしてます。

となり村の後輩さま

ろくさん亭の器は全部特注でした。
銀の塗りの器なんて見たことないですよ。
海音も西武線では頑張ってる店なので、お試しください。
タイミングが合えば、遭遇するかもしれませんね。

先日海音にお邪魔した時に
ろくさん亭に行くんです、って大将がおっしゃっていたので
楽しく拝見しました。

料理の鉄人、好きな番組でした♪

kikoさま

料理の鉄人は衝撃的な番組でしたね。
あの番組からスター料理人がずいぶん増えたように思います。
道場さんの印象が、当時と変わっていないのがすごいです。
プロフィール

Manoa

  • Author:Manoa
  • 住所:キャベツ畑と練馬大根の町
    性別:オヂサン
    自称:ナイスミドル(なんちゃって)
    座右の銘:酒池肉林
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー(エリア)
今こんなこと
飲んだ日本酒など

蕎麦 イタリアン 中華料理 カフェ・喫茶 フレンチ 居酒屋 洋食 寿司 日本料理 ケーキ パン 和菓子 酒蔵 カレー 焼鳥・焼きトン 海鮮居酒屋 とんかつ うどん バー ワインバー 酒亭 酒販店 ラーメン 甘味処  天ぷら 養鶏場 アイスクリーム 韓国料理 餃子・点心 おやつ スペイン料理 鉄板焼き 焼肉 ライブハウス 上海蟹 お好み焼き 東南アジア料理 あわび 台湾料理 カリフォルニア料理 ガレット 沖縄料理 直売所 大衆食堂 ダイニングバー 燻製 ふぐ ステーキ 回転寿司 ロシア料理 ドイツ料理 オーベルジュ おでん 焼鳥 グラタン ピザ ポテサラ 春霞 上喜元 ワイン会 ワイン 冷やし中華 七子八珍 メンチカツ 紙カツ マカロン 大雪渓 結人 相模灘 英君 尾瀬の雪どけ くどき上手 来福 鍋島 黒牛 星自慢 久礼 会津娘 奥播磨 冷やし坦々麺 オムカレー ガーリックシュリンプ 豚の丸焼き ポップオーバー 渡り蟹 海老フライ クルタレ マンドゥ ドーナッツ シャンパン アップルマンゴーパフェ カルクッス 四川冷麺 じゃじゃ麺 糧うどん ピーナッツソフト ナポリタン ナポリターノ オイキムチ 味噌かつ 手羽先 皿うどん ジャンボ餃子 生いちごカキ氷 九十九もち 月山 

月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。